--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫がプロ野球選手になるようです - 第1.5話 できる夫とやる夫

2013年05月01日 20:00

739 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:00:49 ID:gMxVmojQ [6/104]

どこまでも、自分の足跡を辿ってくる奴を、貴方はどう見るだろうか。


        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.__
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::..\
   \:::::::::::::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::::::.\
  ,. -‐'´..::::::::::::::/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  ノ .:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
         ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ




どうやっても、自分の背中を追ってくる奴を、貴方はどう感じるだろうか。




                         ____
                       /⌒三 ⌒\
                      /( ○)三(○)\
                    /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                    |     |r┬-|    ____
                    \      `ー'´  /     \
                    /        /        \
                            /  \    /  \
                           |    (●)   (●)   |
                           \      ´   U /
                           /      ̄ ̄    \

740 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:01:20 ID:gMxVmojQ [7/104]

出自が違う、

        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /  \   /   ヽ
     |  (_)  (_)   |
     \  、__',_,    __,/
     /         \


             待遇が違う、
                            ____
                           /     \
                          / _,ノ  ⌒ \
                         /   (●)  (●)   \
                    |     、 ´       |  (( ∩))
                     \       ̄ ̄   /    ( ⌒)
                     /          \


                                   才能が違う。
                                                 ____ _
                                               /          \
                                             /              \
                                            /    _            丶
                                           l    ノ }    ⌒\   /⌒ l
                                           |   / .ハ ::;;(  ●)  ( ●)|
                                           .l   // .ム-,..,. ´"''"  , "''"´ l
                                           \ ヽ! ' ' ! ヽ  、__ ,_,   /
                                             |フ入     l       /
                                            ,ヘ ヘ      ト 、 _ 、´
                                           /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ
                                         /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
                                       / ,..........    ',       l}_|./   j
                                      /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
                                     //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
                                     j j       、    l        l ,._ll′
                                     l |      `ヽ  ヘ        l! /
全てにおいて自分が前にいる。

741 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:01:50 ID:gMxVmojQ [8/104]

でもひたすらに、自分に勝る事を目標とする奴を、



                             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                            /: : :            \
                          /: : : :            \
                         /: : : : : :              \
                        / : : : : : : : ..               \
                        |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
                        |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
                        |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
                       . \ : : : : . .(     j     )      /
                          \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
                         /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                         : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
                         : : : : . : : . : : .                \


.

742 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:02:04 ID:gMxVmojQ [9/104]




                       ┌─────────────┐
                       │貴方は、どう思うだろうか    .│
                       └─────────────┘



.

743 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:02:17 ID:gMxVmojQ [10/104]

                                                       
       .iiiiiiiiiiiii,、     .iiiiiiiiiiiiiiiiiir,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,,,、  .,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,,,         ,. -─- 、_
        .'lllllllllli,      `llllll!゙’  `゚lllllll!゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!llllllli,   `゙lllllll゙゙”゚゙゙゙゙゙゙!llllllli,      ,.::'";_-;;;:ミ':::::::::::::::`:丶、
        ,illl!llllllll,      ,illl!′   ,lllllll゜    llllllll!   ,illlll!゜    .,lllllll     |::::::::/しノ゙':::::::::::::::::::::::::::!
       ,llll゙ ゙lllllllli,     ,llll゙    .,lllllll゜    ,,llllll!′ ,illllll゙     .,llllllll゜     ,!: -‐゙:::'-:::;_::::::::::::::::::::::::|
       ,illll゜ ゙llllllll,、   ,illll゜   .,lllllll゜    ,,illllll!゙   ,lllllll゜  ._,,,,,,iilllll!゙゜    /:::::::::::::::::::::::::`:丶;;:::,;--‐!
      ,llll゙   '!llllllli―やる夫がプロ野球選手になるようです―lllllllll゙°    └-;;;;,,,,,_::::::::::::,,;;;_",,;;;'ヽ   |
      ,illll゜   ゙lllllllli、 ,illll゜   .,llllll!!!!!!!!!!゙゙゙゙”    .,lllllll゜   ゙゙゙゙!llllllli、      | ''''''''>''" ヽ、゙"ノ  |
     ,llll゙     .lllllllll,,.,llll゙    .,llllll!′           ,illlll!゜     .lllllllll    _  \  (__,,;、_.ノ   /
     ,illll゜     '!lllllllllll!`   ,lllllll゙             lllllll゙     .,illlllll゙   /,∠ヽ,.-‐>-.,,、_,,;._,, 、∠‐-、
    .,,lllll゜      ゙llllllll!゜   ,llllllll′           ,illlll!゜    .,,,illllll!゙゜   |  -イ  /^\Y´/  \  ヘ
  .,,,,iiillllllli,,,,      ゙lllll゙  .,,,,,iilllllllllli,,,,:      ,,,,,,iiilllllllliiiiiiiiiiiiiiillllll!!゙゙゜    !  ノ'" /    | !     Y'' ヘ
  .'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙′     .゙゙° ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙°     '゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙″                

                    ―第1.5話 できる夫とやる夫―

         注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
           ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。

744 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:03:10 ID:gMxVmojQ [11/104]

そいつを初めて見たのは中学三年の夏、地区大会の2回戦。
できる夫が鼻歌交じりに完封したコールドゲーム。


         ___
       /     \
      /   \ , , /\  ~♪
    /   (●)  (●) \
    |       、__',_,    |
     \         , /
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ                     == ○
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


その終りの整列で、目つきの悪い彼を始めて見た。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


試合に登場しなかった、15番をつけた男。


       ___ 
      /      \
    /           \
   /              \
   |             |
   \               /
  ,. -‐'´         `丶、
  ノ.     1   5      .ヽ

745 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:03:56 ID:gMxVmojQ [12/104]

試合終りの整列の際に、強烈に睨みつけられた。

      ____
     /      \
   / ヽ、   _ノ \
  /   (●)三(●)   \
  |      (__人__)     |
  \     ` ⌒´     /ヽ
   /              \
  (  ヽγ⌒)        ヘ   \
   \__/




         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |   (なんでしょうか彼は・・・)
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ


悪人相のその男は、試合に出てもいないくせにそんな事をしてくれて、
それができる夫に、鮮烈な印象を植え付けた。

746 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:04:57 ID:gMxVmojQ [13/104]

再開は、それから半年ちょっと。

   ,,;;;-''^"""`;;;:,,,,
    ''''''''''  ''''''''
      /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    /  |     ,.-―=-、  |    ,,;;;'''''`ー;
   /   |    /   |  `;. |   ""`'' ;;;;;;''''''
 /     |    l   \ l. |
        |    `、_  _,ノ' |――――――┐
        |       ̄~'    |   _ _ _ |
        |              |   | | .| | .| | .|


野球推薦で野球名門、毘都附学院大付属高等学校に進学したできる夫が、
初めて毘都附のグラウンドに立った時の事。


            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |      (ここから・・・私の本当の野球人生が始まる!)
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \



         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`
    /   ( ●)  (●) \     「オヤっ?」
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /



