--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫は忠誠を尽くす事を誓った様です 第二章二話 追憶 II

2012年07月11日 22:33

469 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/23(日) 22:15:33 ID:XCbQlRMw [2/22]



――― やる夫は忠誠を尽くす様です ―――

 
        第二章二話 追憶 II

470 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:16:39 ID:XCbQlRMw [3/22]


                  ∧
                  || |   |
                  || |  rt!               |
                __ _⊥⊥ / l!__ __ _         tirit
,_,,.. .-‐ '''""~""'‐- 、、∧.::::::::::::::::::」 r|::::::::::::::::::::',        〔77〕
              /  ',:::::::::::::::l | :|::::::::::::::::::::::',        」___L
             |i゜゜| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | ∧__ __._| |  |. :. :. :. :. :. :. :. :
 _ _,, . -‐::''.."." ¨¨´ .. |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::: ::::::::::::| |  |  .,"'`',:'':'`'`',
 .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,   |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::::: | |  |.,"'`',:'':'`'`',:'':'`
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`:,,,,.州州洲'`キ
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`',:,,,,.州州洲'`キrキ州洲'`キキキ



      _,.-v⌒'「`'r-、__
    ,.-「_,.!-、=,. -─- '、 ゝ、
   」´ゝ'´         `ヽ!>ヽ,
  」 /´        、  ヽ、!  ',       お嬢様、お茶の支度が出来ました。
  〈γ イ   ノ i  、 ─!-  ' 、   ',   ..   それと、各部族の長は明日……正確には明後日の
  Y / .-/─ハ  ハ,.!-=ミ、_ハ  `ゝ i   .   午前零時にお屋敷に集まるそうです。
  ノ / イ_x=-、.ヘノ´ ト、_ |ゝiハイ  ハ      ただ、人兎族の長、因幡てゐは少々難色を示しました。
  イ ! /ハ!イト、 i`   ゙-ー'' /、ン-,  _',_    ..
  'レiハ  .!,,`''´,      ""iハノノと´__ `ヽ,、
     !.从   、─ァ   /イノ i   r'、`  ',i
    ノイン i ゝ、.   ´  ,rYイノ ハ/´ _     !、
   〈/(y´ハ _i`>.ー='i7Yノ´`7_ゝし´rゝ、_,.イヽ
   _,.(ンV rヽ `くヽ、,.ヘイヘ_/フi  /      〉
   」ゝYィ_iン7 //ヘ /ゝハ_「ノイ  ゝ、,.、__r、_ゝ´
   /ヘiく_「,イ 〈ム、_ゝ 〈)iノ ゝ 、 /    !

472 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/23(日) 22:18:50 ID:XCbQlRMw [4/22]

             ,. -'´ヽ,__
          <,. ‐'ヽ、l\  ` '''ヽ
       _,. -‐'´: : : : : ヽ、 __,,..ゝ―┐
           ̄/ {: : :i、--、`´ヽヽ.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
            | ヽ: :l 'r7jヽl l,ノ\:.:.:.:.:∠、    ご苦労様。
            l∧l`,'ゝ弋;ソ|ノ〈.   \ノ/     あのウサギ、どうも私に含む物が有るみたいね。
.            ∨ヽ、゙゙゙/: : : \   _〉     ..まあ、千年以上生きてる彼女からすれば
             ,,..-`/ l ,.、: : : :`ー'l/     .. いくら真祖の血を引くとはいえ二十歳そこそこの私なんて
            {    |'lヽ} /´|从,l    .   赤ん坊みたいなものでしょうから仕方ないかしらね
             ,⊥     ノ lノ }ヽ;:;:ヽ,
          /:;/`{>o〈}'>、/__〈} }:;:;:;:;`ヽ、
         /:;:;:;:;`ヽ'ニニ´;}二,'ー';:´:;:;:;:;:;:;:;:;`ヽ、_    _,..
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,./ヘ /`ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`''''''ニ''´
ヽー- ..,,.. ''´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/´ヘ__ノ,}.:.:.:.:},__:;:;:;:;:;:;:;,,..-‐''´
 `ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;;::'<⌒.:.:.:.:ヽ_ノ.:.:__/\ ̄ ̄´
   `ヽ、:;:;:;/´   `ヽー'`⌒l-'´.:.:.:/´   ヽ
     `'-'/        `''ヽ_ノ ヽ,/'     ヽ
        /                   ヽ、
     <´ ヾ、_           ヽ/_ ==´ ,>
      ヽ、  `丶ーヾ/=≠ ≠=´   ,. -'´
       `''ー、_        ,. -―'' ´´
            `'''―‐┬‐イ',  ',
               ,.,.,.,ノ   } ',⌒. ',:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.,.,.,.,.
         ,.,.,.;:;:;:;:;:;{_,. '´;:;' _ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.
      ,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
    .,.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

               ,.-‐rrー、-、_
             / ヽ_」L ソ_//`L_   クスクス
            ノ ,r‐イ ̄   \ヽ、 `ヽ
           〈 ,イ/ /i   、  、 ヽ ヽ\j
              V /l / ト、  ト孑、 j ト、/´\        いえいえ、てゐはそんな下らない事を気にする様な
            /,/ハ l V⌒\| ,rzァ、〈Y〉、\\     .. 度量の狭いウサギでは有りませんよ?
             l/リ 〉 j!,r=ミ、  ' ' ' ' {Y〉、\\l   .   多少ひねた所はあるにせよ、幸運を司る精霊の主ですし。
               `l/l/ ト、' ' ' __,    ,{Y〉 ト、|\!      それに何より、今まで数え切れないほどのウサギを
              /l /Yj >、 __ /i〈Y〉 ト、\ __    生み育てて来た肝っ玉母ちゃんですからね。
            「 ̄|/ーrrァュト、/_ノ  L)_)_」´ ̄   `ハ  
              _〉ー - 、〉人{ヒュ, ─- 、j /, -─- _/ /  彼女のお嬢様に対する接し方に何か含み有るとしたら、
           ,イ| r'´`7  //^ヽ:.: : : .\  ´ ̄ 」 /   それはまったく別のもっと生々しいモノが原因だと思います
           〉 {,|i.:.:.:L, ィイ/ /.:::::::::,.:.:.:!´ ̄`7´l 」
           >'^!j.::::::::::l/ハイ.:::::::::/,'::.:ノー- 〈  j,/
          /⌒ゝrー-、ニ二.:_:::::::::,:.イノ-、  /ニ/
         /i.:.:.:.:::::Lb_,イ.:.:.:::::::::Lニ。コ介イ^7´ ̄
          ト、 \.::.:::::::/ j.:::::ー- 、.:.:.:.: .:.: .:/`\
         ヽi_, ,ィ´ ̄   ̄   ,r'⌒ヽr‐'´\   \
         /       /    |l ̄``ー- 、_ _」
        / /      /       |ト、`二7´ ̄
      /  /     /         ト、.:ヽ /
     /  /     /       ,イハヽ:.:.:\
   /   /    /           // i:::::`、.:.::\
  /   /    /         //  |:::::::::i:.:.:.:.:.\

473 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:21:26 ID:XCbQlRMw [5/22]

                    ,. -───-- 、_
               rー-、,.'"          `ヽ、.
               _」::::::i  _ゝへ__rへ__ ノ__   `l
              く::::::::::`i / ゝ-'‐' ̄ ̄`ヽ、_ト-、__rイ、    何よ?その生々しいモノって。
               \::::::::ゝイ/__,,!ヘ ハ ト,_ `ヽ7ヽ___>   私が何か彼女の個兎的怨みを買うような事を
                r'´ ィ"レ'rr‐t! ヽ! レォ‐-ト、ハ〉、_ソ  . .したっていうの?全く身に覚えがないのだけれど
                ヽ/ ハ ゞ-'    ゞ-'´/|  ハ
              C ー-  !"   _    "/ /  |〈
                 〈ノ| レ>.、.,______,,..ィ / ハ  ヽへ
                  ハレヘ!-'"7-!-rく|/レ'ヽハヘノ  \
              ⊂二`''ー'"|、 i `'§'" 〈   ',/      ',
               `と__,..--='ー,L__§____'r'-イ        !
                 |      ,.L_________」  |      ,へ |
                 ヽ/⌒//  !   ノ  ト、へ/⌒   ヽ!

