--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫は忠誠を尽くす事を誓った様です 第二章三話 追憶 III

2012年07月11日 22:39

515 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/25(火) 22:25:29 ID:XmncGgR2 [2/25]


            ――― やる夫は忠誠を尽くす事を誓ったようです ―――


                    * 第二章 三話 追憶 III*

516 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/25(火) 22:27:48 ID:XmncGgR2 [3/25]

    ―――  純血の吸血鬼は、この世界に生きる全てのものの頂点に立つ存在です。
          しかし、真祖と呼ばれるツェペシュ家の血を今に伝える血族は
          ベルンハルト家、マキシモフ家、スカーレット家の三つしか残っていないと言われています。




                         _,,__
                   _,,.-‐'''"゛   `'-、_
               _,,.-',"-''"  _,,...      `ヽ、,,__
             ,r''",.-'"  ,.-'"   ,.- _,,.--‐‐、,,--`''-、
             ,r' ,.'"  ,.-'"   ,. '" ,.'" _,,.-'',7 ; 、ノ゙'i.l !、
            /,' ,'  ,.r',..   ,.:'"    ,r'"  /;' ,ノ,/ ,イ' } ゙ト、
           //,.'  ,. ' ,.'  ,.r'      ,.';'"  ;' ,' _,r'',ィ'" l .)'、,'>`'''ヽ,
         /./,;' ,:'  ;  ,r"     , '  _,,.r‐,'ニ,-ィ'^゙i,.!,ノ,,r‐'''",.ノ イ
         ,/,/'" ,;' ,. /  /     /_,.、-"''"i"ノ'"     "'i,r''",.,-'')
      _,ノ'"  ,.'",.' / ./    _,;'ィ'" ,. `''/       rシィ'", ' ,ノ
   _,.-‐'"_,.r'  ,:' ,' /:' i'    ,ィ'"/ ,r'" ,.-,ノ `'-、     / i ,.'  ,/
r‐'",r‐ァ'",r' ,.' ノ ,ノ,.;' i  ,. ,/! ./ /,;',' ,./ 弋'ー、,_ヽ,_  ノ ノ;' /
'''"~r'"/ ,r'" /  ,r'" i' ,:'; ,/ ,l { (,'/,!、,,    `ヾシ`ヾ!' _,,,..!,'; ;'!
,r''"/,.r''" /,/ ,.'   ! /;/  /; '; ヽ,.)-'",ノ     `   ,riッく l ; {
_/,.'"  ,;'",r'/ ,.'    /!;',l'  ,:' ! ,>" ./           i`'i'゙  ト、 `'')
 /  _,,/. ,;' i !;'   ,.' ノ_|!_l  ;' /,r" ,-'(          l ノ`';' l `';/
,.-イ ,r'_,,-ト'ァ''  ,.:'".ノ'" ,ィ"`i / ,/.|  }    __   ー__,,! / ,! ./、_
-‐''i `ー'"  ,.,'" /  / | .l/ ,.'/  ノ ノ       `''''=ニァ' , ' ,ィ !  ヽ、
  ヽ、___,,,,,,r' /   i'  l  i. ;'_,!_,rシ'^゙、::::....     `"'/, ',r' / l i     ヽ、
     ,ノ/    ,i  l  l'",ィ'^lヽ、 ` 、::.    //ィ / `''-'、, !      ヽ,       、
     rシ"     i   l  l'".l  ゙i '、   ./`'-、,ノ,',ィ  !.   /^i|,ヽ,     '、      ノi
   rシ'        l   l  l,. |`''-、'-、_ヽ、 |::.  _,,. --`-|.  / .!|l':,. '、      `-、,,__,/ ノ
.   i {      l     .l   l `i>-ニゝ,`ゞ、!: /~ ,.ベ, '、 !. /  i.!' ; l゙i      _,,-''" ノ
   !゙i      l    l   ノ !'"-‐ニ='-`ゝ! <ト<=ニ ン ゙i/   !! ;'ノ,!   _,-‐''"___,,、-'"
.    i }     !     '、/ ,/   ,ィ"_,-'" `i. ゙iヽ,___,,`ヽ ゙i    '、ノ/,、'",r‐'''""
   ノ,!     i      / / ', / `"  ァ''ノ l,_`i''ヽ`ァ,!. } .,、  '、'"<"
ヽ,r'ノノ       !    ノ ,/  '/   ,r' /゙i,ノ| )ヽ、ヾ,ノ | `>、  '、 `ー、





    ―――  お嬢様の御祖父、ヴラド候の本名はヴラド・アルカード・スカーレット・ツェペシュ。

          またの名を、ドラキュラ伯爵。伯爵位は人間であった時のものです。
          ”ドラキュラ”とは伝説の幻獣ドラゴンの子、と言う意味でヴラド伯の強さから付けられた渾名です。
          元は普通の人間でしたが、今より五千年前に人として一度滅びた後に
          何者かとの契約によって史上初の吸血鬼として復活し、妻アマンダとの間に三人の子をもうけました。

          つまり、お嬢様はまさに真祖直系の血筋なのです。

517 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 22:31:42 ID:XmncGgR2 [4/25]

    ―――  ですから、吸血鬼に限らずモンスターをこの世から全て抹殺するべし、
           と言う過激な教義を至高のものとしたルチ将軍は純血種スカーレット家を断絶させ、
           ヴァリス神と自らの威光を天下に知らしめようとする意図だったのでしょう。

           ルチ将軍の指令を受けた私はお目付け役のニンジャと共に
           ファランクス王国へと潜入し、街へと用足しに出た帰りの
           ヴァキュラ・スカーレット卿と対峙しました。




                         , -r‐ァf⌒Tヽ、
                        /rイフ'ー'^⌒`ヾニゝ、
                           / 〈ソ´   !i i l  `ヾン、
                       -ニ二 イ i| i从」|__j  l l !ヾイ
                    =ニ イ l | | ィ斥ミ、|`/ //│l
                         // /,へl ヽ〉ヾソノ レ' //' / |ト、_
                    /イ !ヾ心ゝ、>   レ'ィハ)/ ,リ三、
           , へー──''´\_│ |  }ートY〉  _ '`T/、/、\    ヴァキュラ・スカーレット卿でいらっしゃいますね?
  , <  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \        \ヽ \ヾ{〈Y〉、   `/lY{イ|、ヾミゝ  ..崇高なる我が神ヴァリスと、我がコッポラ家の
/      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 二ヽ  \〉`ヾゞ、Y〉、/ ̄ヽ ヾrハ、\j」   名誉回復の為に貴方を抹消させて頂きます。
!               /:::://::::〉 |::::::::/`メYハ`ゝノ⌒)、Yハーァ !
ヽ   _ヽ    ト、   l::::://::::/  }:::::::ヽfイ从〉 }ヾ'´ 〉|イTくV   ……ご心配なさらずとも、貴方の奥様も
   ̄    \!   |ィl   |イ \::/、\ |::::::::...| /Vヽj/` ̄ヽヽリハj    お腹のお子様と共にすぐに送って差し上げますので
         l  !:::l   ' \ ヽ  \! j::::::.....∨............ヽ::..........\、
          ′ ,'´/  /   \ ト、  \::::::::.......................i::..............lヽ
         /  / /  / \   \l\   \::::::::.....::....:.....i::......:......:! ヽ
       /, ‐/ /, -/   Lヽ   \j\   \::::::::::::::::::;::::::::::::::/ /
        〈_l,ノ 〈_f/        \   \:\   \:::::::::::::::::::::::://!
                         \   \:\   \:::::::::::::::〃  l
                         \   \:\   \:::::::::ヾ   l
                  / ̄ ̄,二l\   \`'' ‐- ゝ─、j  l
                  /  /   〉ニ`'''' ‐- ゝ二 三 ニミ〉  {\
                 /  /   / ノ/ィ彡イ: ̄ `ヽニ 二ニミ〉  lヽ \
 __             〉  /   /  /j//::::   ⌒ヽ \二`ヾ〉、!ヽ`く
 ヽ、   ̄\       〈   /   /  // /::::::::        \  ̄`ヽ」 l\ 〈
 〈 /`ヽ _ `二ニニ二`/       , ´ | ::::::::::::        \ \ `ヽヽノ  ___
 ノ/  /   ── '''' 二ヽ、   /  l/ ::::::::::::..          ::\   |  ̄ /  ̄ `ヽ
 ゞ  /  ──   ̄   / | /   /   ::::::::::::::..         ::::::\  ヽ      /  ̄  \
丿 /      _ 二´-‐'' ´    /    :::::::::::::::::...          ::::::::\  \ /