一列に並んだ推薦枠の選手の、一列後ろ。
別揃いの一般入部部員。その中に、そいつはいた。


  NVVVVVVV\
  \        \                         / ̄ ̄\       ,.f"ミミヾ、
  <         `ヽ、            ____      / 「  へ \    f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
  </ /"" \ .ノヽ. \       /      \      |  (●)(●) |   ノ彡リノ/\中/\
   //, '〆     )  \ ヽ     /  \   /   \    |    |   |   |リ||リ/ (●) (●) \
  〃 {_{   ノ    ─ │i|    /   (●)三(●)   \.  |   __´___  ノ  (川/   /_人_\   \
  レ!小§ (○)  (○)  | イ   |      (__人__)      |.  |   `ー'´  }   ||ト|   §` ⌒´§   |
   レ § u (__人__)   |ノ    \     `⌒´    ,/  ヽ       }   iリ\          ,/
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ    /     ー‐    \   ヽ     ノ     /     | | |    ヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ   /              ヽ   ./    く      /   _  | | |    ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|   |  |           |  |  |     |     丶    ̄| ̄|| ̄| ̄   )
   | ヽ〆        |∞|.  |  |           |  |  |     |      丶__|_||_|___ ノ

747 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:05:37 ID:gMxVmojQ [14/104]

毘都附学院大付属高等学校は、野球名門校と呼ばれる学校だ。


          | ̄l\     .| ̄l\
      | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \
     TTTTT.|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTlヽ
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\lヽ
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |   \l
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   |i-i-i-i-i、
    `l []l[]. |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     |二二二]\
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     l二二二]  |
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[]. |  | l| ̄| ̄|ニl .|  | | 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l     l二二二]  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_| [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |/         |  |   _____________
               |  |  |           |  | |毘都附学院大付属高等学校 |
               |  |  |____, _ _ |  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |           |  |
 _______|_l/        .    .|_|__________________________


高校球児の夢――甲子園に、常連という程でもないが多々出場した実績を誇り、
県下でも強豪校として名が知られている。

750 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:06:20 ID:gMxVmojQ [15/104]

強豪校にありがちな事なのだが、
野球推薦で選手を各地から掻き集める事にも積極的だった。


                         ______
                         |  ,.へ、__,.ヘ/
                         | / \  ∠ヽ
                         |i^|「::::::ノ=l:::::ィ
   ,. -‐- 、               |ヽ|   r_ \l 
  _/       \     ____/| ∧. (二二7!     「ハイお一人様ご案内~」
∠   ハヾミニ.r-、\∠L:r‐-‐-、:::::::::|/ ヽ_‐__.」`ー- 
. /ィ ,L V∠ \l \\.)j j j j`二i\    /:|::::::::::::
  W、ゞi ,、~ __ 「 ̄∧ ヾ´´´   |.  \ / |::::::::::::
    ,ゝし'/ ,ノ.|  / i  l.     l    \、.|:::::::::::: 
   l 、`ヾニンl\./\|l、_」     ヽ、 /  ヾ:::::::::::: 
.    | l    | _l\ト、  | \r──‐┐ト/ / r‐┴-、:::
.   |. |    7 l  ヽ | /☆☆☆.| | ∨ {ニニヾヽ



中学で活躍した選手に目をつけて、主力選手としてスカウトし、チームの基盤となしていく。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::\ー、ーi、\:::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::/ /
:::::::::::\ ̄ ̄     ´ ̄ ーイ;;;;;;::::::::::::::::::/
:::::::< ̄             ∠;:::::::::::::/
_::::∠´               <::::::/
ヽ::r'' ̄゛' ー-、_____ /    __,,,,-、_ |::::/
、ヽ| /アつヽx  / /,ィウ 入ヽ、 l:::/
ー    |:TT::::| :     ,トイ::l カ //
、    、y二イ      l;;::::::/ " /7
ー、,     ̄       =-'、  / j         「俺を……毘都附にですか?」
  |、    ,-    ゝ      //
  |\    r-、___     /
/|  \    ー-----'   /
     \      _ィ、 __
       ヽ  イ ヽ::::::::::ヽ
    \     /   l::::::::::::|ヽ


他県から選手を連れてくる事も辞さない。

                               ,           __,
               l          __  ト、       _,.r'/
                {ヽ、____,._-ニ´ニー-ミ``、 ̄ヽ、   ///
                ヽ、-_-‐_― ニニヽ丶、ヾ ',  lハヽ-‐シ',リ
          ,r      ∠="--ニー ` ヽ-、 ヽ } | ノノ,r' ,. く
          /- 、__,. -‐'_/'フ ̄_二ミ、=ミ `ヽN /ノ/,.==ニ_ヽ'、
          \ `ー-='‐'_ /_,...二ミヽ`      ´ '´'='彡ニ=、`ヽ
             >≡ニ",.-'´ _,.=_‐                `‐ミヽ`ト` 、
          /二ニ二....-ァミ彡'‐''' "二`ヽ、           ミヽ'、}〈 ', }
         /'´/´-=、,ノfrヽY´ -=ァ:;;r-、、`   ,,..、、、_ ミ=}}レ′,リ
         ! /'´  ∠._r{ {'' _ ,ィ  `` `  /z,ニ、ヽ.ヽ}レソ  /
             l!  /´ _ニイ ト、ィ  `ソ::r'''      .' `''゙‐ヽ イ
              ,r'ニ´ ノノハ'、,」  '´ヽ        !    ,! //       「そうだよ?悪いようにはしないさ」
           {/,. -'ニ ノイ} | |       '" r'、   /;! ,'/
           /',ニニ-‐'´/'/,' !   `'''ー‐- 、_   `' /′
           '{   /r",'  ヽ        ̄`'' ``   /
             `  ヽゝ ,'   :.:\           /
             ,rー―='-、_  :.:.:.:.\._    ,.イ
          ,. -'′      ``ヽ-、,_ ``¨´::.::|
  _,,..、、. --―''く、              `''‐- 、;;_ト、_
"´         ``'‐                     \

752 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:07:21 ID:gMxVmojQ [16/104]

結果スカウトから漏れている地元の選手、一般入部の部員は、余り重要視されない。


         ____
       / ノ   ヽ、_ ヽ
     / ( ○)}liil{(○)ヽ\
    / /::::::⌒(__人__)⌒::::\\      「一般入部の面子濃すぎだろおおおお!!!」
  /  ./  ヽ |.!!il|!|!l| /   |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)ェェェ|/⌒)⌒)⌒)  )← 一般入部



推薦枠と区別されているのがいい証拠で、伸びてくれれば儲けもの。
その程度に見られている。


                  ,ィイ、;;.:.:;:.:;!;:.:!;:;::;:;:;:::;:;ミ、
                  ,彡;:;;ヽ;:;j;;;|;:;j;;ノ;;,r'´;;;;:;:ミ
                 ゞミ,r''ヾ゙,Njィイ'゙´ ``ゞミミ{
                  `ト;;j_,,、-- 、  ,rー-、 ミ;;N
                     ゙i;;| ,,ィェテ`j  'テェュ, ミ;jリ
                  ,N , , ,  ノ  , , , j!ハ
                  lハ!    ヽ     j/,ノ       (今年はどれだけ辞めていくかな?)
                     ヾ、  ー==‐'  ,斤リ
                        `ト、       ,イ |'′
                       ,〕` ー─ './  |‐、_
                 ,r‐、ノ ヽ .:.:.:.::::/ ,、 ' ノ7`ーr 、
                 ,イ   ト、 \  ,r'´   /:/  i  `''ー- 、_
               _//    | \,ヘV/ヘ 、_/:/   |       \
             _/ /     |    !⌒7   /   _」        〉、
           _/  ,/      !    〉^{   /  <        , イ /i
          _/       ̄`フ   !  /.:.:.:i  ./    〉      /  / !