                               r―/ ̄>―-、
                             /!{, -― 、__   ヽ,
                            ,  ´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  ヘ
                         ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:i.:.:.:.:.:.:\  }
                         /イ.:/.:.:./:∧.:.:.!.:.:',.:.:,.:.:.:.:.:\ ヘ
                          /.:.|.:.:/|/ ヽ、トtr-、ヽ.:.:.:,..:.:\ }     怨みとはまた違った性質のものですね。
                          !.:∧/ィァ、  ,rt- 、ヽ.:.:',.:.ヽ.:.:.:ヾ.   . .それにお嬢様が何かなさった訳では  
                          |/  >!iり   弋り ヽ:.:\.:',.:.:.:.:.:\  . 決してありません。
                            .(.:{        (.:.:.:ハ',\ヾ`ヽ)
                            (.:.:ヽ、 ー   .(.:.:,イ ヾ:/  ノ)ノ、
                          ヾ ̄`⌒´~ヽ-r―<{.:.:.i'     /  〈
                          ヽ/ーf、_ノ:、ー--} ̄⌒´_{   /    .)゙7
                           rYrっ}:::::::(゙、゙、ヽ'7ーヾ-、_ /   __,ノ;/
                           Y、∨:::::::::::(゙、゙、::::ヽ.:.:.;}| ソ_   //
                           /j ヾ::::::::::::::::(゙、∨/>j::::l イ  ヽ/
                          \:::::::::::::::::::::::::〉゙、V /:::::::ノ  /.

         _、 --───- .,        
      .、,r'´          ゛'.,、-ーr   
      l´   __(, __へr__へゝ_  i::::::」_   
     、トr__、-イ_、,r'´ ̄ ̄'‐'-ゝ ゙i i´::::::::::ン  
    <___,r'7,r'´ _,イ ハ ヘ!,,__゙iイゝ::::::::/   ……?
     ソ_、〈ハ、イ-,r' J ! ,r' !‐(,'J゛ィ `'r    なんだか良く解らないわね。
      ハ  |゙i。-―    ‐-. ハ ゙i,r'    ..お母様が仰ってた極東の島国、ジパングの
      〉|  ゙i ゙i゛   ___   ゛!  ハ      ゼンモンドーってのはこんな感じなのかしら?
   へ,r'  ハ ゙i ィ..,,_(_ ,r'.、.<J |(
 /  (,ヘハ,r''J\|ンr-!-7゛'-!ヘJハ
 ,'      \,'   〉 ゛'§'´ i 、| \      
!        イ-'r'____§___l,ー'    ゙i     
| へ,      |  」__________l., |    |     
!,r'   ⌒\へ、イ  (,   !  ゙i |⌒゙i,r'

475 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:23:05 ID:XCbQlRMw [6/22]


                  r ´ { _ ゝ-<  ̄ `-、ノ   ̄ヽ
               /ヽ //     ̄ 丶 `ヽ /   〉
              >、./ / /    \ \  \ ´`ヽ
.              >' ./ //      ヽ  ヽ.  i   〉
              ∠ / | ,λ λ     入.___ ヽ  lヽ
             / / /l / ! イ--ヽ   ノイ\. ヽlヽ∨ !
.            / /  | |,∧| ,r≠ミハ  ハ|  __ヽ、ヽ .\ ゝ
.          r‐ .. `|/| ノヽ !  !〃んィハ ∨  〃 ̄`| .ハ 〉 \ ヽ     ふふ、そうかも知れませんね。
         \ \ .レヽ/ヽ!.∧ 弋うり ,    ⊂∧ /..,.イ\|     奥様はジパングをお気に召してましたから……
       r- 、 .に二(⌒ヽ〈 ノ!⊂⊃ ┌ ^ヽ  //.〉´ 〉      ... 私の今の名前も、奥様がジパングの言葉を
         }_`. { ―‐y{_ ,ハ _.イ.> . __、_ノイへ 〉! />      .. 組み合わせて付けて下さったのですし
        />ィ .\ ‐'  .}丿V  ./::/.|`ヽ_/ r- 、〉、ノ.ノ
       ノ ン`ー八  イイ   /::/ V レヽ∧  Y/,イ  
        ̄     |  |>‐、_ ./::/ //|| | /::〈_,.ィ `イ´ ̄`7
              |  |└-7´:::\〈_/レ||_|/:/  /`ーr'、  /

                  _,. -,イ:::::ヘ1/            `  、
                  7::一-:::!:::}-─-ュ.,_ /__ _   j! \
                /下1\ ̄ `' ゙7 ̄!` ゙' =zュ .,_     ,
                    |/ f/`ー‐、__ィ⌒1 '゙ {``゙'==z、_ノ
                  /  ! .`メ、  N─-  、 /、!  ヾ、
                   ヾ{、Y'fチハ\ j ,.斗ミ、 !` `1r'1}-     そうね……って、想い出したわ!
                  ,ノ_) !l弋ソ  `' fたソⅥ  ヾ  !      咲夜、あの話、聞かせてよ。
            ,. -─- 、 ! '、 ヾ、  、 _  rヾ⌒┐ノ`ノ     .. 貴女とやらない夫おじ様が、何故このお屋敷に
             7:::::::::::r'´ て7}ノr >  ̄`´/   ,ン、 人       来たのか……なぜ貴方たち兄妹が、
               |,-1::::::ヾ_   / } i! ! /  /´_r'´ヽミ ノ    _,..ノ. .お母様と親交を持ち、貴女がここに残り、
               ̄ ̄    _j く i!  V   {/    ! _,.zェ::::::::  おじ様がここを去ったのか……
                    く  {_l!/,/   /    ノ _,. ___  _ ̄  
                   弋、rュ_r!(/  /1、 ,、_r//   `ヽ、 . .そして、私のお父様の事……
                    / -' __!    / ' `1- 、 一- 、
                  ,. - !    ヽ_/─-、__r '´ ヽ  、
                 /    `   ̄ ̄ ̄ Y  ト、     ,

477 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:25:54 ID:XCbQlRMw [7/22]