  ∠ ̄丶
 ~|/゚U゚|/   激しくお目付け
  / y⊂)    周囲は抑えておくからGAC
 (ノ〉 ⌒i
 /(_ノ^U

518 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 22:34:17 ID:XmncGgR2 [5/25]

            ,、‐ ''"  ̄ ``'' ‐- 、
        /イハ/レ:::/V\∧ド\
       /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
     ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
     /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
    /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト
      /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K
        ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|                        ブラッディ
          `y't     ヽ'        //    へえ、キミが噂の最強ハンター、血塗れのアナかい。
         ! ぃ、     、;:==ヲ  〃     ..二つ名だけ聞くとどっちが吸血鬼だか解らないね
         `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ
              `i;、     / l
                〉 ` ‐ ´   l`ヽ
            / !       レ' ヽ_
         _,、‐7   i|      i´   l `' ‐ 、_
     ,、-‐''"´  ノ,、-、 / 、,_ ,.、- {,ヘ  '、_    `ヽ、_
   / i    ,、イ ∨ l.j__,,、..-‐::-:;」,ハ、 '、` ‐、_   ,`ヽ
  /  l ,、‐'´ // ',/!:::::::::;、--ァ' /  `` ‐   `'7゛   ',
 /   l  i  ´  く   ';::::::l  / /         /     ',



    ―――  ヴァキュラ卿はどう見ても少年としか思えない外見でしたが、
          同じ様な吸血鬼を数え切れないほど倒してきた私に油断は有りませんでした。

          しかし…………



                             __,.-、ィ--、           問答は無用。
                           rヘ´ ヽ ハ  / ̄ヽ、        いざ、参る!
                         _rヽ_,.ゝ-─'='─-、イヽ、ヽ
                         'γ´          ヽン、
                         , '   ハ λ  i  、 Y .',
                       /__/ メ、!イハ,!-イレゝ、i  iへ                    __ __ _
    ─二ニニ==____  _  ̄,ヘi イ !i_ソ   じ_ソ Yン  ハ  〉:::::::::::::::::::::::三三三二三二ニニニ── ─ ‐
       ==ニニ二二三三三::::::::::::「 レy7" _' __   "iY i  〉フ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;三三三三二三三二二─
            ̄ ̄ ̄==≡三:::::::7_/(Yヽ、 i/ 冫  ,.イン ハ イ 7:::::::::::::::  __──__ ̄ ̄ ̄
                 ──ニニ:::ヾハiンル>rーァyTyγ::::_Y,、,へ ̄ ̄
               --  ----─ニ ̄}><{γ/ヽハ/ }><{ ヘ  \::::::;゙ー---ァ二=―――-‐
                   _ ___レ'   ̄7ム  ̄ Vゝ、  >;;;;:::::::::::::::::フ
                           _,.イ::∧      l i|:l:i|!il:i|:l:!:::::::::( ___ __
                   _  ─‐ ──<::::i:::::::>―|ト--:il::i|:l:i|!i|l:i|!;::::;;;;;;;::〉
                            L::::::::::::|:::::::i::::;i:::ヽ::i;:lll!::::|||!;;;;;;;;/!
                              ̄i::::::i::::::|;ィi|liリ::il::;ll::ii|:i:lil!""!|
                              ゙-|--イilliil/ ̄ |||:||:|:l
                                    ゙ー!´    ll:::i||:|!
                                         |:|::l:!|
                                          |:||!!:
                                           l iil!
                                           ||i!
                                            |l

519 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 22:37:25 ID:XmncGgR2 [6/25]


  |:::::::::::::::::::::::::::,.::,',':::::::,,:::::::::::, ノ.|::::/. .!、::::::::|!::::::
.  |:::::::::::::::::::::::/'':/:::::,'',',i'::::::,','/ . |:::!. . .ヽ:::::::::|`、:::
  |::::::::::::::::/ ,','::i:::/::i':|::/i''. . . .!::|. . . ヽ:::::::|. .`、
   !、::::::::i'"::::::!__|:/;;=ニ';|'-;;;'ニ_;_;_;_!|. . . . ヽ:::::| . . .
.    〉i'|/ヾ、 ` ̄!' ,,.-==ニニニ=-.、`"':ー- .ヽ:::| . . .
   ,' /ソ入'、   ゝ  !:::(  )::.!`'ヽ. ::::ヽ .:ヽ| . .    ふうん……そんなに死に急ぎたいんだ。
   !、 / ハ    ' , ヽ:;;;::::;;ノ  ,.    `. :`!、
    ヽ`ー、`'ハ.     ` - --- ‐ '             じゃあ、逝けば良いと思うよ
     ヽ、ヽハ       "''''' "
      ヽ、,,-;
        ,,-!,               .i| ..



    ―――  ヴァキュラ卿の姿がふら、とブレたと思った次の瞬間



                        ピキッ                ):::::≦  ̄
        「ヽ r、r, -─- 、 ,ヘ                    ノ:::::r 、
       ト、 〉、/´        `く_/⌒ヽ               /:::γ   \
       入 Y        }| ハ   __j        "   '   }::::::/      '
    __ ノ  V /イ メ、   /|  j´ ̄ハ                 /:::::::1   "
   / _. /ー1/,ゞミイ \     テニー' ト、             イ::::::::::N
    ̄   '   |<r少リ   ハ   /ゞ、乙ソ  \        イ   レ:::::::::::::'ー ‘   ゙
      {      ハ /〃  ∧ >イ  } \ゝ -- イ //   /⌒ '" 、:::::(
      |      〈Y レヘ / 7'`Y   ハト、  ー ニ二 ノー 、   '   }}::::::て
      ヽ、ー -- ヘハ|{「j /イ   | 、  ノ ヾ、 \    , -  ヽ 人ゝ-イ::::::Y  ,
       ___\_f´ Y 乂 从{  ハ \ ヽ  ハト、 } ̄ ̄    `ノ ヘ、:::::{}}:::γ
      /:::::|r‐'  ナ'ー/ ´丁  {{    ヽ \'. } lリ   ノし'て ィ 'ノ:::::::::::( ’( };
    _`ヽ::::}ー、ノ´ 〉-'   ゝ、 ハ、   ト、 }l /  /::::::::::::ゞ '::ー::::::::::::::::::て j     ……え?
   / /  `}_r,´ ´ ̄ ̄ く:::::::::::\八 ヽ } ヽ|  / - 、::::::::, ⌒ ̄ 、::::::::::::::::{
  { イ  /  l       \::::::::::::::::`Y リ   / '   ノ:::::≫   ノ::::::::::::::::::7
   ヽ{レ´   /|       、 > 、__,ノ、:イし'  ,’ /⌒   ` ゝ::::::::::::::::::(
   ノ   r':7⌒ト、      '.        ハ:::{     '        イ::__r-,:::そ
  /  r=':.:.:.:.:/:::::∨     }      __}─‐- 、    ’    _ }:ノ,ヘ V- 、√ `
    厂:.:.:.:.:/:∧::::::∨ 、   、    /  >┐::::}ヘ     , "  ゝニ二ミ ヽ、/ メ、
    L -─'"´ '.::::::::\ヽ   ヽ  /___//ー'-く  '.        7ー‐┐` j:(  '
             \::::::::`::Y    {  ヾ、     `ー--  __,/ r'"´ ' /:::{´'
            ヽ:::::::::L,.> '´ヘ、 /、,_             ,  ´   `ヽ、
             '.::::::::::::::::::::::::::::〉、{_/  エ ァ┬─‐ァ-- ,__/--   、   \
i                \:::::::「 ̄ ̄`丶、,/ `∨ノ __/ ,....::::´ ̄`丶、:::::::\
|                  \::∨      `ゝ、ノ=──:'´::::::::::::::::::::::::::::丶、:::ト、
|l   "             '.:::\   r'´ , -ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\}__ ̄`,
i! ,.  '    '      ,  <}:::::,.ゝ    ̄   } ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ}::::::::::::/
、 ノし' 、 /  '    //乙Y/厂⌒:L     l '.::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::, く
::::::::::::::::Y     r'´)_Vノ,イ/::::::::::::::::`丶、  }、 ト、:::::::::::::::::::::> ´   !::/  `丶、
::::::::::::::::(       L_んイ}/::::::::::::::::::::::::::::::