その、一般部員の中にそいつはいた。

          ____      
        /      \     
       /  \   /   \   
     /   (●)三(●)   \. 
     |      (__人__)      |. 
     \     `⌒´    ,/  
     /     ー‐    \  
    /              ヽ 
     |  |           |  |
     |  |           |  |

753 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:08:06 ID:gMxVmojQ [17/104]

彼は、とても目立っていた――


.      r⌒ヽ
.     (_.  _) ブッ
      \(   __、
     ,r´⌒ヽ,⌒ヽ,ヽ
   (⌒)、   .人  λ\、 ._____
    \. \    、 ヽ./ ー  ー\
     |\ \    ヽ./ ( ゚) ( ゚)\   ハヨーーッス!
     |  \  \ /     (__人__) \
     |.   \   |       \   |  |
  .   |.   |.\_ノ\       \_| /
  .   |.   |   |   \______/
  .   |   )  .|     . . ̄ ̄
  .   |   |  .|
     |   |.|  .|
  .   |  | .| .|
     /  / / ヽ,
    (__ノ  ヽ、__つ

                  ―――勿論、悪い意味で。

755 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:08:55 ID:gMxVmojQ [18/104]

名門校で野球をやるには明らかに実力が足りていなかった。
ストレートが遅い、変化球も曲がらない。コントロールも禄に無い。

                                __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
                               /__  __  /   ____     ̄  / /
                               _./  //  /  ./____/   ___ノ /
                               |___ノ.|___,/.           /____,./

                                      __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
                                     /__  __  /   ____     ̄  / /
         ___                        _./  //  /  ./____/   ___ノ /
        / .u   \                      |___ノ.|___,/.           /____,./
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)                  __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //                 /__  __  /   ____     ̄  / /
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/                   _./  //  /  ./____/   ___ノ /
|     ノ    | |  |    \  /  )  /                   |___ノ.|___,/.           /____,./
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



だけどそいつは、自分を投手と言い張った。


      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\+ 。 *
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
  + 。|      |r┬-|    |  + 。
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \
     / ,、      .l> ,>       「自分、投手ですから」
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l
       l   、__.    l
       l    ∧    l
.      l    / l.   l
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \

757 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:09:55 ID:gMxVmojQ [19/104]

投手――

数ある野球のポジションの中、最も能力の必要なポジション。
野球の中心とされるそのポジション。



                   ___
.                 /;;;;;;;;;; Y ;;;\
                 /;;;<二二二二二>
                /  ( ●)  (●)
.               | ::::::⌒(_人__)⌒ヽ 
            ,ヘ  」     |r┬-|   |
           ()_()`ヽヘ     `ー'´  _∠,_
             'ー-‐'"/7´ ̄  | .|二二 _>、   ┼┼``
                | |. | .| ___.n/_,, ‐'⌒ヽ   ノ  ツ
                .|g.e.r/   へ||(_____/
                |   '、_r 彡/.|.|
               .|    .| `ー、_.l.|
               .|   | .| .|    .|
               ./〉 、 | .| .|    |
              // .ヽニロニlTlニl ̄|
             //         ヽ`ヽ
           //  / ∧ \    "''‐'、
           ./////           '、
         /  .//  .,,-''"⌒''-,,    \ .i
      / ̄   / ,, -''"      `'-,    ', |
    ///  _,, -'"           `i    ',
   //  ,, -''"                | | .|  .|


その投手だと、彼は言い張った。

759 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:10:49 ID:gMxVmojQ [20/104]

1月も経たないうちに、そいつは部員からとてつもない反発を喰らった。

――当然だった。


   / ̄ ̄\
 / \ 三へ\
 | ノ((●)(●) |
. |⌒    |    |            \、.  j、_人_,.ィ,__,人.
  |   ___´___   ノ             _) ̄          `て
.  |  `ー ‐´  }             J   やる夫!!   {
.  ヽ       }             )             〔
   ヽ       ノ              ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"`v'``
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


             ,.f"ミミヾ、
  ,,.,__  ,,,, _  ,,f";;;;]ノ^〃=ミミ;、、            \、.  j、_人_,.ィ,__,人.
  `ーミ彡-ミ、;;ヽf;;;;;;;j  / \ 中/\             _) ̄          `て
          ``ー-‐"/  (●) (●)\           J   やる夫!!   {
             /     /_人_\   \          )             〔
            |     §|!!il|!|!l|§  |          ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"`v'``
               \      |ェェェェ|  ,/l!| !
            /           \ |i
          /          ヽ !l ヽi
          (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
           `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
                      レY^V^ヽl




皆が皆希望したポジションをできるわけではない。

能力が無いのにポジションに固執するのは、
1人我侭を言うのと同じだった。
                                                    ____
                                                   /     \
                                                 /_ノ  ヽ、_   \
                                                /(●)三(●))   .\
                                                |   (__人__)      |
                                                \ ヽ|r┬-| /   /
                                                /   `ー'´      \ シラーンプリッ!

760 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:11:56 ID:gMxVmojQ [21/104]

監督は、彼に外野の練習を命じたが、彼はそれを拒否する。


        ,.、--‐‐─‐-:. ,
       .,.':::::::::,,,:、::;;;,,,ノソ:::::)
      /::/ .\,,lll,,/ ゞ´
     /:/  <●>::::<●>\ ビキビキ
     !/ ノ L  (__人__)  \
     |  ⌒   `⌒´     |
     \            /       「やる夫は投手だっていってるお?」
    ./⌒          ヽ
   ./   /、 。    。 r  \
  (_ ̄ ̄\'        |)   .)
    /⌒ヽJ三三三三三/  /
   /:::::::::::::::::::;;; ::::::::::::::::::::: し^⌒ヽ
  ./::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::: 、:::::::::::::::.)
  .|:::::::::::::::::::::|ヽ、::::::::,,:::::ノi:::::::::::::::/
 . i::::::::::::::::::ノ    ̄^ ̄  \:::::::/
   ヽ,::::::::/          .ヽ、__つ
   .ノ.^/
  .|_/



監督が彼を叱り飛ばすと、彼は両方やるとのたまった。
暴言である。


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |         「そこまでいうなら外野手もやるお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !        でも練習時間外は好きにさせてもらうお!」
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

761 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:12:24 ID:gMxVmojQ [22/104]