   _      _/ヽ.__
 _//\ '"´ ̄/:::ヽヾ `'ヽ.
//::::::__,.ゝ、-ァ'-::::::::!」-、_  ',
\ヽ:::::::::::ノ_7--‐'´-'`ヽノ___ノ_
 ノ____,.イ-7´ハゝ、/!  ハ ヽ.__7、
く__.rY ノノ ./ァ''Tヽレ'i/_,! ハン´
 ヽ|  ´ !,イ ゞ、!_   r'!/ 〈
  イ   | i "    , ヾiへノ   私が十歳の時、約束したでしょ?
 ハ ノ   ! ハ、   -   ノ〈    いつか、おじ様が私に逢いにやって来たら、全て話してくれるって……
 レ'〈/!/ ヽ、:r>r=7´ハノ〉   ..お母様は私に「貴女が大人になった時、咲夜に聞きなさい」と仰ったわ。
   ,.へ,.ィ'´/´  `ヽ. ,.-‐- 、 .……ねえ咲夜、貴女は約束を果たす時だと思うの
-‐''" ,.へ! i      ヽと_  ',
/:::::/::::::ハ !、  、___、_ト、`[二.l
:::::::/::::::::i、,ゝrヘ'ー!_,-' ヽ、!7  i                        __, --―rー-、_
:::::::i::::::::::ヽr/:::::>、`ヽ.   ヽ ノ                      _/´ ´    (   7´`ヽ
                                      r ´ { _ ゝ-<  ̄ `-、ノ    ̄ヽ
                                    /ヽ /  / i  ̄ 丶 `ヽ /   〉
                                    >、// / / \ \ \ \ ´`ヽ
                                    >'/   / // i  \ \ ヽ  ヽ  〉
                                ー=彡 /  // ,イ  i \   \ \ ヽ ヽ lヽ
                                  / / /  /l / ! | ト、 ヽ  ヽ __ヽlヽ ∨ !
                              .   / / / -- L_ | ト、 ! \ヽ斗 千、ヽ ! \ヽ ヽ
                        …………   / /! /|  ∧r=ャミ、! ヾ!  `yィテ示7ヽヽ \ ヽゝ
                                /  |/ ヽ ! ! ゞニ>       ゞ- ' { ヽ 〉 \ ゝ
                                     /ヽ! ∧      ,         ∧ / ,.イ \\
                                    /ィ ∧ _ ゝ、    __    ,.イ  〉´  〉   ̄
                                     レ〈/ ,.イ__>- _ ,.イ  〉 ! // _
                                 __  〈  |//∧    ノ::::〈_,.イ ヾレ',.イ´::
                                 }  ヽ/`X_,.イ__::ヘ  /::::r- ∠ 〉、ノ ノ::::::::
                                ノ _>、 ゝ _/ /::/ 〈:::::::∧  Y /-イ:::::::::
                                 ̄ / /`ー<__/::〈___!/ 〈_,.ィ `ーイ´ ̄`7
                                  イ/  /:::::::::::::::::::::::: ̄\ /`7ーr'、  /
                                __ノ _,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y / | |::::: ̄
                                  ̄                 |/  /|/
                                               ,.イ _/ノ

       /ヽ! ∧      ,         ∧ / ,.イ \\
      /ィ ∧ _ ゝ、    __,    ,.イ  〉´  〉   ̄
       レ〈/ ,.イ__>- _ ,.イ  〉 ! // _     ……フッ
   __  〈  |//∧    ノ::::〈_,.イ ヾレ',.イ´::

478 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:28:23 ID:XCbQlRMw [8/22]

                         __
                    _r-‐┘ ヽ___, - 、
                   j´__r-‐- 、,   ヽ } ̄` ,
                 ノ/,. '´ / ´ヽ , -‐-`ー 、\
                  Y/   / !   ヽ一 、   {  ,
               ,イ/  /  // ハ ト、ヽ   }   7  !
              / Ⅳ  { `メ、!/ l|! ヽ ヽ  ヽ -‐}  |
                /!/´|/ / l | /1l  l! ヽ≠=- .,_!  て l    ……そうですね、お嬢様は二十歳を越えましたし、
                 / l! Ⅳイ!,:iレ1マミ、  !  ヽ\ ヽヽノ  ,ハ  .. .兄も……やらない夫・コッポラも貴女に逢いに来た。
              | ,l/ /ヽ1! l fリ  | ィf〒テァ、V1}! / !
                   ! ,イ!/∧jヘl `¨    '、ヒェン メ、戈) {1 ' 、  お話しましょう。私の事。兄の事。奥様の事……
              / ,|{  }!´j!ヽ、` 、_,    //1_ィヘ! !jハ 〉
              {  / V1メ、!} />,- -‐ イ!/7zj !ハ! lノ レ' .. .そして貴女のお父様、
                  ヽ ヽ/1三}`ー- <_j ̄ ̄{ j::::::!1ン1 /  !          ヴァキュラ・スカーレット侯爵の事を……
                   ,イ  i!} r/:::::::::::::ィzZ/::::::ヽ l/
                  j!1 / ヽj!::::::ヾz // !::::::::::}z ヽ 一 、
                !:レ' ノン:::::/ ハ ! {  j:::::/!   rz =- 、

                ,へ、       ___
                ノ7ヽ>,.- ''"´ ̄    ̄`ヽ.
               」」  ___`ゝ、_,.   _,,..-- 、 `ヽ_
               L!_____,,..-''"r-、_ン'"⌒''ー、-'´ !
                 「ヽ._,,..-イ /<、,!  ハ iヽ.`Y
                 Y   / レ'rァ'ォ、レ' レi  iハ!    ヴァキュラ・スカーレット……
                  !.  !ハ 〈 !'ヒ/    ,〈ハ i/    .それが、私のお父様の名前なのね
                 ハ  ! Vヽ."  _  _ノ::`ヽ〉    でも。侯爵って、爵位は誰から授けられたの?
      _,,,... -‐ ''"二' ー-┐V、 ハ _,.!_ヽ〉'rT'r´、:::ハノ r─- ..,,_
   ,. '",.r‐''"´ ̄フ r ̄`i::i   !ィ´   `>--'、7ヽ!__,,.ノノ ̄'''ー、ヽ.
  //  -‐''"/  /   ';:';、  !、_  ,i   `!(⌒ヽ.‐''  `ヽ、____`ヽ、
 /_,,,.....,,,_ /   __!    ヽ、ーァ'Ok''´|  イ´'!`i   i⌒ヽ、 (   ̄ `
´      `>-‐'" '⌒ヽ、_!_,,.-''´.rr-'ヽ!、__,!_/」,ゝ-'    `ー'-

479 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:30:49 ID:XCbQlRMw [9/22]

                      r‐z、_,、へ-、
                    rz、ノニソー゙┴ゝ、〉_\-、_
                ノノ ソ´il|ilトミミヽミゞ、_ヾ〉\、ヽ
                 |` Ylil| i|il| |ヽハ\jミ三ミ\jヽliハ
                     \ji| |i、ヽ!i l| l |l、ヽハゝミミニゝ〉i il
                   |ill ili|トヽl l li| トrz、l !、ヽ川ヾli i|   爵位を授けたのは、この国、ファランクス王国の
                   |l |il ヽij从iヾYljー'゙ リ 〈 ヽハ |i |!   初代国王、ツェペリン・サダムド・ファランクス一世。
                   l|ハヽ、ヽ{てシ `     ノV 〈 ! l !|   今から約二千年前の事と言われています。
                      从YlV、ミヽ   '´  ヽYノj| | l !
                 ノヾノハ〈Yヽ`i ‐- イ /ハイレ从jーz- 、 当時のスカーレット家当主はヴラド・スカーレット。
、                    /イト〉、jノ!i lイ_i_ノ、ノ、Vソノli/:::/ 〃 \ヴァキュラ候、そしてカーミラ様のの御父上です