520 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 22:40:00 ID:XmncGgR2 [7/25]


    ―――  私は全身に痺れた様な激痛を感じ、倒れ臥しました。


                               r―/ ̄>―-、
                             /!{, -― 、__   ヽ,
                            ,  ´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  ヘ
                         ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:i.:.:.:.:.:.:\  }
                         /イ.:/.:.:./:∧.:.:.!.:.:',.:.:,.:.:.:.:.:\ ヘ
                          /.:.|.:.:/|/ ヽ、トtr-、ヽ.:.:.:,..:.:\ }
                          !.:∧/ィァ、  ,rt- 、ヽ.:.:',.:.ヽ.:.:.:ヾ.
                          |/  >!iり   弋り ヽ:.:\.:',.:.:.:.:.:\
                   ゴフッ     .(.:{        (.:.:.:ハ',\ヾ`ヽ)
                            (.:.:ヽ、 ┓   .(.:.:,イ ヾ:/
                          ヾ ̄`⌒´~ヽ-r―<{.:.:.i'
                          ヽ/ーf、_ノ:、ー--} ̄⌒´_{
                           rYrっ}:::::::(゙、゙、ヽ'7ーヾ-、_
                           Y、∨:::::::::::(゙、゙、::::ヽ.:.:.;}| ソ
                           /j ヾ::::::::::::::::(゙、∨/>j::::l イ
                          \:::::::::::::::::::::::::〉゙、V /:::::::ノ
                           /し__:::::::::::__ノ /〉゙、::::_ノ
                           └-レoLL|  ィト-、ーY"  } 
                       _rッへ、_.`┬|" ̄ | ニ) )ニ  }
                   ,.r-ァ'ニフ"    `ー-|   レ'7(へ`ー<


   <ドサッ





  ∠ ̄\∩ は…激しくありのまま 今 起こった事を話すぜ!
  |/゚U゚Lノ  バラガン最強のハンターが攻撃を仕掛けたと思ったら、
 ~( ニ⊃  あっという間に血反吐を吐きつつ地面に倒れていた……
  ( 丶/   催眠術だとか超スピードだとか
  ノ>ノ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  UU     もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

| 丶
|゚U|
|y二つ 激しく逃走
|ノ
|

|)彡サッ

521 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 22:42:25 ID:XmncGgR2 [8/25]


    ―――  何が起きたのか、何をされたのか……全く解らないまま、私は絶望と苦痛に喘ぎました。


                /'7' ,u  /  ,   ヽ  ヽ、   ヽーニz_
             / ././   ./   .l  u ヽ  ヽ`ヽ.,_ ヽ ヽ
                し.ノi i   ,ァヘ   .lヽ__   l   ヽ`ヽ、  ̄ ヽ  ヒューヒュー
                /|.l  l 」‐zヽ  lzt≧、  l   l,   `ト、  ヽ
             _/>=iハ .l lcVリ`ヽイ .it心i、 ',ヽ  lヽ  l
           ,ィ'´ .、 ヽヽヽ',.u ` u `c./>、', `ヽ l ヽ .l    ゴホッ……そ、そんな……
.        /    '一--=ziヽヽ  ┓ _,.ィ<__ミz--{  lヽヽ   私…が……何も…出来…ないなん…て……
         ヽ、       `¨,フ'´`i_        ヽ | 
            `ーz.,_       i  i´  ヽ、       ヽi 
              `'ァ-z-._」  ∧    ヽ        ヽ 




               __ヽ、 |!__
            _,.-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::`丶.
            ///l,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
          /レ' ヘイ//レ' ivl::::::::::::ハi\}\:::ヽ.
        /::::::://::::::::::::::::::ノハ!:::::::::::|,ハ l\ ト、}::::ヽ,
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l!:::::ヾ:::::::::::::i
      /ィ:::::::::::::::::::::::::::::::, イ:::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l
    '´/:::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::li:::|ヽ、:::::、::::::_:::::::::::::::::::::::::|
     l':::::::::::::::::::/|:/i:::/  i::|゙V   \:::ハ:::i ヽ::::::::::::::::::::l
     !/| ハ:::::::::i l! |/   リ     ヾ ヽj  ゙リ、:::::::::::/
        !ハ:::|V  _,.-‐、    `  ̄`゙二ー‐-、  i::::_;:/
       rヾ! ,. ´,.r=,ミ.ヽ      'l´ト‐i`ヽ  |:/r'´゙l
       ヽt゙、  i r'::;リ        ゞ='-'    リ tヲ/
        \ヽ. ` ̄  ,     〃〃 !   ー'ノ   やあ、まだ生きてるんだ、すごいすごい!さすが最強(笑)
          ヽ_i   ''"  '、           /ー'"    でも、苦しそうだね。楽にしてあげても良いんだけど、
               ゙.              /       せっかく新鮮で栄養たっぷりな若い女の子なんだし
               ヽ、   ゙、二フ    /!       死ぬ前にちょっとだけ妻の栄養になってもらおうかな
              丶.        /Vヘ!
                > 、.   _,. '"  |`ー-、
              / |   ̄      |、ノ  l
             /   ,|        /   `}__
            ノソ   i !         /     ! i、
        _,.-‐'"/     !      /     l  `゙-、
    _,.-‐'´  / /゙!  /_      i r‐‐、   |       `ヽ、
   /´      /  ,∧  |、 ゙ヽ  _,.-"| !  〉   i         ゙‐、
  ∧       '-ィ"´  〉 |:::i  _____,.ィ'l   \  |、         ゙ヽ、
 / ゙l   ,.-‐'´   /  l:::`::´:::::::::::八      \! \          ゙、

522 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[] 投稿日:2010/05/25(火) 22:46:25 ID:XmncGgR2 [9/25]


                /'7' ,u  /  ,   ヽ  ヽ、   ヽーニz_
             / ././   ./   .l  u ヽ  ヽ`ヽ.,_ ヽ ヽ
                し.ノi i   ,ァヘ   .lヽ__   l   ヽ`ヽ、  ̄ ヽ  カハッ
                /|.l  l 」‐zヽ  lzt≧、  l   l,   `ト、  ヽ
             _/>=iハ .l lcVリ`ヽイ .it心i、 ',ヽ  lヽ  l
           ,ィ'´ .、 ヽヽヽ',.u ` u `c./>、', `ヽ l ヽ .l    ふざ…けるな……
.        /    '一--=ziヽヽ  ┓ _,.ィ<__ミz--{  lヽヽ   今すぐ…殺せ…!
         ヽ、       `¨,フ'´`i_        ヽ | 
            `ーz.,_       i  i´  ヽ、       ヽi 
              `'ァ-z-._」  ∧    ヽ        ヽ 