話下手な性格もあり、すぐに彼は孤立した。


.      /  ̄ ̄ ̄\
      /   . . . : : : :\
    /     . . :: : : : : :\
.   |         . : : : : : : : :|
    \_    . : :〃: : : :,/
     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\
.   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::




                                          / ̄ ̄\
                                   ∩_   / -‐'  ー \
                       NNNNNN\   〈〈〈: :ヽ  | ⌒    ⌒  |
                       <      `ヽ、  〈⊃  }   | //  |   //│            、ッミミ゛ヽ.,
                      </ / " `\ ヽ\ |   |   |   ___`___  ノ         ,.、;ミミ=゙ッ^;;;;゛ヽ
                    〃レノ§( ●)  (●)\ヽ !   !   |        }        /⌒Φ ⌒\リミノ
                    〃レノ§::⌒(__人__)⌒::::\|   l . (⌒)      (⌒)  〃   / ●   ●  \リ|  ミ
                     川    |r┬-|       |  /  ./ iヽ    ノi ヽ  /⌒ヽ|⊃ /_,、_ヽ ⊂⊃ |/⌒i
                     \     ` ー'´     //   l___ノ|     |ヽ___i  \ll|l   .§ヽ._)§  l|lll  /
                      / __        /        |     |      人l||l         |l||l 从
                      (___)      /        |     |      ( ⌒ )        ( ⌒ )

762 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:12:57 ID:gMxVmojQ [23/104]

公然と批判されたし、暴力も時々目撃した。


      \\ ,-、               | || !| |
\\   、,、-' 弋              | || || | !   ./
  _,、-'      (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
 (_          ヽ、           | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.\ ¨''、         ヽ、,_          || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
    ヽ、    _,、―--、,__)         ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\.ヽ  /      ヽ\\      || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \ | .f         }        ! | || | /    /   / /   /
      し|  _      ノ  \\   | |  !  !    /   / /   /
       .ゝ_____,、-'´      .\  !   !    ./   / /   /
       \\    ¨¨・・,\\    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \   ;,       . し'/      ./μM/ / // // /
                      。     て_         ./M//M// /
                           て                / /
                          ~  

けれど彼は、変わらなかった。


          ____      
        /      \     
       /  \   /   \   
     /   (●)三(●)   \. 
     |      (__人__)      |. 
     \     `⌒´    ,/  
     /     ー‐    \  
    /              ヽ 
     |  |           |  |
     |  |           |  |


目元口元ひん曲げて、黙って練習続けていった。

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

763 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:13:19 ID:gMxVmojQ [24/104]



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


日が沈む頃――

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : ...: : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : :::::::::::
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : :: : : : : : : : : : : ::::::::::
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : : : : : : .: : :::::::::::::::
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : :::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::    /::ヽ
                   I員TTTTTTTTTTTI  _|_    ______   |FF|ニ|
    _____________           /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~! iニi  . .| FFFFFFFFF |  /二ニ,ハ
    . |IIIIlミ|三三|゙ ____|ミ| LL LL LL LL LL | iニi,___| FFFFFFFFF |  |EEE|日
 ̄ ̄|!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.|__|.|==/\==|.| ̄ ̄|「| ̄ ̄
lllllllll |!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田
 ̄ ̄. |IIIIlミ|三三| | ̄ ̄: ̄ ゙̄|ミi LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|
  . . . |IIIIlミ|三三||    :   :゙| | LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| | 田 |「|  田

764 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:14:11 ID:gMxVmojQ [25/104]

できる夫が練習を切り上げるあたりで、旧ブルペンに、入れ替わりに彼が姿を現す。

旧ブルペンとは、毘都附学院が既に放棄したブルペンの事だ。
施設が古すぎ消防法に触れるため、放棄した事になっている。


◇◇◇◇◇◇◇◇| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|>┃        丶   |   | |
◇◇◇◇◇◇◇◇| 旧ブルペン  |>┃          \ |   | |   :::::::::::::: |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::
◇◇◇◇◇◇◇<.└─────┘ ┃             |   | | ::::[「())」]::|::::[「())」]::|::::[「())」]:::
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇┃              "^゛"\|________________
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇┃
━━━━━━━━━━━━━━━┛
                      ,,,  ..              ゞゞヾ;ゞゞ
             ____                 ヾゞ;ゞヾ;ゞゞ ゞ
            /      \                  ヾ;" "ヾ;" i   l ";;ヾ ;;"
          /  \   /   \    ヌッ           ゞヾゞ;ゞヾ; ヾ|i  i|/"/ヾ ;;;"
         /   (●)三(●)   \.               .ゞヾゞ;ゞ" ヾ|ll l|/"
         |      (__人__)      |.                   ||\ヾゞヾ.,
         \     `⌒´    ,/                   ゞ;ゞ \ ヾ
        /     ー‐    \                   ||\ヾゞヾ
        /              ヽ                 ヾゞヾ\:ヾゞヾ.,
        |  |           |  |                  ||\ゞ;ゞ
        |  |           |  |                  ",;;:;\
                                           ":;:;

しかし取り壊す事もなく、グラウンドやブルペンをあてがわれない、新人の投手が使っていた。

765 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:14:34 ID:gMxVmojQ [26/104]

練習を終えたできる夫と、出入り口で交錯する。
彼は、ちらりともできる夫を見ない。そんな日が、続いた。


                                    ___
                                  /     \
                                /   ⌒  ⌒\
                               /   ( ●)  (●)\
                                |       ___´___   |
                                 ヽ、    `ー '´  /
                             /          \
          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \

766 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:14:58 ID:gMxVmojQ [27/104]

ある日できる夫は、ブルペンに留まる。
興味本位の行動だった。彼が何者かに興味が会った。


         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /   (_)  (●) \
    |       、__',_,    |
     \         , /



いつも通りの何時もの時間。
のっそりと現れた彼は、やはりできる夫に視線をくれず、



          ____      
        /      \     
       /  \   /   \    ヌッ
     /   (●)三(●)   \.                             ___
     |      (__人__)      |.                           /     \
     \     `⌒´    ,/                           / /      \
     /     ー‐    \                         / (●)        \
    /              ヽ                        |'__,            |
     |  |           |  |                        \           /
     |  |           |  |                        /            \


黙々と投球練習を開始する。


         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   | オラッシャ!
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l






―――誰もいないネットに向かい。


.