     /`ァー、
     .//:::::::::::\/>、
    |::||::::::>'-r'-< ̄`゙' ー- 、
    「`'ーく´  i    \_ノ`ヽ、_ `ヽ.
    ,!  、>'´ ̄`ヽ、/____   「ヽ、__\
   く\/          \__ハ    `'ハ
    `/  / /  ,  ,!      `ヽ.___/`ヽ.
    !   |  ! 、/| / |    ,ハ   ! \  ノ、     ……え?ヴァキュラ・スカーレットは私のお父様なのでしょう?
    `ヽノ  !イ´i>;、 レ'! 、/__」_ 八   Y  〉    それで、ヴラド・スカーレットは私のお爺様……
    ノ! (,. へ.! ,!,_ソ  レ',!-‐',r、/\)  .|-‐'
  //   `ソ 7"   .     ! ,リ,ハ/     ',      なのに、なぜお母様……
./::::/!  / !,へ.      `''",,! | i   ', ヽ.    カーミラ・スカーレットもヴラド・スカーレットの子供なのかしら?
::::::::/ |  i |  /`>、 `   _,. イ ! ';   !   )
::/  '、  ソ|_/」_,,.イ`Tこ,ソヽ | ,'  !  ,ハノト、
'  /  `ァ'´   、 !  ヽ,ハ  !`' ー-'、イ / /|::::ヽ.
 ,'    /     ∨ヽ、/八_/  、i   ヾ  / !:::::::::';

480 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:32:23 ID:XCbQlRMw [10/22]

            __, --―rー-、_
           _/´ ´    (   7´`ヽ
        r ´ { _ ゝ-<  ̄ `-、ノ    ̄ヽ
      /ヽ /  / i  ̄ 丶 `ヽ /   〉
      >、// / / \ \ \ \ ´`ヽ
      >'/   / // i  \ \ ヽ  ヽ  〉
  ー=彡 /  // ,イ  i \   \ \ ヽ ヽ lヽ
    / / /  /l / ! | ト、 ヽ  ヽ __ヽlヽ ∨ !   ……良いですか、お嬢様。
.   / / / -- L_ | ト、 ! \ヽ斗 千、ヽ ! \ヽ ヽ  これからお話しすることは、お嬢様に衝撃を与える内容となります。
   / /! /|  ∧r=ャミ、! ヾ!  `yィテ示7ヽヽ \ ヽゝ 本日、兄がセイバー様やルイズ様に説明していた兄や私の事……
  /  |/ ヽ ! ! ゞニ>       ゞ- ' { ヽ 〉 \ ゝ  「国を出て放浪していたら偶然妹である私が働いていた
       /ヽ! ∧      ,         ∧ / ,.イ \\  この屋敷に辿り着き、未亡人だったカーミラ様に一目ぼれして
      /ィ ∧ _ ゝ、    __    ,.イ  〉´  〉   ̄ ..そのまましばらく居候した」等という話は、嘘では有りませんが
       レ〈/ ,.イ__>- _ ,.イ  〉 ! // _     非常に端折った話であるのはお解かりですよね?
   __  〈  |//∧    ノ::::〈_,.イ ヾレ',.イ´::
   }  ヽ/`X_,.イ__::ヘ  /::::r- ∠ 〉、ノ ノ::::::::
  ノ _>、 ゝ _/ /::/ 〈:::::::∧  Y /-イ:::::::::
   ̄ / /`ー<__/::〈___!/ 〈_,.ィ `ーイ´ ̄`7
    イ/  /:::::::::::::::::::::::: ̄\ /`7ーr'、  /
  __ノ _,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y / | |::::: ̄
    ̄                 |/  /|/
                     ,.イ _/ノ                         ,. -───-- 、_
                                          rー-、,.'"          `ヽ、.
                                         _」::::::i  _ゝへ__rへ__ ノ__   `l
                                        く::::::::::`i / ゝ-'‐' ̄ ̄`ヽ、_ト-、__rイ、
                                         \::::::::ゝイ/__,,!ヘ ハ ト,_ `ヽ7ヽ___>
                                          r'´ ィ"レ'rr‐t! ヽ! レォ‐-ト、ハ〉、_ソ
                                           ヽ/ ハ ゞ-'    ゞ-'´/|  ハ
                                         C ー-  !"   _    "/ /  |〈
                       当たり前じゃない。         〈ノ| レ>.、.,______,,..ィ / ハ  ヽへ
           そんな簡単な話なら、咲夜もお母様も           ハレヘ!-'"7-!-rく|/レ'ヽハヘノ  \
                 勿体ぶったりしないでしょう?      ⊂二`''ー'"|、 i `'§'" 〈   ',/      ',
                                          `と__,..--='ー,L__§____'r'-イ        !
                                            |      ,.L_________」  |      ,へ |
                                            ヽ/⌒//  !   ノ  ト、へ/⌒   ヽ!

481 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/23(日) 22:34:07 ID:XCbQlRMw [11/22]

           __,r‐,ァ-;‐-‐r、__
          r'´  V  !  !/ `>-、
       r‐「,>- '、'"´ ̄>‐- 、/!  !ヘ.、
       ァ'´            `ヽ.!  l 'ヽ.
       /  ,:' / .;  ;    ;   i   Y´ 7 ',
      ,' ./  ,' /! ハ  / !  ハ   !/  !
      / ,'  ./,メ、_!/  レ' _」_イ .!   ':,   |
     ,'  !  ノイ´7ヽ!   '7´,'"'ヽ!ハ   ,.ゝ  !    それでは、お話しましょう。
    ノヘ レ'ドノ _!_ソ      _!__ソ_ゝ! ノ  ,' !    何故兄と私がここに来て、私がスカーレット家に仕える様になり、
      )へ!,7.,.,.  `       .,.,. /_ン'i   / .|    兄がカーミラ様に恋をし、そして去ったのか……
       /!,ハ,            /iン_ン  /  ',
     _,.イン !ヽ.   `      ,r'iン  //   ハ
 「`7r'_ン7  ,'  iヽ.      ,.ィ7_ンi _」=‐ァ-、'  〉
 レヘ」 ,.イ ノi ,ハ__,i`=:;ァニ´ __(_ン-ァ'´ /‐-'、! (
 /]  〈rヘヽ.,.へニゝ!_ィァ'-‐く__ン<]___ /    ヽ..
 レ'    ,i´___/:::/ /ム  /|/::/ /        ':,
     /,i__ァ':::::i/ ハ//:ノ」::レ'/           ヽ.
                                           _,. -,イ:::::ヘ1/            `  、
                                            7::一-:::!:::}-─-ュ.,_ /__ _   j! \
                                            /下1\ ̄ `' ゙7 ̄!` ゙' =zュ .,_     ,
                                             |/ f/`ー‐、__ィ⌒1 '゙ {``゙'==z、_ノ
                                               /  ! .`メ、  N─-  、 /、!  ヾ、
                                 ……ええ、お願い   ヾ{、Y'fチハ\ j ,.斗ミ、 !` `1r'1}-
                                               ,ノ_) !l弋ソ  `' fたソⅥ  ヾ  !
                                         ,. -─- 、 ! '、 ヾ、  、 _  rヾ⌒┐ノ`ノ
                                         7:::::::::::r'´ て7}ノr >  ̄`´/   ,ン、 人
                                         |,-1::::::ヾ_   / } i! ! /  /´_r'´ヽミ ノ    _,..ノ
                                            ̄ ̄    _j く i!  V   {/    ! _,.zェ::::::::
                                                く  {_l!/,/   /    ノ _,. ___  _ ̄
                                                弋、rュ_r!(/  /1、 ,、_r//   `ヽ、
                                                 / -' __!    / ' `1- 、 一- 、
                                              ,. - !    ヽ_/─-、__r '´ ヽ  、
                                             /    `   ̄ ̄ ̄ Y  ト、     ,
                                            ,ノ´              ! l /」ノ      |__,.
                                           /                ヽ/      r-'´