                           ヽ.  ト.
                   ..-──── -、 }! /:::!
                . ´.::.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.::.:.:.::.:.::く::ノ__
                /:::.:.::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.::.:.:.::.:.:.::.::.::-:.:.::.:::`ヽ
              V .:.:.:.::.:.:.::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.::.:.::.:.:.:、.:\:.:`ヽ⌒ヽ
               7 .:::::.:.::.:.:.:.::.:.:::.::.:.::.:.:: / .:.|.:ハ::.::ヽ:.:.:.\
            ′..::::.::.:.:.:.::.:.:.::.:.::.:::: ./ :::::ハ!  !、:ト、:\:::::'.
             |..:.:.::.:.:::::::::::::::::::/::::::/ :::::/ i  | xィト、:::!\!
            !..:.::.::::::/.:.:.::.://:.://j_:/__ '′ 'x;=v! }ノ
            !:.:.:.:.:. ':.:.:.::::::// j/ィ i/=、`   jr}i!
              ' . ::.ノ:イ⌒イ  /  ィjr}       、!
             ヽ:.:. f rへ|      `´      . 〉    却下。
               \\ー 、             _ /    じゃあ、ちょっと我慢してね
                     ` ー:へ           ´ .′
                   ノ::从 ` .        /
            _ ..-────―┐` ┬一'___
             「:::::.:::.:::.:::.:::::::::::::::::::::|__   ト、:::::::::::`7
            ヽ :::::.:.:.:.::.::::::::::::::::::: |ノハィ  \:::::/
              >ーァ … :::::::::::::::ヽノ: ! ( ノ:::{__
               /:::/.::.:.:.::.:.:.:.::.:.::.:.:.::.:i!:: \  ̄!.:「「l ト.
           .′:'⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!:.:.:.:.:\.ト:! !:/.:::}
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.: ノ⌒ヽ.!!_:./
          i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\.:.:.:.::::.:.::.:.:.:.:.::.:.:.し' ̄__\j!
          |::.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:Y´,.- ヽ
          |.:::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:!:.〆:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.V ィ:、 |
         ノ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:./:.:.:.:.:.::..:/::.:.:.:.: し'l!!::| |
:.:.::\ー一…'´::.: |.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:/..:.:.:.:.:.:.:/.::.:.:.:.::.:.:/::::i!!::ト  'ヽ
:.::.:.:...::.:.:::.:.:.:.::.:.:. |.:.:.:.:.:.:..::.:::/ .::.:.:.:.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.i! :.|   i
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:. / .:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.i! : |   |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:「.:.:.:.:.:(::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/イ .:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.i!:.:小   ト、、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :イ.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::./::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:i!:/ | !   !::| ト
一 … ・ ´ /.::.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:::/.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::.: i!:.:| | !   V| |::::::〉



    ―――  私は殺せ、と訴えましたが素っ気無く退けられ、彼は私を担いでお屋敷へと飛立ちました。

523 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 22:48:39 ID:XmncGgR2 [10/25]



    ―――  そして、お屋敷に着いた彼は、迎えに出た妻……カーミラ・スカーレットにこう言いました。




                _ -‐‐:::'::´:::::‐.-..、
                ,. '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            l:::::::::::::::::::::/:::,イ::::/!::::/!::::::::::::::::::::::::::',
            !::::::::::::l::イ/l:::/ l::/ l::/ l:ハ:::::i::::::::::::::::::::l
            ',r-、:::ハ!‐‐レ'- l/_ l/ リ !::ハ:::::l:::::::::::::l
            {l´リl:!  ィ'ftヌハヽ `  , --レ...l:::ハ::::::::::トi    ただいま、姉様。
            ゝ(}リ    ゙‐′    ィ坏メ`lメ l::ハ:::::l     お土産を持って来たよ
           / ハ |_          ゙‐' ' /yハ/l/
            , イ /  lヘ        ノ      /ノ
        / l ヽ | ' ,    、_       ,イ゜、
      /   l  ヽj   ヽ.    ー ´   . イ/ l ヽ、
     /     |   ト、   ヽ . __ . ィ ´ ,r'カ  !  ハ
    /         l   l ヽ,__   ,イ// / l  |‐-イ !
    /       /l   l⌒ ト、ヽ、_/:/ ゙>/  `ヽj   l
    |-‐ ‐- 、  / l   ,.ハ  t__`:ー':/.//        l
   l     ヽ/  l_,ィ′ ' ,  `V,イ/       / /
   l  l  ヽ \  l   ' ,   /     / / イl
   ト.  l   ヽ、\ l|    lァ'´ i     ,イ /  リl
   | l  i     ヽ ン!‐‐-ィ7!  l    //   / !
    ! |  l      \ハ   / l /    .ィ′    ,'  l
   l l  ',   ヽ    `l   l lノ   / l          ノ
   l l      ヽ  ヘ〉 .ノ くl_ -‐‐' 人     /
   ヽ!        ヽ l ̄   | ` _, イ`}|ヘ---イ
    ゝ、__       ヽl    |='ニソ´ !l      ',




    ―――  そう、カーミラ・スカーレットは彼の妻であり、姉だったのです。

524 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 22:51:00 ID:XmncGgR2 [11/25]



        ,匕_    ん--、   _∠´:: ::ノ) `ー、{_
       ./:: :: ::`>-、_{,r-'"ヽ、_,r'´   \/_,rz--、ヽ
       {、:: :: /;    ,  、  ';  ',     ',::://´
       /-'::{ ;  ;  i  ',.',   ',  ',  `、 ';::>   私のお父様とお母様が、姉と弟……
     <_;;_;;i i  ',  '、 _,,斗-,-.i   ',   i  |
         `i ', .,--,- ヽ,ノィrt‐ッァ  ;'   i  |
          .} ', 、ゞf゙'i、_ヾ ゞ=彳  ノ.  ,'  i     ……じゃあ、私は……
、-、-、_      i ∧、ヾ¨'!    ∠ィ,ィ´  ./  i:i    実の姉弟の間に生まれた子、なの……?
、ヽ,\\i   -=彡 i `ト、  ,. _ ー=彳'   ./i  i ',;'、
__`ヽ   \  ./| ,、 i、、 ト,> 、, .ィ´/   / i  ', ', ヽ、
`ヾニ__    V/∠ィ V::/リ、ゝ 厂:7'/   /i .|i  .', ヽ、_ュ_
    ` -.、/: : : : : : ::| i  ;' /:"/, '  , /'i i 〈i ;  ', 、  `i
      弋、: : : : : : ノ, _,.ィ: :;.', ' _,ィ/ ヾ、_'   ', 、ヽ ./
       ∨=、_;;ア-イ<: : : :/;イ,r'" . リ ⌒-、_t `、  i  i/i |
     ,、  .i   .V:_:_} 〉: ::/ レ|! 厂(⌒yrv、)_ヽ、-V、r'弋_`ー
    ./: :`、ム__,,--.'-ァ': :;'   __7ァ´    Y) 'v   `ー、t




                                              __, --―rー-、_
                                            _/´ ´    (   7´`ヽ
                                          r ´ { _ ゝ-<  ̄ `-、ノ    ̄ヽ
                                         /ヽ /  / i  ̄ 丶 `ヽ /   〉
                                         >、// / / \ \ \ \ ´`ヽ
                                        >'/   / // i  \ \ ヽ  ヽ  〉
                                     ー=彡 /  // ,イ  i \   \ \ ヽ ヽ lヽ
                                       / / /  /l / ! | ト、 ヽ  ヽ __ヽlヽ ∨ !
                                   .   / / / -- L_ | ト、 ! \ヽ斗 千、ヽ ! \ヽ ヽ
                 ……はい、その通りです。     / /! /|  ∧r=ャミ、! ヾ!  `yィテ示7ヽヽ \ ヽゝ
                                    /  |/ ヽ ! ! ゞニ>       ゞ- ' { ヽ 〉 \ ゝ
                                          /ヽ! ∧      ,         ∧ / ,.イ \\
                                        /ィ ∧ _ ゝ、    __    ,.イ  〉´  〉   ̄
                                          レ〈/ ,.イ__>- _ ,.イ  〉 ! // _
                                      __  〈  |//∧    ノ::::〈_,.イ ヾレ',.イ´::
                                      }  ヽ/`X_,.イ__::ヘ  /::::r- ∠ 〉、ノ ノ::::::::
                                     ノ _>、 ゝ _/ /::/ 〈:::::::∧  Y /-イ:::::::::
                                      ̄ / /`ー<__/::〈___!/ 〈_,.ィ `ーイ´ ̄`7
                                      イ/  /:::::::::::::::::::::::: ̄\ /`7ーr'、  /
                                     __ノ _,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y / | |::::: ̄

525 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 22:54:02 ID:XmncGgR2 [12/25]