767 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:15:31 ID:gMxVmojQ [28/104]

ネットが揺れる音が耳に残る。


     .,-イ .,,,、、 ,,,,、
     .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|
  ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""
  .ト'",l゙ l゙ l゙ │
    l゙ ,l゙ .l゙‐'"
   .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
       {-!ト''゙l゙,i´
            ,レ"
           l"


ロクでもない球だった。

球速も、キレも無い。フォームも十分固まっていない。
そもそも硬球を投げ慣れていない、そんな投げ方だった。


                                                 ___
                                                /      \
                                              /_,ノ   \  \
                                             / (ー)  (ー)   \
                                            |      '         |
                                       ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
                                       ヽ_ノ   /          \

768 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:17:15 ID:gMxVmojQ [29/104]

中学野球と高校野球では、使用するボールが変わる。
硬式球と呼ばれる高校から使用され始めるボールは、中学野球までのゴムボールと違い、硬く、重い。


     .:: ___:.   
  .::x<,    `>、 
.::〃   》   《 ハ 
::::{   》'   《  }::
:八  》'      《 ハ
 ::ヽ.》'     .イ:.
    `ト=‐ァ≦-、:



リトルリーグやシニアリーグ等、硬式球を使用する外部団体に所属しなければ、
中学生が硬式球に触れる機会は無い。


                  ,})
           ,. -‐===-、イ{__
         ,.ィ::::::::::::::::::::::::::::::r=‐=ヾ
      _zァf:::::::::::::::::::::::::::::::::リ:::::}ヽ::::㍉ーz__,                ヽ`"          ̄く    'ー‐,-
    __≧=‐::::::::::::::::::::zイ::::ノ::l::::ハ:::::}:::kく                -=彡      /ァ ∧ハ!    弋_
   z≧ミーラ::::::::::::::::::::::::::::::::孑::::::}イ:::}::/:::::ハ                ._`ラ      ´ ハ,V 、 ト、   ヽ、_ 及
     r彡=-:::::/:::::ォ:::::::::::;>ァ::/:::ハ::l/:\:::N               >      刈/ ! ∧!ヽ!云k  トヽく_
     /ィ:::::rイ:/::::ァ辷㍉ リ:/:::}l:|l:::}|:::l:::ヽ|                、_   , ノ / /' - 、 レ   , ´  ヾ!ハ!  之
     ノl::::{ {/ kィハfc:}`ヽ刈/,リニリト:::{:::::廴               _ノ  7∧i  n ヽ    fi    た、_ミ
    ー乏:::ヽ 、.t ""  ̄ ̄ "  iヒ::ラ`,}l:::ヽ::|                7   ,メ、!.`   !j      !j   ヒ心i`
      -=ラ;::|`┐u       ヽ ̄リ ル/リ'                '久_ l k  、 _ ノ    ` - ′レ ノ 
       ム::} 丶  、____  ´""iー'                     廴ヘ夂、;;;;;;        ;;;;;;;l"
    。 ゜  リ   ヽ  `''ー‐`'  ィ'         ,.ィ‐             `ー 、    /\    '
      __ ノ   、  \   ̄, ィ´          ,{;;;;;;;;;;;                 、   \/   /
ー=-へーイllll==..____ }   `ー "          イ;;;;;;;;;;;;;;;                  ,ニ!   ‐  イー、
: :`:ー== ̄`>ー-=;ミ‐-;__⊥__      ___,,.:ァ';/{;;;;;;;;;;                  / ト、     .l  i
: : : : : : :`:ー‐-ニニ=‐`ニ=┐llllll___  ,ィ´;;;;;;;;;;;;;;r' 1ニ=ヽ;;;              _, - ‐ヘ  ∧   //^i |`ー 、
: : : : : : : : : : : : : :`:ニ;‐:-=lニ====='Yr‐' ⌒゙ァ);;;;;i;;;;;;//;;;;;;;            , ´     ハ/ヽ\ /〈  ヽ!   ヽ
    【中学から硬球(シニアリーグ)】                       【中学は軟球(部活動)】

769 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:17:53 ID:gMxVmojQ [30/104]

そのためできる夫のような野球エリートは、早くから硬式球に慣れる工夫をする。

特に投手には必要な事で、軟式球と硬式球には感覚に相当な差異があり、
早めの対処が必要となる。


            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |       「私は中三夏の大会後から硬球に専念していました」
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \


変化球の曲がり具合が変わる、そういうレベルでは無く、ボールの重さの差によって、
肩を引っこ抜かれるような感覚を味わったりする。


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //      (硬球半端ねえお!!!)
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


それほどの差異がある。

771 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:18:45 ID:gMxVmojQ [31/104]

初めて、できる夫は彼に向けて口を開く。


         ____
       /     \
      / _,ノ    \ \
    /  (●)   (●) \
    |      ´       |     「硬球を甘く見てますと、肩壊しますよ」
    \      ⌒     /



彼はできる夫を見ずに、短く答える。


          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |       「投げなきゃ、慣れないお」
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \



できる夫は、それはそうだと頷いた。


          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/
         /       \


最初の邂逅は、そんな他愛の無いものだった。

772 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:19:34 ID:gMxVmojQ [32/104]



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆




その後も、彼の独演は続いた。

できる夫からしたらみっともないフォームで投げ、出来損ないの球を放る。
ただ、できる夫はそれを尊いものだと感じた。


         ___
       /     \ 
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ        ~~~~○
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃             ヘロンチョ
     |            `l ̄
.      |          |


我が強いが、向上心の高い奴だと思ったし、
投手に拘る投手のプライドは、理解できるものだった。


できる夫は、つい手を差し伸べる。


         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`
    /   ( ●)  (●) \
    |      ___´___    |     「肘が下がってますよ」
    ヽ、    `ー '´   /



       ___
     /     \
    /  \   /\
  /   (●)  (●) \
  |       __',_,    |       「頭が揺れていますね」
   \     /__/   /


       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \
  |        '      |       「上半身がちっとも定まらないですね」
  \      ⌒   /

773 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:20:07 ID:gMxVmojQ [33/104]

彼は言葉の度に鬱陶しそうに顔を歪めるが、


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \



意外と聞く耳持つようで、それらを気にするそぶりを見せた。


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /      (う~ん、こんな感じかお?)
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

775 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:20:31 ID:gMxVmojQ [34/104]

そんな日が、暫く続く。

,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''
                                       .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
                                 .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..
                             (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:.
                              (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .: ... .. .
                                 ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    . ..::
                                      '' ' 'ー '''  '' ―''' '' ‐-''
       ;"ヾ;   ;"ヾ ;"     ;:;:.;:ヾ     ノ ;ヾ
  ;"ヾ  ;":;:.;:ヾノ)) " ;";  "ヾ ;" "  ;ヾ " ;  ヾ ;ヾ    ;;;ヾ ";;;ヾ";""
    ;ヾ ;ヾ ;";ヾ;"  ;ヾ ;ヾ ;  r""ヾ ;))ヾ ;":;:.;:ヾ ; ;ヾ     ;ヾ ;;: ノ
  ;"ヾノ:;:.;: ;ヾ r:;:.;:;":;:.;:;ヾ ;ヾ ;"ヾ ;:;:.:;:))      ";ヾ   ":(^);r ;ヾ  ;   ";:""; ";
:;:.;: ; " ;;" ヾ((ヾ:;:.;: ;"  ;ノヾ" ; ;:(^) ヾ ;";ヾ ;ヾ   "〃;ヾ ;ヾ":;:.;: ; ;ヾr ;;"  ..,,

779 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:21:18 ID:gMxVmojQ [35/104]

――そしてある日できる夫は、気が乗ってきて、彼にこう尋ねる。


       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i        「君は、どんな投手になりたいんだい?」
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \



やはり彼は、振り返りもせずこういった。

                                                   ____
                                                 /       \
                                                /   ─     ―
                                              /     ( ●)  (●)'
                         「・・・・・・おめーより、凄い投手だお」    |         (__人__)  |
                                              \        ` ⌒´ /
                                              /       ー‐  '

         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \
    |       、__',_,    |      「ハハ、それは怖い」
    \       `‐'´  ,/


できる夫は、それを一笑した。

782 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:22:10 ID:gMxVmojQ [36/104]



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



――1年目の、冬――

゚   。     ゜  ゚   。        ゜ ゚   。        ゜
         ゜  。   。       ゜    ゜     ゚ ゜  。   。
 ゜  。   。       ゜
゚   。     ゜ ゜  。   。       ゜  ゚   。        ゜ ゚   。
        ゜  。   。       ゜  ゜  。
  。       ゜    ゜     ゚ ゜  。   。
 ゜   。   。   ゜  。   。       ゜     ゜
    ヘ l ノ r  ゝYイソ。       ゜  ゚   。
   ゜ ゜ヽYソ   ヾvノ/ ゜  。   。       ゜
      |i|     ||i。                 ゜  ゚   。
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''、.''"""'゙゙''''''''"""'、.""''"''''"""''"""'''''"""''""
. ..:.:.:.。.. . .. .:.o:.. . .. . ..:.:. .゚.O.:.:..。..゙゙゙゙''''''''''‐-- 、,,,,,_  .~゙"'ー-. . ..:.:.:.。.. ..:.:. .゚.O.:.:..。.. .. .
..:.:. . 。   。       ゜    ゜    ゚ ゜  。`゙''ー-、   。 `'‐.、,,
 ゜  。   。    ゜  ゜  ..: . .. .:.o:.. . .. . ..:.:. . ,,,,-‐'゛     . ,,'' ゜  ゚
  :..。. . .. . :.  .゚.O       .:.:..。.. .. ._,,.--ー''''''"゙゙         ,,-‐'゛
。       ゜  。   。       ゜  . .:.o:.. . .. . ..:.:. .  ゜     ゚ ゜
  。   。 . .:.o:.. . .. . ..:.:. .。

秋季大会が終り、霜が頭を覗かせると、プロ同様に高校野球もシーズンオフとなる。

784 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:23:22 ID:gMxVmojQ [37/104]

室外競技ならどの部活動も同じだろう。

この時期は身体を壊しやすくなる事から、基礎体力のトレーニングが多くなり、
野球自体の練習量は減る。


                ,___
               /     \
             /  ⌒  ⌒ \
            /    (●)  (●) ヽ
            |       、__',_,    |           「室内練習場もありますが・・・
                \            ,/            筋トレに励むのが一般的ですよね」
            /_\::  ヽ ノ  .:::` `ー-、__
        ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ヾ__ ー ::|::...         ̄``ー-、
    _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:  (__) ::::::::|:.:.:.:...    r       \
 r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.::   ハ  ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.|  ∨ >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  |
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ

786 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:23:56 ID:gMxVmojQ [38/104]

今日も、ランニング中心の間ニューが組まれていた。
グラウンドに全員が集められ、まずは全員で揃ってグラウンドを10週する。



                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  |  キーーーン!!       |
           _    __   \_    __________/
         / ヽ   /  |    /  /
           ∥ ∥/l  ∥   / /
        _||__||_||___||  // ―――――――
       (((        ヽ ――――――――――――――
       Щ‐∩ー ∩‐彡 | ―――――――――――――
     /~l щー、щ―、 彡│――――――――――――――
     lノヽ、|{{}|{} } ||  /   ――――――――――――――
     ヽノ ` .=ニ^ニ=, ´ノ /   _/^l ――――――――――――――
      ヽ,_/ l二ロ二lTl ̄|| ̄(__ノ  ―――――――――――――
  /lヽ  __lo\ |:l ___||  lV ̄  /⌒) ―――――――――――――
  | | | ̄|     ̄ ̄ O ̄|=ニニ二_ノ~ ―――――――――――――
  V__ノー|_         ~|ー| ̄|| - ―――――――――――
        ̄ ̄`ー、__ノ___|≡||  ――――――――――――――
                  |__ノ  ―――――――――――――
                              ___
                             /    \
                           /  '⌒   \
                           |'". .. ・    |
                           |  ー‐'      |
                        / ̄∩\____/( ̄""''ヽ    ̄_ ̄二-  ̄_ _ _
                        ゝ_冫!__   ____\/_  〉
                         \_!:::|  |:::::::::::::::::::::::ヽ_冫ノ
                            |___,,.. -‐'''"ノ ̄.i     _ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _ ̄
                          (⌒ 、`ー、./-‐''" |7_|
                           \__"''__〈      ゝ-‐'
                              ̄"´


その後、競争形式のランニングに切り替わり、下位には罰として追加でのランニングが命ぜられる。

788 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:24:23 ID:gMxVmojQ [39/104]

できる夫が、好きではないメニューが始まった。



.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :  ,.r-===='   ヾ=⌒    l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___        ゝ       /__
/:: r' | r' ̄二ユ   --、__      / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|

790 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:24:46 ID:gMxVmojQ [40/104]

競争形式のランニングが開始するや否や、先頭集団が飛び出していく。
2年のレギュラーで構成された先頭集団に、ただ1人やる夫が混じって飛び出していく。


                                                 ____
                                         ―― [] ] /      三\
                                         | l ̄ | | . 三     \ 三/
                                         |_| 匚. | 三  .   ( ○) (○)'
                                            | |  三  u   (__人__)  |
                                            |_|   三    .  ` ⌒´ /
                                       [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
                                        //   三    i/ | ノヽ
                                       匚/     三   三   /    )≡
                                              三  三  /   /≡
                                             ニ三   ./   /
                                            二≡、__./    /、⌒)
                                           三          \  ̄
                                          三     /\    \
                                         三     /ニ ヽ 三   三
                                         三    /  ニ_二__/
                                        三  ./ .
                                       ≡  /  |
                                      ≡ /
                                     三_ノ


ギュンギュンと差が伸びていく。
できる夫は、やる夫の背を見ている事しかできない。


           ____
         /     \
       /        \
      /  \    /  \
     |    (●)   (●)   |        「・・・」
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \

791 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:25:42 ID:gMxVmojQ [41/104]

普段の実力さとは異なる境遇が、そこには置かれている。
ランニングに関しては誰もが、やる夫に一目置かざるを得なかった。


          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \



冬に差し掛かるまで、ランニングは皆でペースを合わせて行っていた。

やる夫の1年生離れした体力に皆が目を丸くしたのは最近の事、
このメニューが始まってからの事だ。


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒ __´___ ⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。
                               \    \
  NVVVVVVV\                     ヽ\、  ^\
  \        \                 \ .\\ヽ、   ^\、
  <         `ヽ、                \ .\\ヽ \    |\
  </ /"" \ .ノヽ. \                \. \  \ \    λ\、 
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ   「ちょwwwはええッス!!」  \ \      \、
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|                 \.  \   \ \      ^ー)\   「オラッシャ!」
  レ!小§    (__人__)  | イ━                 \  \.  ´⌒ヽ,⌒ヽ,_       ^)\、
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃                 \  \.    人  λ\  ____   ^)\λ
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃                  \.  「\    、  ヽ./ _ノ ヽ、\     |
  (受\  ∞   ∞  /_ノ                      \ \ \    ヽ./ ( ○)}liil{( ○)   て
  .\ “  _∞∞_ノ∞/                      \  \ .\ ./     (__人__) .\   (
    \。____  /                        \  \ ^|       |!!il|!|!l|   |   r'"
                                         Z_ . ヽ、_\     |ェェェェ|   /   て
                                           Z_   .\______/    (
                                             Z_               r'"
                                               Z、、            (
                                                ⌒ゝ人/^ゝ人/^ゝ人/^