482 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:36:49 ID:XCbQlRMw [12/22]

    ―――  兄、やらない夫と私はバラガン教国の名門家の子として生まれました。

                       .  ´   ` ..
                .     /             \
                    /         /ヽ.    ヽ
                .   /    j /_/_/  ! i     .i   手乗りお兄様……
                   i  |  |// / / `  i┼ト|、! i
            ..       |  i  !/ .ノ '    |ノ ノ j ! .!
                   ! r ! .i/゛ヽ`   ,二./ ! .  ──.
             ..      | ゝ!  !.{::::::ノ    ,......:i !i ./ノ ⌒ \
                   |  i  i ,,`   , ヽ:ノj .i....|..(●)(●)|
                   | .:| i、       '' 人 !...|.. .(__人__) |  スケール感おかし過ぎだろ
                   i .:::|.:i iト..  ー _ .../777>.!  ...`⌒´ /  常識的に考えて……
                   | .:::i.:ヽ.i_ノ `  {::::::j ' ' /、 .ヽ  ..  ノ
              .    / .:〃⌒iハ     `¨|   {   /   ヽ、
                .  //.:,′ /ハ}}.    j.  )  |     ニつ
                 //.:i !   ∨,;ハ   /   //´  __ノノ
                 ! !.:ノハ    ∨ニヘ.ー/   /=!  i´
                 ∨∧ハ    ∨ニ./  /コ‐!   |



         ―――  名門、って事は法皇になる家系って事なの?

    ―――  ええ、過去に何人か法皇を輩出した家系でもありますが、それよりもどちらかと言うと
          通常の人間では太刀打ち出来ない強力な人外の者……ハッキリと言えば、吸血鬼の殲滅を役目とした
          世に言われる”ヴァンパイア・ハンター”の名門だったのです。

       __/ニ=,、
       [,,.,-'i'-、.i !  .   , ── .、 \
      ./ /:::::|、"\  /  ヽ_  \  \   \   i
     ./  .i!:::::::| \ ヽ(● ● )   .|        \  |   -―≪(_  .:::‘:≪__
    ./,,   .i:::::::::!  \ .(_人__)    .!                  \.,し'    ヽ ̄_  
    .i';;:::::,, ..|:::::::::!    ヾi⌒      .!                   V    _ノて ̄
   ..| .;;;:::::::::|:::::::::i!     ヽ,__    r -、                  }
    !::..  ::;;/\::::::!,     |    ..:;,、::.\                 /
   ゙,::..../   .\:::'.、    |    ::| ヽ, ゙i               /
    ゙く       \::゙;、  |   ((::))二)  ゙i二)二))     ‐ ―≪´         
      ゙'' .. .,,_   .,...>  ノ ::γ⌒ヽ.`""          _______ _
            ̄  . / :::::::.i,,;;--;, |..    /  /  /       [ ̄          _____「 ̄L___
             /  :::::/i" ::::::::. |   /   /   ̄ ̄〉  / ̄          /   / ̄ ̄ |_」口 ̄ ̄
            /   :::/ .| ::::::::::::::| /    /..    /  く          /     /   ____
           ./   :::/   .!、:::::::::::ノ         . /     \_     /       /    「\ ̄
                                 く__/´\_「 ̄   /      /      |  \
                                              く_____/     L__ノ 

    ―――  兄、やらない夫は幼い頃から常人とはかけ離れた身体能力と知能を発揮し、
          それまでの一族の歴史でも類を見ない程の才能と有していました。
          よって、一族の期待も大きく、その才を伸ばす為に苛烈な英才教育が行われたのです……

483 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:39:48 ID:XCbQlRMw [13/22]

    ―――  当時、私にも厳しい英才教育はされていましたが兄の比では無く、また娘と言う事もあり
          少なくとも普通に学校には通いましたし休日には友人と遊ぶ事も出来ました。
          しかし、兄にはそんな普通の子供時代は無かったのです……


       ___
      /  _ノ ヽ
      |  (> <) 僕も学校行って友達作りたいよJK!
     . | ι(_人_)
      |  ` ⌒´ノ                                   -─-
     . (^)    (^)                              /         `  、
      /;ノヽ   /iヽ                            , '             \
      L/|   | Lノ                           /   /   /{  i      ハ
                                       :, ,:,.ィ / ,ハ  | V ト、  、Y' :!
                                       .; i {/ /  Vv!  \! \ト、}  | :,
                                         |  Y─_‐-  `` -‐_‐ヘY'′ j :'
                       ..    お兄様可哀想…… :, V |イrハ,      クrハヽ| j. リ
                                        : ' {'i. |fぅ¨´  ,   `¨fぅ'| i`Y ;.
                                         ゞ│          j レ/ :'
                                          | ト、   c==っ   /!|/ ,:
                                      ....   l | j>  ..__.. <i| ,リ{ :'
                                  .     .    `ソハ_」」_ノ   し_,ハ{ iヘ
                                            レ.':{i、 \____/ j`ハ| \_丿
                                          /.:.:.:vゞー----一'.:/.:.ヽ
                                          ,:.:.:.:.:.`Y二ニ大二Y´.:.:.:.::,

    ―――  今でこそ、厳しかった両親や親族の事も納得は出来なくとも理解は出来ますが、
          当時は兄が可哀想で、私も両親・親族をずいぶん恨みました。
          そしてせめて、私だけでも無条件に兄の味方でいようと幼心に誓いました。

         ―――  ……ふうん、やっぱり咲夜はおじ様の言う通りブラコンだったのね。

    ―――  ……ノ(……話を続けますね。
             ⌒

484 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:42:31 ID:XCbQlRMw [14/22]

    ―――  次第に無口になり、両親とも必要以外に話をしなくなってしまった兄でしたが、
         .. 私にはいつでも優しく笑いかけてくれましたし、私もそんな兄が大好きでした……
          ..思えばあの頃が、私達が一番無邪気で幸せだった時代かもしれません。

            .  -―-  .
          /         \
          /     /ヽ__    ヽ
        ′: /_,/   } ハ`ト、 i
          i i i∧ {   ′}ノ }l i|
          | l l{ ヽ     ‐--‐l トl
        、l ト ,_,ノ      l |1    お兄様、大人になったらアナがお嫁さんになってあげるからね!
            l lい   r ¬   l l !
.         <ヽ l人   ` ´   ノli 八__,ノ}
        \>(^v′〕フT   { liハー‐ ′
         { ,}、Y{   \_/ ノT⌒ヽ
.          /ヽ   | \__, ィ介く__ノv'  〉                   ,...-  ..- 、
          / / ハ  !__ }  }l l_,{   .  {      .                |(⌒ ⌒)|  ああ、期待してるだろ
       { ' { }  マ!}'  }l l{   }=ィ′     .                | (_人_) |
           Vl   .′  }l l{    { |       .             (^ヽ   ./^)
            l   |    }l li    l l                    //    \ヽ
              丶._丿   }l l{    l !               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             }     }l l{   |ノ
             /    }l l{   |