                _     _
             へ< ヽ  |  ̄ /   7
             へ、> - ┴ ─-- 、_  \
          /: : : : : : : : : : : : : :: ̄: : : : V |
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Vヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:V|
        /: : : : : : :.:./ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : V
      /: : : ::イ: : : :.:/ /: : / / / /: :| |: : :::|: : |: : :!
      /: :/ /:.:.:.:/ /.>A/|/ /| / A <|: : l: : :|    しかしお嬢様、それは仕方の無い事なのです。
.     |イ  /: :/ノ/《 トイ!ト// イトイ! 》 /:.:.:.:l   
      //イ: : :.人ト, ヾシ     ヾニシ (_ノ/l    なぜなら純血種の女性が純血種の男性以外と一度でも交わると、
    /: : : : : :.:(⌒ノヽ    丶     (_ノ: : :.l    二度と純血の吸血鬼を身篭る事が出来なくなるからです。
   / __: : (⌒ノ: : ∧     . _    (_ノ: : : :l
  /イ  |フ⌒ノ ̄: : : : : : :.> ._   <(⌒ノ: : :.:/
    < ▽_,.イ/_.ル乂 ノ>ーへ(⌒ノ: : : :.:/                           ヴァンプリサーチャー
     ノ/⌒ /イ ___,. イト、/^Yへ彡'ヘ__/       ……そして、強力なバラガン教国・吸血鬼捜索隊の
          イ|:|   /< / ̄/|    ノ,ト、__     力を持ってしても、千年近く前からスカーレット家以外の
         /;;;;;;ヾ,、 <__|Y/-/./   //;;;;;;;ハ    ..純血種族を今現在においても発見出来ていないのですから
        /;;;;;;;;;;;}.}    / 7 /    {.{;;;;;;;;;;;;;;∧   ..
       /;;;;;;;;;;;;;;;/    /_| /      V;;;;;;;;;;;;;;;;;\
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/       ∨       V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{                   V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     \;;;;;;;;;;;;;;;;;∧                /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/





     /`ァー、
     .//:::::::::::\/>、
    |::||::::::>'-r'-< ̄`゙' ー- 、
    「`'ーく´  i    \_ノ`ヽ、_ `ヽ.
    ,!  、>'´ ̄`ヽ、/____   「ヽ、__\
   く\/          \__ハ    `'ハ
    `/  / /  ,  ,!      `ヽ.___/`ヽ.
    !   |  ! 、/| / |    ,ハ   ! \  ノ、
    `ヽノ  !イ´i>;、 レ'! 、/__」_ 八   Y  〉
    ノ! (,. へ.! ,!,_ソ  レ',!-‐',r、/\)  .|-‐'     ……なるほど、ね。
  //   `ソ 7"   .     ! ,リ,ハ/     ',      ..つまりお父様とお母様が姉弟で同衾したのは、
./::::/!  / !,へ.      `''",,! | i   ', ヽ.     真祖の血を護る為でも有ったワケ、なのね……
::::::::/ |  i |  /`>、 `   _,. イ ! ';   !   )
::/  '、  ソ|_/」_,,.イ`Tこ,ソヽ | ,'  !  ,ハノト、    ..ねえ、咲夜。一つ聞きたい事があるの
'  /  `ァ'´   、 !  ヽ,ハ  !`' ー-'、イ / /|::::ヽ.
 ,'    /     ∨ヽ、/八_/  、i   ヾ  / !:::::::::';
./  rン       |   ァ'_つ___ Y  __Y   !:::::';::::i
    ,ゝ、__ 、_  _, 〉 /  _,,.. -ンr‐'´‐-`ヽ |:::::::i:::::|
 //  `ヘ/ ̄ `'、| V    _,,. イ `,ー=-  ||::::::::!:::::|

526 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 22:56:27 ID:XmncGgR2 [13/25]


        _r-、r⌒yヽ_,.、
     _,.rY' __,!.-─ 、__Y ゝ、
   _rヘ,γ´     `  ⌒ヽ!、
   く,_y'   i ___,./ ハ ハ   ',
   Y /,./  / !__i_ヘノ レ、_!_ ハ ヽ,
   ,イ レ.イイ.ト i`   ,rt、イ ハゝ
   /   ゝ.i  'ー'    ヒ_!!ハiイ|   はい、なんでしょう?
  ,'  /  (ヘ "    ` ,,. iイハ
  ハ  ハ   (yヽ、  -  ,.イ  !
   V レrー-、ン'`' ーr='"Yンヽハノ
     ,.イ⌒ヽ}><{ ̄'Y!ヽ}><{
    i/    レ L_くハ>」 Y >
    ゝ   イオ   ハ   〉ヘ


                                      ノ                               、
                                     /            -ーミ   '" ̄¨    、      \
                                     |  . :⌒ー--,x<            __\     冫
                                     ⊥/     /ィ//ヘ           //////)ノ ` ー-く
                                    ///>- ,    {'/////>    . :-‐.:⌒ <//〃     __ \
                                    |'/////// >-</: :  :`ー. :´: : :\: : : . \(__>く'///,) 〉
                                    {'////// /  /                 \    ヽ: : : : : ∨///
                                    >¬'/' /  '    {  \:   ヽ\    ヽ   :  : : : ∨\_
                                   / <'//{ {   {   :. \. ヽ、 ト、 、ヽ     :. :、  : : : }/>′
                                   `ー</∧ 〃 l |: 、  \ :ヽ }r―、-}-     .  :. :.  :  l
                                       乙l l{ :. ,_、_ \ヽ N八|__}/_ /   }:   : |    |
       ……お父様とお母様は、純血種を残すと言う  ..    : :. ヽ ', {ュ__、ヽヾィ/¨{ゞ::r゚/〉:   .: :  : l .  . }
           ... 義務感だけで私を生んだのかしら?      }八   ヽ {:r゚l\く`  `ニ"/   /: :  . : ; :  . ′
                                         } l∧ ヽ\`ニノ     /イ /./   . : /: : . : }l
                                        _ノ /:. ヾ\<\`       /イ/   . : /: : : : 八
                                ..         7 { : ',:.  ヾ;=-   ‐ - ー≠〃/  .: . : /: : : :{: { : :.
                                       /{八 :.\ :ヽ: >    ィ:::/ /  . : : :/)| : : :!: :. : .\
                                      /ノ/ ヽ:}ヾ\ヽ: : :/:.:7二⊥/./  . : ::〃:>:|: :. l : ヽ: . ヽ
                                     ∨ ̄::::::::::jハリ ハト\〃) / ノ: : . : : イ:l: :) |: :. :. : : :>--  、
                                    /:::::::::::::::::/::::{ 八_ //:/ ̄// . : :/ /八{:.:Ⅵ: : . :、: :\ : .   ヽ
                                  | く:::::::::::::::::::::::::::::::} : ///ノ  //.: . : イ:/ : :\:|: {: .  ヽ ヽ\: : : :丿

527 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 22:58:54 ID:XmncGgR2 [14/25]


                     _r ''~丁ニ=┐__
                rイヾ l   |   /~ヽヘ
                ベ    - ┴‐- </  `l
.              〈/ /         \ ヽ;k
              く 〃            ヽン{:'
               // / !    ヽ ヽ lヽ     V=ハ
              // l  ! l l  !  l !    Kヽ、}
              /リ  l  k、 !  ハj _バヽ ゝ}ハ/|     いえ、お二人はあの時確かに愛し合っておられました。
               イハl  人/'r,-,ヽハノ  少t;ァ!ヾ、ヽ,イ| |     貴女は間違い無く、お二人の愛の結晶ですよ、
                ヾレ'´ヽ{ ゞー''    ゞ‐‐'ノi /ヽゝ| !      レミリア・スカーレット様
.                 ゞ、{y}ヽ."" '_, ""/'´{y} l /!/ 
                    〉{y}/个 、.   イ厶 {y}.
                ̄{メ}.ヽ ヽr‐イ二´t仁}__{y}
                  {メ}   l:::} /  /ハ\ .{y}




.         /                    >'′
      /    __  >‐===‐く\⌒' <  __
     /    /     {  ,. -─‐ } ノ⌒≧=彳⌒ `ヽ.___
.     \  / ̄`ヽ.__>'′ :′ く___/─:、  }     >y
        \ \_ / ;    ,ハ  {         ; |  l \〈   , ≪  }
        /   }  :; -─ ァ‐:ト ハ      ;斗‐ 十‐-\/  }}  ハ___
      〈⌒ヽ イ  :;   /  |/ Ⅵ    / |  /∨  i    ヾ./ ヽ__
      ',   |  l:  /      } ;   /  ノ/  ∨  !   :,  》、_}
       ム_/ |  |  /´   `ヽ jノ}  /  ´    `_V |    : ″ /
      廴__》, :| 笊卞≡=‐z_  ノ/   z斗七爪灯} ノ   : //
           〃}人|,八{ 弋ュ__rツ`     ´弋ュ_,rツ ノ'  }ハ ; {     ……そう。
        〃     lヽ._ ///           /// ハ   ∨八     ありがと、咲夜……
        {{  ,;′!  ∧          ,        / ;} / //  ’,
        }Ⅳ ;{{. l  { ハ        _ _,       / / / //   :,
         || ∨ハ |  ;{  > .         ィ´  {  { ハ    l ;
         リ } 八|  ,ハ     | `       ´  |   八 ∨ }}  ;} /
          レ' 乂 (  > ' l           l` <  )ノ 〃イ /l/
           . -‐ '"                `  <  l/