793 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:26:11 ID:gMxVmojQ [42/104]

できる夫はというと、2番手集団の先頭を走っている。
それができる夫の最速のペース。できる夫の限界だった。

                   ハア
                     _____
           r⌒ヽ、   .  /ノ '  ヽ\
          / \  \. / ( ー) ( ●)
         _/ / ヽ   /    U   ___`___ \
        〈__/  . |  |       `ー '´  |
             /  .\     i⌒\   / ハア
              /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
          "ヽ |  i,        ノ   .\^ U i
            | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
            i /  //  ./
            ヽ、_./ ./  /
                / /
              ノ.^/   ダッ
           |_/



そして悔しい事に、この位置は、やる夫の背中がよく見える。

                                                   ___
                                                  /     \
                                                /::::::::::::::::    \
                                               /::::::::::::::::       \
                                               |::::::::::::::::::::::::   U     | ハッ
                                               \::::::::::::::::        /
                                           ハッ    | :::::::::::::::    | iヘ 
                                                |  :::::::::::::    ゝ__/
                                                | U::::::::::     /

795 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:27:00 ID:gMxVmojQ [43/104]

このランニングの何回目かに、やる夫が酷く頑丈な足腰をしているのに気が付いた。


           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /    キュムキュム
      〈、    /
       \、__ノ



しまらない上半身とは対照的に、下半身にはむっちり肉がつき、
ズボンがはちきれそうに浮いている。

陸上でもやっていたのか?

                 |::::::::::::::      ( / ̄ ̄\
                 |:::::::::::       /      `、
                 |::::::::::.      /  .....     ヽ    ―、_
                 `、:::::::::     / ...:::::::、:::..    \   | _) )、
                  |:::::::::::::      :::::::::::`、::::...   ヽ  |  `'、ノ )
                  ):::.:::::..........  .....::::::::::::/ヽ::::....   `、ノ ノ::::::`'ノ
                /::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::;/  \::::::..   ::::::::::_;;ノ
              /::    ::::::::::;;; ――--‐'      \::: ....ヾ:::(
            /::      ..:::::/             ヽ :::::::::::ノ
           /:      ..::;;::'"                `――'
           |:::    ..::::::/
           |     ;:<
           ヽ ,,,,,.....   \
            `ヽ、:::::::::::....  \_
              `ヽ、:::::::::......  !
                 `ヽ、::::::: ノ
                   );;:: (
                  ノ::::  |
               (_(_(_(_(_ノ


皆がそう噂するほど、やる夫は走りこんだ下半身を持っていた。

796 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:27:39 ID:gMxVmojQ [44/104]

その肉体は嘘をつかない。
やる夫は今日もレギュラー陣を相手取り、熾烈な首位争いを行っていく。

                                               _____
                                     r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
                                    / \  \. / ( ●) ( ●)
                                   _/ / ヽ   /     (__人__) \
                                  〈__/  . |  |       ` ⌒´   |
                                       /  .\     i⌒\   /
                                      /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
                                  .__   r  /     |/ー、\   \
                                 "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
                                   | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                                   i /  //  ./
                                   ヽ、_./ ./  /
                                       / /
                                     ノ.^/   ダッ
                                     |_/


普段の鬱屈をぶつけるかのように、やる夫はいつもこのランニングにムキになる。



::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)      (・・・)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

797 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:28:10 ID:gMxVmojQ [45/104]

一度やる夫が勝った時、全員を見回し、フンと鼻息挙げて見せた。


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /  フンッ
  /   `ー'´      \



その日の事は皆目に焼きついている。

                                                           ,..----r____
                                                       _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人
/::/:::::/厂|h{ 三≧>l:::::::::::冂::::二ニ->                               {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::}
l:/::::::/三 |{ ヘ レr' ,弌廾::|::l:::::::::∠,-‐ 、_rー-t                         ,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ
|/;:::::/>‐〒ヽY =≠ 乂リうV,-‐イ  ::::::/ ..::::/:                      (⌒:{ .:::{. !::( ,  /ヽ   \ ;;: :}
:l:::::ハ「__’イ ノ!\     _ h;ノ   /__ノ-、:_                        7_|∧ :::| 「::ノ| ∨  i! / ! |ト;::ノ
ハ::::小  ̄ ', ヾL \  = レ∠‐ 个  / /  ノ                         |  Y.:! lイl li ノ::::::::::::::`ヽ| 从〈
―l:;代_   ヽ ,、==、  Ξ,/   '  /   /..::                         |  :i {薔. |  (⑪):::(⑪)|l小iv
  |::ト、ぃ、  Y::::::::::\ =,/    ___  ..::::::     ((あのクソガキ・・・))       |  :| ゞ!. |   (_人_)│|ノ
  l  `^\   V⌒ ⌒| /|,、'` ̄      `ヽ、:::                         |  :|    |     ` ⌒´  |
  ヽ  /: :/i;h .V__ノ /:ノ____  .:::::::::::\                         |  :!    |           |
    /: : :{:::ハ`ヽ, ― ノ         \‐ 、::::::::::                         |  :!   .  ヽ      /
   /: :: :/ |::::|:\:`' T        .:::::::\:::::L                          |  :!      :| ̄(*) ̄|:
   |:::// |:::::|: : \: L__   ..::::::::::::::::::::|::::|⌒                        |  :!     .::l_,.イト、__l


2年のレギュラー総出になり、歯を食いしばってやる夫に勝たせまいとした。
皆、必死であった。

798 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:28:35 ID:gMxVmojQ [46/104]

やる夫がスパートに入ると、先頭集団全員が合わせてスパートを切る。

                                                  ____
                                        r⌒ヽ、   .  /ノ   ヽ、_\
                                       / \  \. / ( ○)}liil{(○)
                                      _/ / ヽ   /     (__人__) \
                                     〈__/  . |  |     ヽ |!!il|!|!l| / |
                                          /  .\     i⌒ェェ|   /
                                         ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
                                     .__   r  /     |/ー、\   \
                                    ."ヽ |  i,        ノ   .\^ U i
                                      .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                                      .i /  //  ./    
                                      .ヽ、_./ ./  /       
                                          ./ /         
                                        .ノ.^/
                                        |_/


できる夫は更に置いてかれていく。
やる夫はこの時間だけ、常にできる夫の前にいた。


          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |    「・・・」
    \      ´   u /
    /     ⌒     \