          __
       , -'", -‐;   ゙ '' - 、
     / , ' /    , 、 、 ヽ.
    / ,  ' / /i   /l lヽ ヽ ヽ
.   / /  / / ;1  / .l l l .l゙l l゙i ゙i
.   ,! /  / /-+}、 / // ! l l ! ! .i
   i ,! l. i;' ,/ / ;' ,/゙ //  -!、! ! l
  i゙ l l l;',k-t;v_メ.  //   _ i` ! !.i   ホント!?絶対だよ!
  i r'゙! iイ::ii:::l `   /  ,rtミノ .i i ,!   
  ゙i l、 ! l l゙-'゙     i゙:ii:l .゙! i i i゙
   l l`i't l l : :      `‐'゙ /l i/
   i/ l l! N、     "    : ://!/i
  /i/l lAl,i-゙ゝ、_`ー'__,,....、r'゙//イ!
. /イ! ノ'"'i::ト、~`゙ミZ`ヽ i /l l゙,〃ll                        , ノ  - 、
.〃 l./゙`' ‐、i:::::゙ヽ、_ ̄ノX_l/i l/. l!          .                |(● へ)|  もちろんだろ。アナが大人になった時、
.l!  !l    ヽ::::::::::( )::::`i、l l   ヽ          .                | (_人_) |  他に好きな奴が出来なければだけどなJK
.l  i l!     l::::::::::::`":::::::::!゙レl!   ヽ         .             (^ヽ   ./^)  
  /イ:゙i     i:::::::::::::::::::::::::l ゙、!    ヽ                    //    \ヽ
 /l゙゙i::::i,    ゙i;::::::::::i'`rt::::i ヽ                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
"/ !:::::i.     ゙i:::::::::ヽノ::::::l  ヽ
    i:::::::i    l::::::::::::::::::::::l  `

485 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:44:13 ID:XCbQlRMw [15/22]

             .,-=                  -,,
           〆              ヽ  .,  ,   .\
          / / ,,. _          lゝ ヽ  ヽ.,   ヽ
         /  /  / /         }  l lヽ ヽ  ヽ'   ヽ
        ./ /  /  /   / /  /l  }  i. ll 丶 ヽ  ハヘ   ヽ
       / .i  ./  /   / /  / j  /l l  !! ヽ. ヽ ハ.ヘ.   ハ
      . {  i  /  /   / ./  / l  ,' .l .l  ll.  丶 ヽ l l   l
       l    .l  l   .l  /l  / j / l /   l   ヽ .', .l .l   l
      .l    l  .l   i / i  ./ .l ./  }/     ,..-‐''","'''='l    l
      l    l  l   .l ./ .l __,,-‐ /  /         丶jj l   l
      l   .l .l   .l_.,,-+''/ //  /             .i.   l  うん!約束だよ!
      l   ll l    l./ .i / /'   /              l   l
      i   ll .l    il!  .l/  '                  .l  ll
      .l   .ll l    i.l  ゛                 ,,..,,_  l l l
       i   .ll    l l                 ;:=~    l l. l
       .l  .i.l    .i .l.   .,,,,===               .l. l l
       i  l i    l l _,='"                 "" l .li! .l
        l  .i l   .i l              .         l l l l
        .i  .l l   l l  ,,.                   ,l l l l
        .i  l::l   l  l""             _.. -,   ,.. "l !!i!l l
        i   l:::l  l . .k_        ,, - ‐      _ - ./ l l i! l l
       .{   .l:::ヘ  l l .l. ''- __    ヽ、    _, - / l /  l l l l l
       l  ; .l:::::.ヘ l l .l::::::::l __  i ‐-  --  /‐- ,'__ l/  l l  ll
       .i  i  l:::::::::ハハ l l:_::-''   l       l    l;;'';;;,__ .l   .l


    ―――  ……そして、あの日……兄が十四歳の誕生日を迎えた日の事です。
          私たちの父、クラフト・コッポラがささやかな誕生祝の宴の後、兄に言いました。

                        __, ― ――-- 、
                      , ' ´´7         `  、
                     /    /l           \
                   /   , l '」 ,      i 、    ヽ
                   /ィ   l .l`´l l、  l、 l   ! l.    ',
                   ,' l  /l l.  l l ヽ_」寸ト、 !  !.    '、  やらない夫、お前も十四になった。
                    l  l l‐-リ、 ',「´ィ云zァ Ⅵ  !    ト 、 ..我が一族は、本来なら十六歳で一人前の
                   /1 ,Ⅵィ'心!  、ゞ孑'´   レ、 ,'  ト、 ヘ',` ..ハンターとして最初のハントをする事に 
                    レ ! ィ.l`´/   `     l / /' !| .|   ..なっているのは教えたな?
                     l/ l l 、          И l/ィ/ , !
                        、`          i/斤'´ リ`
                        ヽ  ' 二  ̄     イ !.  ,'
                         ヽ , i i i , , 、/  .レ!Ⅳ_
                          ヽ.l ! i イ´  /-‐'  ̄ /、
                          /´.',  /´.!    ノ_: :\
                        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
                         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、

486 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:46:50 ID:XCbQlRMw [16/22]


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ─)(─)
. |     (__人__)     ……はい、父上
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒) 
                     _r'´  ̄   ̄``‐- 、
                   ./  l           \
                   ./  /!   l         ヽ
                  /ィ /,' /レ」/! /  l       ',
                  /ィ〈./' ' `l'.レ/.  l  l ,     ',
                   ´ / 、""´ /ィ /ル /レl /    l`
                  .<      ´ .イ'//リ_ハ!    ヽ
                   `       l/r<    /レ'` `
                    ヽ ̄`    ./  l   ./
                     ,'i i i , , __,ノ,  .'レ、 /     うむ。だがお前は素晴らしい素質と能力、そして努力を持って
                    .ゝ-==´ ,-'‐――'‐'┐    いまだかつてない程の高みにその齢で達している。
                      /'/」  ,. .、-‐┬ヽ、   そこで、だ。
                     ∠_ >ニ/ヽ: : :ヽ_: '-‐<
                     // ̄:ヽ;/´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                   //`丶/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                  /./_: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                 /./: : :/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                 ゝフ`:'´:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.l
                ././/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
               /://:.:.:.:.:.:.:.::.//:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l


    ―――  そう、父は本来なら十六歳の時に行わせるはずの最初のハントを、
         優れた力を発揮し始めた兄に前倒しでこなさせようとしたのです。


        /     ,        ,       /、
.       /     /       / ィ/ //   イ \
      /    //ィ       / /x!,ィ/,イ  / /ヘ   {
      ,イ /  ハイ' |  j|  /l/ ' ,レ≧x;ィ イ / /   il
     厶‐ァ  ´ i"(ミxリ! / | ,:′  ヾテヌゞレ'l/ /ィ  i !
      / ,イ  ヾ 辷 |,′l/      ゞ'’  :' ,ィfナ ィヾ!
.     /'′| i   ゝ-、"        ´   {;リソ〃リ
       jN    i !            ヾ /′
        レ{ , ,ィj li!      、     イ
       ___j_ムチ ヾ\     ` ̄ ヽ /′
       j    ̄ `丶 、 \;///,ィ.,;._` /      少し早いが、最初のハントを前倒しでやってもらう。
   ___ /           1ヽ `ー:、≧{ `ヾ:、     そして、まさにうってつけの標的が最近この辺りに迷い込んでいるんだ
  /:::::::`:.ァ:、.___     !  \ }/´`ー- 、 ヽ
/: : : : /: : : :`丶ミ≧:、 L___ゞ(  ;ャァ'´ ̄ `ヽ
:-: : :/: : : : : : : : : :_≧ュミ:、    };>'  __    ‘,
`:、`ー-:、: : : : : : :/: : : : :\、 才{__ .ィ´       ヽ
.:.:.:.:`ヽ、\: :./: : : : : : : : : \ノ;ィ{ 、___,       丶
.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ. \: : : : : : : : : : : : :Z、 ≧一’{`ー      Yヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧ ヾ: : : : : : : : : /: ≦ ゞ: : : ゝ       |⌒V