528 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 23:01:36 ID:XmncGgR2 [15/25]


    ―――  話を続けますね。
          ヴァキュラ卿は、お屋敷に連れて帰った私を嬉しそうに奥様……
          カーミラ様に見せ、メイドの一人に言いつけて私の血を抜こうとしました。





,iillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllif;
.,illllllllllllllllllllllllハiillllllllllllllllllllllllii
,;illlllllllllllllllリハll  'lllハlメllll'llllllllllllir
;illlllllllllハlll'--lリ'  リ -ト-lリlllllllllliii'
..illllトlハl ",,..._     ,,..   iilllllllルi
. 'iiトii、 ,; ;''"`'''     '''"`''ヾ /ii"
 '{、<`,        ,      /"/
  `ヾ、_、    , _ "    ,//  さあ、生きてる内にちゃっちゃと抜いちゃって
     '\    ヽ、_ブ   ,/    夕食の時にデキャンタで出してよ。
      l゛ 、      /     僕もちょっと相伴に預かりたいしね
      |   ゛' ..,_,, r "
    ェ‐‐ー-----―rl、
   /_,,       `ー- 、
   ノ   '''¬- 、..   √7
   l"       ヽ   〉 |
   /         `ヽ,くヽ,,L,,__
  l      _,,_ , y ^ \\  /
  ,,     /    へt-,,,._ ヽヽ/__
  ,"    /         7「 ̄;;;;`l
  l    ,     \   | 'l;;;O;;;;l
  '    "       丶  l l;;;;;;;;;;;;l
  ゛  /          \/;;;;;;;;;;k'
  ゛  ヽ、          へ,;;;;;;;; >
   ヽ   `、          ゛ゝ;;;;;;",,






    ―――  その時にも、まだ私は意識を繋いでいました。
          ..常人であれば激痛で失神もできたでしょうが、皮肉にも鍛えられた肉体と精神は
          ..意識を失うことを許さず、任務の失敗で罰せられるであろう家族・親族の事を想い
         .. 私は深い絶望と失意の底に落とし込まれ思わず涙を流してしまいました。

529 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 23:04:16 ID:XmncGgR2 [16/25]


    ―――  その時、私の頬を伝わる涙が暖かいモノに拠って拭われ……




                     ー―=≠   : : : : : : : : :\ ', : : : :/_z
                           , : ´    : : : : : _ : :::::i <-: :`丶、
                     /:     , '  /  /  ', ' ,  \ \
                    /::::::::/: : /            i   ',       ヽ
                    //:::::::, '::: :., ': : : : : : : : : :/: : : :.i : : : :       ヽ
                    /イ:::::::::/ : :, ': : : : : : : : : : /: : : : : !: : : : : : : : : : : : : : :
                  ー '   /::::::::/::,.'/ : : : : : ;.イ://: : : : /|: : : : : : : : : : : : : : :
                  /::::::::,': /::{{: : : : / 〃 .i: : : ,'/  ヽ: : : : : : : :: : : : : :
                   /::::::::::{:/:::::il:-―/―{{- 、l|: : /{{ ,、 -\-ヽ__: : :.i:::::::::::::
                   ,' '::::::::/: : : il: / {   ヽ  |:.:/ `   __ `丶V: :.:l:::::::::::|::   ……泣いて、いるのね
                    {  ヽ::,'::: : : λ:i ,xィ==ミ. |/    彡==x |: : ,':::::::',:/!:
                     {: : : :小ヽ《.{:::::::::::::}` {      'ん:::::::::} 》!: /:: : :::::\
                       \: : :{::ヘ.  O辷:リ       .O辷::ソ '/, ':::::: ',::ト、::
                       |ヽ::ヽ:ヘ  ¨¨´   ,     `ー‐' ./|::::::::::: 'リ .}ヽ
                        ∧|:: ̄/|〉            /i_,.ィ:::::: : :.|
                   ,.イ:.八::::ハ{ ヘ.     ‘’       イ/ .リ::::::::ノi/
                     ,.イ/|:. :. :\:. :. :. >       , イ ///'" j
                   _{:. !/ハ:. :. :. :. :. :. :. :∧ `丶 </ V:.:.:.:/イ,| |::}
                 /:::::∧ヽ//\:. :. :. :. :. :. ∧   /   }:. :. :. ///:/
                   /::::::::::∧:. \//\:. :. :. :. :.∧、__   / .{:. :. :.////
              /::::::::::/:::::\:. :.\//\:. :. :. :∧、 ` ' λ:. :.///'






    ―――  静かに、問い掛ける様にカーミラ・スカーレット様が私に仰いました。

530 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 23:06:25 ID:XmncGgR2 [17/25]


                          r=r=v=、
                     ,. -‐  ´ ̄ `>‐く`Yヽ 、
                         /  /   ´    ヾ {  ヽ
                    /     ,          Yフ  ハ
                __,ノ   /             i ヽ  i
                   `ーァイ  /><  ,、l l  l   | く   !   な、泣いてなど…いるものか……
                  __|/   //弋N   l   ! ノ   !
            ,. -─== ´ ̄二ニニラ / リ ォzzミ込、 !   ハ   |
          /       ヽ`Y′)イ"i" ノヽ(  { 代7ソ ヽヽ、 \ 人
       /  /⌒¨ ̄こノ´    ,ハ ′     `()フ   イ⌒i二ニ ゞ  ヽ
    /  /          _∠イ,ハ`    _,`T T 厶イ  \   ヽ、ヽ
  /   , '   ,、--‐ ニ二工_∠ノノ` T´ ̄ ̄〈 リ      \ ` 、 ─一
/´   / ̄ ̄ ! |  //r‐ァ フ十r==ァ'      ハ 人ト、  ヽ、__ヽ ̄
ヾ    /    ノ j ノ/ハ/// / ! /∠ -‐==⌒〈 )  `  ̄




    ―――  私は最後の力を振り絞って体を起こし、カーミラ様の首筋にナイフを打ち込もうとしましたが
          体はそれ以上言う事を利かず、ナイフを取り出す事も出来ずに、再び倒れ臥しました。
          すると、カーミラ様がすっと立ち上がり、静かに仰ったのです。




                            __  -―――-. . . 、
                     , ――        . . : : : : : : : : : : :`丶、
                      /´ ̄, :' .    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ.
                /   / : : : . .     , :' : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                      /.:./: : : ; : :/: :/     :: : : : : : : : : : : : : :ハ
                     /'"´'. :::: .:, ': , ' : ; ': : :, ': : ../  .l : : : : : : : : : ::::::::}
                    /  /.:::/: ,.' .::/. .:/::::::::/ : .:::/: : : : l    : : : : : : ::::::‐:.、
                      ,'::::;i:::,' .:::_i_' i ::/!: :.:::,' : .::::::/: : : .   |   : :::::::::ハ
                     !:/ |:::! :::/|:/ `|メ、 ! .:::/| . :::::/|::: |:::: : : .! : :  : : : :ハ
                  { '!λイ '{、、、   |:::/ .|: ::::/__|:::_!:::: : : l: ::::: : : : : : : : l
                      ハ{ !{l 《てoヾ` ヽ{  |::::/ ̄|:::ハヽ; : /: :::::::::::::::::::::::: |    ヴァキュラ、この娘は治療する。
                        / . ::::{l.  |::fう:}    ∨,.  j/ ∨`ヽ,':::::::::::::/:::::::::::!    異論は認めない
                       ,'/! ::::::ヘ  うン      彡らぅミ、∨:/:::::::::::::/::::::::i:: !
                  {| | :::::::{     ,      ハ:::fう::::》// ::::::::::,.':::::::::::|::{
                   { !::::::八           う: : ン'"::/ :::::::/:::::::::;: リ\
                    !::::l |::|   ‘ヽ       `¨´/:;:' .:::::/)::;:ィ/j/
                         ヽ:| .!:l  \          ./,.':::::∠.イ//  /
                         '{ '{    i:、_ _ ,. //;ィ'イ/{:/
                     ヽ. ヽ   |/  }   /__.|./_  '{
                           _ノ/ ̄ ̄:. :. :. :. ヽ
                             /二二丶丶:. :. :. :. :. :. :}
                            /二二二.ヽ:.\\:. :. :. :. :ヽ
                       //二二二二=ハ:. :', ', :. :. :. :. :.\
                      /:.,イ二二二二二.ハ:. :.! !:. :. :. :. :. :. }}、