487 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:48:30 ID:XCbQlRMw [17/22]

    ―――  幼い頃から叩き込まれてきた事ですから、渋々とは言え兄も納得はしたし
           私などはようやく兄が自由に力を発揮して廻りに認められると思いはしゃいでいました……

                   _,.  -――-   __
                _,. ´          ` ` -
              ,. ´           、      ` 、
            /      /ヽ       ヽ        \
          /       /  \ \     、        \
          /       ,  |    ',   ト    \   |      \
.         /    i    /| ,'     \;; !\    |\  !       ',
        /   ;|   / | |      ヽ '、 \   |‐ |  |     | ヽ
.        ,'   i |   / | |       \!  \ | ヽ ',    |  |
        |    | ! |  | '´| |            \i  ! |    | ;|
        |    | | |/|  ! |              !   ! ;|     | |
        |   | |'|  |   !|                  Ⅴ!    | |    お兄様、最初の勝利はアナに捧げてね!
.        |   | |ヽ ;|    `         `、,,__   __,,..- !    |、|    そうしたら、キスを差し上げますわ!
         | i   | | ヽ|     ,            ̄     |   | | |
         ', |   ! |       ノ               |    | )|
.         | | ; !ト,     ,/      '            |    !' ;|
         ! i   | \  ' ´                  |   |  |
          ヽ   V‐ヽ              ,.       |   | │
            |    ト (,.         ` - ‐ '       |   |   |
     ,‐、    |    |` ‐ >、                /| | |   |
     \\    , 、  |    t 、             , ‐i  | | |  、、      !、
       \\__ l l  |    | ` '7 ‐ - ,, _ ,, ‐ '´ | | ;|; || ;| ヽ ヽ\,, _ ,,|;|
        V  ''ヽ \ |    |   /  _ , , 」       L,_Y; !| ;|;  ヽ ヽ,_   .,/
         | /二ト \!  _,,L,,,/,‐ ''   \      ヽ, ! ! !/ ,__ ,  , _', ̄ ̄
         ', / ,,`i  `,‐ ':::::::::: !      \    ///,i/   | ::::::::: \
.         ヽ  ' ∪`.、 ヽ :::::::::::: l        \,,,/ ,'/ /  / ::::::::::::::: \
.          \    ヽ i :::::::::::: ヽ      _,.‐H‐ ,ノ    / :::::::::::::::::::::: ヽ
          /\      ! ::::::::::::: !\  _,, ‐'' /H、 \   丿 :: i. | :::::::::::::: ヽ
         / /| ;`t    i ::::::::::::::: i ::| ̄::::\/|. | l\/`'''' ::::::::: ! ! ::::::::::::::: ノ
        / / | ∧    !/ ` :::::: ',.| ::::::::::::: | i i L,,l :::::::::::::::::::::: | :::::::::::::: /
        / ;/ |  | |    i'´ ̄` 、:: | ::::::::::: └>| o |< ::::::::::::::::::::: | ::: , ‐ ,/


        / ̄ ̄\
      /      \
      |::::::: :      |
     . |:::::::::::::     |
       |:::::::::::::      |
     .  |:::::::::::::::     }.     ……ああ
     .  ヽ____    }
        r'ニニヽ._\. ノ 
      r':ニニ:_`ー三`:く. 
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\ 
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   


    ―――  あの時の兄の寂しそうな笑顔は、今でも忘れません……

488 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:51:28 ID:XCbQlRMw [18/22]

    ―――  そして兄は初のヴァンパイアハントに出発し……二度と、家に戻りませんでした。

    ―――  その時のターゲットだったヴァンパイアは他のハンターに親を討たれて孤児となった幼い娘で、
          ..兄はとても殺す事が出来ず娘を連れて逃げたのです……


               一緒に逃げるだろJK!
        / ̄ ̄\                 __
       ノ  `ヽ   \             , ´     ヽ
     ( ●)( ●) u |            /        ノヽ
      (__人__)     |            |ノレ_,ヽ/ヽ,_ヽノ</  パパ……ママ……
      (`⌒ ´ U  .|             |)イ>   <ア| | ||   死んじゃったのかー><
       {       |          _   ノ/ i゚ ┌┐ ゚.ノ| ノゝi   _
       {       .ノ/⌒ ̄ ̄' ̄ ̄(、/ ̄|ノ ` _─ ´ .レ ̄ ̄ ̄/つ )
      ヽ          / ̄¨ ̄ ̄.. ~ヽ    |ヽV ノ i___|/
 (⌒ヽ、 / ヽ        く      .    ̄ ̄ゝ ∞   ヽi
  \  ヽ  /\      \     .      /ヽ_______ ノ ゝ
   \__/     \        \   .      /       、ノ
            /    ノ   \三..     ヽ_,_,_,_,_,_,_/ヽ
          /    /\    \        し´   ヽ_ノ 
         {  ────ヘ    \
          \____ソ ヽ   \ 三 二
                  ヽ、_ソ \    \
                       )   __〉 三 二
                      (___ノ


    ―――  兄は手近な港から小船を奪い、海へと消えました。
          その時に姿を見られていた為、兄の職務放棄と倒すべきヴァンパイアを助けての
          逃亡はあっという間に国中に広がり、コッポラ家の評判と評価は地に落ちました。
          だけど……
                 
                       _,,  --―-- ..,,_
                     >'"´           `丶、
                  , '´                ≧
                /                     、\
                    |   , -、               トヾ‐`
               r'. _,,/.,ィ-,,イ ト、 .,、 ト、   .|\.    ';:::ヽ
               」/./ /ノ .j:∧::;:ヾ::', |:::ヽ   |:::::ヽ|ヽ,、 .|:::ヾ、
              γ/ / // /::|ィ|:A:ト;:|';'::::,、ヽ,、!::::ト、:';::::ヽ!::N `
                 l./ /  |,' ,'从| '   ヾ | ∧:::::::::::リ`: ヾ:::::::::::!   これで、良かったのかもしれないな……
              / {  '´ 〉 -‐'"    '´ リ;::::∧!ノ /::::::::::;:|
              V ' :    l  `           ∨ 二ノ::::::::::::iリ
              ∧     .,'            厂ヽ:::;:;::::::!
               ∧    ー- 、         /j j/リヾ、|__
               ∧      ハヽ ''ニ¨    /:::::i:__,, -‐''"´ .l
                ヽ,__    j ヽ,i i i , /::_, ‐''"       ∧
                / ̄`丶、   ./  ` ¨´ゝ;ヘ        _,, -''"´:ヽ
           _ /     `ヾ/    ./ ./ /     _才:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`-.、
          /   ̄`ー- 、   ./     >l'´  __,, ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_;; -‐ヽ、
         ./        \ /  __,,,/:.:/」彡イ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;才´     > 、
        /          Уr''"´ ./:.:.:./´/イ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    , -‐''"⌒ \


    ―――  父がボソリ、と私の前で呟いたあの言葉は、きっと本音だったと思います。

489 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:54:05 ID:XCbQlRMw [19/22]

    ―――  その後、最高の家柄だったコッポラ家は最低レベルにリランクされ、
          肩身の狭い生活が始まりました。私はそんな状況をなんとかしようと、
          兄の代わりになろうと必至で特訓をし、十五歳の時に最初のハントを成功させました。
          その後も無我夢中でハントを繰り返し、気付けばバラガン最強のハンターとまで呼ばれていました。

                     __r─┐ r┐  へ
                     /⊥___ ̄  丁| |トv┐
                 /ヽ/    ´ ̄ ̄``ヽ、/ 〉 _
                く   /     |  ヽ     \`勹|
                  |Y /   | | |   ヽ \     \/
                 |j /   // | ヽ ヽ L⊥ヽ  \\ミ__
                 / /   /// \ヽ)ヽ!⊥ミヽ  `ーミ、
             ___//レ'TT{ _ィTi=、 {{r'´|ノ:::: 》ヽ┬ミへ、
              ̄ ̄ //八_Yハ∟::ノ     ゞ=彳ト、|し  !
                /Y / トイ ハ""  _ ,   〈 トイ |   |
               / ハ  トイ ||     ̄    | トイ { ヽ /
               | | |  トイ ||ヽ、 ___, イ川lトイ ) ||{
               jハ ヽ {_}  ||(⊥   __⊥] |Lj八/リ
                 〃ハ┴─Fヽ Y∨ レ⊥ゝ」r' }} l!
                   (___,ィT   フ[ ̄]ー、 レ个、フヽ-⌒ヽ
            |\    /{( (__/ / 厂| ヽ \| /  ハ   ヽ
            |  \ / ヽ、」人     |  |   __」  / |   ヽ
           |\ヽ  \  ⌒Y レヘ  ハ∩ | //// )/        ヽ
           ヽ `丶、  \.  | |  └┘ | |   // //           |
         ____ヽ、___`ヽ、ヽ|_|      | し'´ ∠/           |
         \        / ヽヽ-、___ノ     //   , ----、  |
        _ `ー‐┬─'^ヽ   | |    ` ‐--<└‐ァニ/   /--'´
        |  | ̄`゙'' ┴-----L _Ll--- ..__     ` ーく   /
    ┌─‐〉 |         ヽ ヽ、     `丶、       /
    /  〈  |       ー─ヽ   ` ー──'⌒l ヽ、 __/_
  __|__  ヽ__」             \      //ヽ     \  ゙̄フ
  {   |   厂|     /      `ー─ '´/ /  ヽ     /   /
  レ‐  |   レ┐`ヽ、/           /   /   ヽ /\   /
  〈    ヽ   〈  //           (         ヽ    ヽ/
   \   ヽ   }  |         /             !
    |   ヽ   | 」       /   /   |     |  |  |__
    | / |   ヽハ     /    |   |    |  |-イ┌'
    ∨   |   ヽ \__/ ,、     |   |   /ヽ< tレ'
      ヽ   |    \    ̄  \__|------'´ __r'´ |_|
      |  /ヽ、___ `ー'´ ̄ ̄>  r─┐ /      ヽ
      しへ  /  \     `ー'´    ̄     __r─く
         `く      ヽ、____          r'     |
           ヽ、へ        }       __/   /⌒
               `ー┬──ヘ     _/ |  /⌒Y
                     |    〈`ー‐'´    | /   ヽ
                     |     |`ー─'ーi´    ヽ

490 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/23(日) 22:56:52 ID:XCbQlRMw [20/22]

    ―――  そして、ある時当時バラガン国・ヴァリス軍の最高権力者であるルチ将軍から、
          世界最古にして最高の純血種、真祖スカーレット家の抹消を銘じられたのです。
          これに成功したら、コッポラ家の名誉を回復しもしやらない夫兄さんが帰って来ても
          一切の罪に問わない恩赦を出してくれる、と言う条件と引き換えに……

                 _,,.. --──-‐ - 、、
             ,.-''´               `ヽ、
           _,ィ´                   ヽ
        __/`´                     `、   ♪めーいれーいぜったーい
      r/(r;ニニゞ ,r≦ミ、   知能指数         i     きーそくーはーいっぱーい♪
      7 /'-゚'彳 イr‐、}`       1300..     .. │    ヴァーリスヴァーリスヴァーリスー軍ー♪
      〈_ニ)_ヽ、 ノ ハ.ン′                    ,!
       ,三ラく/  lリL._                 /
       ノー'''"´ヽノリム   `ヽ、                /
       '彡イルリ圻 -‐┴‐- 、  `ヽ、         ,.‐'´
       /,  同|         \    ``''ー--‐‐'´
     / /Eヨ| |       l/  ,ハ 
    l. /   同|      l/,∠ ヘ.         だが、もし失敗した時にはその罪は贖ってもらう
    | /   | |  r'二>k─-、-、ヽ        心して掛かるが良い

    ―――  なぜそのタイミングだったのか……それは当主、ヴァキュラ・スカーレットの妻である
          カーミラ・スカーレット……そう、奥様が身篭ったと言う情報を得たからです。
          真祖の血を引く者は、中々子を為す事が出来ません。
          もし人間や他の動物の様に簡単に子を生み増える事が出来たら、
          この地上はとっくにヴァンパイアの支配する世界となっていたでしょう。


          , -r⌒L⌒」⌒yヽ 、
       _r─ ノヽヽ,_ _,ノヽヽ イゝ、
      rヽ, / /       `ヽ イヽ,
     r`  /  /λ    ハ ヽ、 ヽy i┤
     / ソ   /! !   / l  ヽ   l ,j
       i l   / i |ハ  /ヽ、,Vヘ ';_  i  |
        | !  |__」_.レ__ V   _レ_」_ル! | ! l   その時奥様が身篭っていた御子は……
        N、   N.rr--'、   ,.r-‐r: レノ /リ !
.      / } \ ト  ゞー''     ゞ-‐'厶イ ',ヽ
   r 、/ / Iiy}ヘ""    '    "",イ{Iy}  ヽ\
   l !`ヽ./__.{y'} > _  `´  .ィ' !y'}ィ;、ト、>'´|
   l レ'Y´j\Iiy} ト ┤,≧‐≦´ | レ{Iy}/>'´_|
   |.' / コl_ヽ<フイ、\__Y__/,>}i水{´  _|
  〈  / )|  `ハ!|::::::::ヽ∧ ∧'".:::: lヽリ、_>´∧ノ
  ∧  <_}r!ー┤|:::::::::::/ Y ヾ::::::::::::V´   〈_丿

                  ト、
                  |::ハ
               ト、 //:::'.
                   }::l:\::::::l   -─‐- 、
               l:::|::::::ゝ'´        `丶、
               レ⌒ト、, -─-- 、_    \
                 /. : : : \` ー─イ-ァ 、\   l
                   {、: : : :イ >ー‐┘ハ   トVヽ_ノ   私。ですね、解ります
               ト、: :{ j  { (  }  }  く、  \
          ヽ、 r、  ∨: : / ニミ、 厶升  ノ }ト---ヽ
          ‐-ゝ} ヽ、`ー ハト,代:ソ Y´芝ケ  イ (_ r‐ '´
           ニ 、ィfて   ノハミゞ  '_, 彡イ ハ ヽ、
             Y´{ソ   乂从>ァ‐く( (从(八 ノ
                | l  r─<⌒}}'´j ノ>rfテ- 、
                |  Yて、  fテ_rfvく  rテ   l
              / '、  _ 乙  /∠:U::ヘ> ´   ` '、


           第二章二話      追憶 II    了
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。