531 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 23:08:24 ID:XmncGgR2 [18/25]


    ―――  ヴァキュラ卿は困惑し、異論を唱えました。が……




      /|  /) /  |   |ヽ
   /| ノ | / / /  | ノ| ノ |  /ヽ
/ヽ| レ  レ  /ノ   レ レ  レV  | /
 _____/、  \____/V
    ____ 、     __     /
  / / ○ |´   /´ / ○|ゝ  /ヽ
 く  |  ノ       |  /  / /    え?ちょっと待ってよ姉様。
    ̄ ̄        ̄ ̄  //     この娘、僕を殺したら次は姉様とお腹の子も殺る積もりだったんだよ?
      U        U  /       自分でハッキリ言ってたし。そんなヤツに慈悲掛けても無駄だと想うけど……
   U       ゝ    /
      ゝ___   /
       `ー-┴′ /
   \       /
_      _  /
  \  /
   \ |




      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  /::::,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ /::::/∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 ':::::::::::::..イ孑テフ イ  } /
.        Vハ  |  i';;:::::;j  :::::::::::::. i:;::::リ  /}, '//   異論は認めないと言った筈。
        ヽ ',  |    ̄ ..:::::::::::::;::::... ̄  チ' /     どうしても逆らう、と言うなら私にも考えが有る。
         `ヘ lヽ     _ _     厶 ./      子供が生まれるまで別居。いいえ生まれても別居。
             ', {.代ト、          , イ | /       と言うかこの地方から追い出す
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

532 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 23:10:04 ID:XmncGgR2 [19/25]


    ―――  カーミラ様に一刀両断にされ、すごすごと引き下がりました。


                               __
                            /;;;;;; ̄~ "''‐- 、_
                            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`- 、
                           /::_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,\
              _,... --──-- ..,,,,,_  /::/  ̄""''''‐ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,\
           ,,-‐'' ̄           ̄`''-、_      ~"' 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l l
         / / ̄\'''  |           ` .、,       `‐、;;;;;;;;;;;;;;l l
       /  /' /\  ヽ |              `、        `、;;;;;/./
       |  / ノ_,,.. ヽ ヽl /              ゙、        ゙;/./
    ,,.. -── '";;;;;/_,, |  i /                ゙'-、      /./
.  /;;;,,..''''::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7 |   |l            /     |       /./
  /;;;;;;;;;;;;;::  :::;;;;;;;;;;;;;;;/_ |   |l             /      /、.     /./
. l;;;;;;;;;;;;;:: ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ |.   |   __    /     /iiii/   /./
 |i''''''''''''..,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;/  !_ノ_.| /     ̄~ .~/ノ_  ,..,-'゙iiiiiiiii|、,  /./   なんだよせっかく姉様に久しぶりに
 l;;,,,,,::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//   / /l,_        / |iiiiiiiii~iiiiiiiiiiiiiiiiii|;;;;`,/./    新鮮なご馳走を届けようとわざわざ
. l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,;;,_/iiiiiiiiiiiiii',      / ヽ iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|;;;;;;/./_`;,,、 ..殺さずに持って来たって言うのに。
  ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_iiiiiiiiiiiiiiii/i,         |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|;;;;/.//|,. ',)
    |,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、|~   ̄"''''''''―|_       イiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/;;/./,!|::|'゙
    ! ヽ/∨\|ヽ|  _      `‐-、,_,,./ .liiiiiiiiiiiiiiiii/;;;'''/./. '゙ |::|   だけど追い出されるのはイヤだから
      ヾ三__,-‐ ̄iiiiii/ ̄` ‐- ...,,_,,,....、__/ii,..-‐''";、‐゙ ;7./゙   |::|   引くしかないじゃないか。
         ヽiiiiiiiiiiiiiii/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii; -‐'゙" ;;. - ,゙.-'゙、/./     |::|  ..僕はスカーレット家の当主だよ?
          `!iiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|' 、`_-''゙,-' ゙  `.7./‐、,     |::|  ..なんでこんな目に遭わなきゃならないのさ
          i゙iiiiiiiiiiiヽiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ  "゙.     /./.`.‐、`‐、   |::|
          |iiiiiiiiiiiiiiiiiゝiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii゙、     /./    ゙. 、`‐.|::|
           /‐ミ/ ̄ノ/\iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ   /./       `‐,,ノ
        /_  | //   `、iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ /./
          /" ヽ,_lノノ     \iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil/./
        ` 二ニ/        ヽiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii∨
                      liiiiiiiiiiiiiiiii/./
                    _,..ノ!!!!!!!!///
                  /、  ヽヾ //
                  l、、 i  /_,ノノ
                   `‐-‐ ''' "


            _
      _,,......,、._  /,_:::::\
   _,,.i'_-    \  \::::\
  ,/::::::::7i !l/    `i.  \::7
  |;;;;;;;;;;/,i/| ,'^ i   _,> //
   >,ハri_'、__`トーl::::::::::ト, '/
     ゙トー,---'::::,,,,::/ 7||   ……お腹空いたな
     ヽ::::i'::::::::r''=ー、'/ ||
      >;::\:::::ヽ ,/\||
     'i_゙,ノ _>:::::>/
        〈_,>ア"]

533 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 23:13:28 ID:XmncGgR2 [20/25]


    ―――  それから、カーミラ様は自ら私の治療と看病に当たって下さいました。
         .. 私も最初は拒絶していたのですが……



           ____   
       r‐'7ヽ、 `ハ`二ヽ-、
    r-く  ヽ,>'"⌒ヽハ`ー‐くト、
    _,!  ヽ/   /ハゝ/rヘ   ヽ.
    ! __,.ィ/   //'´  ,  ',ハ   ',
   rイ/   / 、 ハ ! /|  i ハ   ハ
   ノイ / / ソ,!=ヽ、レ' | ./_,!イ!  i     放っといてって言ってるでしょ!
  イ /!, ヘハ/ヘ!,_r:ソ`' レ' ト_ハ/!  i,     吸血鬼の世話になんてならないわ!
  〈イ  ハイ ハ 〃"    ,  〃!./|  ||    ..だいたい貴女、身重なんでしょ?
  /ン / /レY〉.u  , ー‐-┐ ハ/レi/|    ..私なんかに構わず、大人しく生まれるのを待ってれば良いじゃない!
 ,.イrく V  〈X!へ、 !_____ン,.ィ'|y〉ハヽ
 ,.イ ̄7ヽ、〈Xト-、`>ーr<へィ二_ヽ、 、
 Y´ヽi、__/⌒y〉:::`'ーt-イ/::i 「i-‐-.、 i } }
 !/:::::::::ヽ、 iヽ<:::`ヽ[_]':::::i l_!‐-- i〉、
./k:::::::::::::::::::ムヘ__>:::::::/ハヽ:::::::ゝ'ゝ_ノ i                  ,,  - ―─  - 、
                                    - ¨            ` 、
                                  /'   ,       \   、 、 ヽ
                                〆/  '  / l  \     ヽ ' , 、 l  ',
                                / / ′ .!  l  ヽヽ  ヽ l   l l |  、 ',
                               / ,! l  , l  ∧  ヽヽ  ', |  | .! .! l | .!
                              .! ,'| .l ./, ! .,A-ヤー-、l   l    l l .! | .!, l
                              !./ l| ,!. ! ', |イ,;;斗去=ァ‐l   ト、 ,! .! ' .! |' ,!
                              ,' |,! .,l t|'、〉l "゙i::rl   !゙ヽ|   | .,' / /!' ,' l ,! ヽ
                                ゙ ',.! i ゛ノ `  、ツ- ´ /}  l シ ,! / ,! ,! l/
                    身重だからこそ、   '  ∧       /,l  ,!i  ; / ///"
       貴女を待つご両親の事を想ってしまう。    //;ヽ _    /'.!  /!'i l ./ /´ ツ
                貴女はしっかりと回復し     // リヽ ,、   _.オ ./ .! |リ,' /
          ..  待っている親の所へ帰るべき    ヽ'   `、l ゝt ヾ  |/    トV`ヽ
                                      `,゛-'ー} ´   ,..=彡゙゙フヽ、
      ……それに、お腹の子が言っているの。      rイフ  √,!   / /´,<〆⌒゙ヽ
             貴女と一緒に遊びたいって       ノ l l   /ヽ. , ‐ ゙/ / ,  ,!    `ヽ
                                   / .!_l_l__./'三ヽ==゙=ヲ{  ,'       ヽ




    ―――  奥様は梃子でも動かず、私の看病を続けて下さいました。

534 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 23:16:02 ID:XmncGgR2 [21/25]


    ―――  少しずつ動けるようになった私でしたが自害する気が起きず、かと言って懸命に介護してくれていた
          カーミラ様を襲う気にもなれず、静かに私の話を聞いてくる彼女にいつの間にかそれまでの人生を
          ほとんど打ち明けてしまっていました。




  '                               .:    │ \ \
  i               /       .:       l :::    : │  ヽ  ,
  i               /    .:  .:::       |::   .::: │::   '   '
 │   .:   /  /    .:/    .::: .:::::      |::   .:::::: /.:::::   |::  |
    .:::  /  /   .::/    .:::::: .:::::   /   |  /|::::::/::::::::: : |ヽ:: |
  |   ::::  /   /   .::/    .:::::::::::::::::  /  十|' ナー::::/ |:::::: .::: | ヾ:: |
  |   .::: |   |:  .::::i    .:::::::::/^、:::  i   | |/  レ_`ヽ|:::: .::: ノ  i::|
. |    ::::. |.  |  .:::::i    .:::::::,ィ  ノ.::  i:  i | ㎞ミミッ_゙ /.:::/|: /   i:i
 ノソ, ヽ ::::..|  |  .:::::::i :  .:::::::::/, 〈.::::::  i::  i  ヾ弋゚メ゛/.::/ . ツ   リ
  リi  l.:::::|  | .::::::::i.::  ..::::::::::' ハ .ヘ.:::::  i::: i    .トツ //
   ヾ  |::::|  | .::::::::::i:::: .:::::::::|ゝ、ヽ ヘ::::  i::. i   ヾ' 〈
    ヽ. |:::|   ::::::::::::::::: .:::::ハ::|  1 ./.:::: i.:: i       ヽ ,
     ヽ|::|  .: :::::::::::::::::::::::ノ 八  ゝ'::::::: i:::: |        /
      乂 .::: .::::::::::::::::::::::/.  \ |:::::::::: |::::|        '
       | .:::::::::::::::::::::/|:/   : : : :|:::::::::: |:::|     ` r´    そう……いつか、貴女のお兄様と
.       | .::::::::::::::::::::/ リ   : : : : : リハ::::::. |::|      '     ..再び出逢える事もあるわ。
       ノ::::::::::::::/./     : : : : :/: : .ヽ:::::|:|     /      ……きっと
      ノ ノ::::::::/        : : : : : : r‐‐.:::||_:_..._ ノ
      /.:::/           : : : : :/ハ ヘ:::::|
     //             : : : / 乂 ヘ.|
    ´                : :/     ヽ、





    ―――  そんな私達を見て、ヴァキュラ卿は苦笑しつつ肩を竦めていたものです。

535 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 23:18:13 ID:XmncGgR2 [22/25]


    ―――  そしてあの日……随分と動けるようになった私がカーミラ様と話をしていると、
          ..突然カーミラ様がお腹を押さえて蹲りました。
          ..いよいよ、陣痛が始まったのです。




                           _ , ─ - 、
                       , -‐'´      ヽー 、
                      , .'´  u     ソー  u  ヽ
                 -≠Z´, ,           ヽ    ヽ
                   / / / / /, u   u  、  ヽ   ヽ
                    / イ ,' ,' .ィハ l  ! 、  、  ',   ',   !
                 /' ,'.i ! .l /l.l l  !、 l  ヽ  i  |  u l
                   l' l k l l7`|'-、.ヽ lヽ. ト、 ヽ  | l l   l
                   l ハ i .{lr≠、ヽ \‐ヘ'ヽヽl-. トl !   i l
                      |' .',lx!i !|::;:} u  _,r≠=、卜!' ,'.   |.!ヾ、
                      i'l ー'    !l、::::;:}》. //`y イ'|'  `
                          lヽ u '  u `ー'/ .//,.ノ/ |       この痛みは間違い無い。
                  ,、   |/ ヽ、 -    /ソ /ィX.、         アナ、貴女に子供を
            r┴-'ニ< ヽ--、   ` ーz- ' ´/ィ'´ヽヽ、ヽ       取上げてくれる様に依頼する
             てー  _`._j弋ー' ヽ、.,r,ニ-´ー ´.     l l.l }
             ' /´::::::、ヽ. ̄ヽy'-´ヽヽヽ       l l !'
          ,      Y´:::::::::::::}  /ー:、:::::::ヽ', ',       l l !
               l:.:::::::::::::::l /:::::::::::::ヽ:::::l | l       ///


    ー― :-.、..    
人人:      :ゝ.  
   (: i.:/::i:    :ヘ.
 マ ( i:/: : :i: i::i:. .|
 ジ (ノへハノハノィi::i::ハ
 で (r心`   r心ヘ::l::!
  っ(弋ソ  弋ソ}ノ::N
 !? (:::ー''/\ー'::Y:::|  て
::ハ⌒i u \/  .イ:|:|  (
`ヽ::i:|\`  7{ ノ:|::!:!




    ―――  最初は戸惑い、断ろうとした私でしたが、カーミラ様に押し切られ分娩の準備を始めました。
          分娩補助自体はは医術の授業で学んで実地での経験も有りましたが、それまでの人生で最も緊張しました。

536 名前:シナチク  ◆hPArZhNwIE[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 23:21:10 ID:XmncGgR2 [23/25]


    ―――  吸血鬼の分娩は人間のそれの数倍の時間と苦痛、危険が伴います。
          私は事前にお屋敷の地下図書館の主、パチュリー様から聞いていたのですが、
          それでもカーミラ様の苦しそうな様子に生きた心地がしませんでした……

          そして、奥様の苦しみがまさに佳境に入った時、一人の男がお屋敷を訪ねて来たのです。




                                 _ _ _
                                ´      丶
                             /         丶
                            /             丶
                             /             |
                          /           _..,,ノ   |
                           /          (● )   ノ
ヽ                        /           /   |ヽ
:::::`ヽ、                       !           丶_ / /
_, ‐、:::::: ̄ )           | ̄ ̄ ‐ '─ !_               ノ ´   この屋敷に、俺の妹が
:::::::::::レ'  ̄            |::::::::::::::::::::::::::::::`‐ _        /      厄介になっているらしいと言う
:::::::::::|              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、 _   /       情報を聞いてきたんだけど。
:::::::::/       __ _ -‐' ̄`‐- 、_::::::::::::::::::::::::::::`‐ <
:::::V        |::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-、 _:::::::::::::::::::::::::::>       ご主人さんが居たら会わせて欲しいだろ、
::::::〈       __|::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _:::::::::::::::/        常識的に考えて……
::::::::}_r──´ ̄::::|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、/
::::::´::::::::ヽ:::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐-、
::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::\:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
、_______|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::: {:::::::::::-‐‐‐:::::::::::::::::::::::::/
_          l::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::`‐-、_     __ キ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、
:::::::::::::::::__ >-‐´::::::::ヽ:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
:::::::::-‐´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/




                    * 第二章 三話 追憶 III  了*
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。