803 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:29:06 ID:gMxVmojQ [47/104]



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



1年の終り。桜が新入生を迎える準備を整えた頃。

ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:     ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ;ゞ `  ``
,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ ノノ ゞヾ .  ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ    `
ゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞ ;ゞヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞ;ゞゞヾゞ;    `
ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,;  ゞヾゞ___// ;ゞ   ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞ;ゞ    `
ゞヾ   ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.ゞ:,,ヾゞヾゞ__;::/      ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ
  ゞヾゞ;ゞ   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;ゞゞ;ゞ   ヾゞ  ,            `
ヾ;ゞゞヾ;ゞゞ |iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ        `
  ヾ    |iiiii;;;;;::::: ::|       `   `             `             `
  `    |iiiiiiii;;;;;;::: :| `      `            `    ` ,
 `     ,|i;iiiiiii;;;;;;::: :| `    `         `     `      ` `   `
     `  |ii,iiiiiii;;;;;;::: ::| `    ,
      ,|iiii;iiii;;;;:;_ _: :|        `        `        `,
 `    |iiiiiii;;;;;;((,,,)::.::|  `       ` ,
  `   |iiiiiiii;;ii;;;;;;~~~:|`               `
,       |iiiiii;iii;;;;i;;:: :: ::| `    `        ,
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|     `
,,.,.. ,..M|M|iMiiii;;ii:i;;:;i:i;;:;ヘヘ ,.,.. ,...... ,....~,,,.,..,,,.,.. ,.. ,.. ,,.,..,.,.. ,.... ,,,.. ,.... ,,,.,..

できる夫は久しぶりにやる夫の投球を見た。

806 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:30:03 ID:gMxVmojQ [48/104]

変化球の調子に納得がいかず、居残りの練習をする事に決めた。

できる夫は既に認められ、ブルペンの使用を許可されている。
しかし偶々混み合っていたがために、久しぶりに旧ブルペンを訪れる。



       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \
  /    (●)  (●) \         (今日は・・・イマイチですね)
  |        '      |
  \      ⌒   /


幸い翌日は練習が休みで、それなりのオーバーワークもカバーできるはずという計算だ。
無茶をして身体を壊す事は望んでいない。


          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |      「トレーニングは頭脳的に。あたりまえの事です」
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/


それは自分の長い野球人生を狂わすもののはずだったから。
できる夫は、練習のやりすぎに殊更注意する性格であった。

807 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:30:32 ID:gMxVmojQ [49/104]

久しぶりに交錯する、2人。

          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \


                                    ___
                                  /     \
                                /   ⌒  ⌒\
                               /   ( ●)  (●)\
                                |       ___´___   |
                                 ヽ、    `ー '´  /
                             /          \

808 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:30:59 ID:gMxVmojQ [50/104]

オウ、だのアア、だのどうでもいいやり取りをして、

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |    「オウ」
 \      ` ⌒´   /

                             ____
                            /     \
                          / ⌒   ⌒ \
                         /   (●)  (●)  \
               「ア―ッ!」   |      __´___     |
                         \      `ー'´    /


できる夫が軽く肩を回していると、


            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |      (さて、やりますかね!)
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \

810 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:31:18 ID:gMxVmojQ [51/104]

ネットが、爆ぜる音がした。

                                    _,,...._
                                 r‐''ir'',.-,  )           __       /``' ァ
                            _,. ,  _,.!.  ! (..ノ,.r'            /   /        /  /
                           l  lr',.´-ァ  i,,ー '        _,,,... 、.  /  ./       /  ./
                     .      l  l   ,.-'  r''  _,,.. -‐ _,,ニ" -‐ ‐ ' /  /'"! /\ /_/
                           l  l /,.r'i ./   !-‐ ''"         /   /l `'  ,. ' r‐‐r
                     .     l  l( '-'゙ノ                 '-- '´  '-‐'   '‐-'
                          !,. - `'' ´

         ____     l_
       /   u \    /
      /  \   / \   >
    / U (○)  (○) \ \
    |    u  __´,_  U |
     \u    /__/   /

811 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:31:42 ID:gMxVmojQ [52/104]

できる夫が身体をやる夫に向ける。


          ____ 
        /     \
       /  u   ⌒  \
     /      u (●)  \
     |           __´_ |
      \    u   .``ー/
     ノ           \
                                      ____
                                     /:::::::::  u\
                                   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
                                  /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
                                  |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
                                  \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
                                   ヽ           i    丿
                                  /(⌒)        / ̄ ̄´
                                  / /       /

やる夫は、続けてボールを放った。
再び、乾いた音を散らして爆ぜるネット。

813 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:32:01 ID:gMxVmojQ [53/104]

視線が、やる夫に集中する。
できる夫は、やる夫を凝視した。


           ____
         /     \
       / \   / \
      /  (●)  (●)  \
     |        ´      |       「・・・」
     \      ⌒     /



春に見たやる夫の球とは、雲泥の差があった。
球速が、格段に上がっている。


                                         ___
                                       /     \ 
                                      /   \ , , /\
                                    /    (●)  (●) \
                                    |       (__人__)   |
                                    \      ` ⌒ ´  ,/
                                .      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ        三三三三○
                                     |  ,___゙___、rヾイソ⊃              ビュッ!
                                     |            `l ̄
                                .      |          |


それでも、野球部の誰よりも球は遅いだろう。

ストレートばかり投げている事をみると、変化球はまだ上手くいっていないのかもしれない。

815 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:32:38 ID:gMxVmojQ [54/104]

だけどこの一年で最も球速が上がったのは、やる夫だろう。


          ___
       /     \
      /\   /  \
    / (_)  (_)    \      (中々やるじゃないですか)
    |    、_',__,       |
      \           /


できる夫は素直な感想を思い浮かべる。


冬の事があったからか、できる夫は初めてやる夫の体躯に気付いた。
強靭な下半身は、既に野球部一であることは証明されている。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  ジー
|        ___'___    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /

                                        ヾ___,ソl          │(、__,ノ
                                            |          |
                                            l    Y´     /
                                            ヽ,   (     ,/
                                             ヾ  |   |
                                              ≒;|   |
                                              (.("_`゙_)

問題は上半身がそれについていかなかった事なのだろう。
春のやる夫を思い出し、できる夫はそう考えた。


        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |    (フォームがガックンガックンしてましたからねえ・・・)
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

816 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:33:01 ID:gMxVmojQ [55/104]

けれどそれが改善されている。
硬球を投げ込む事によって鍛えられた上半身が、土台となる下半身を使い始めている。


                                       /'´ ̄ )/ヽ
                                      ./  Y/´ /,へ、
                                      く、 {./  // ├(⌒ヽ
                                       \ ヽ ヾ」  | ./  /
                                        ヽ ヽ !! /Y  {
                                         `ヽヽノヽ( ( )ヽ
                                          \       i ____
                                      .      i      }  \ / \
                                           |     :{ (●)三(●)\
                                      .     |:      :|   (__人__)   \
                                           |: :     :|    |::::::|     |
                                          i.| ::     |__   l;;;;;;l    /
                                      .    |  :      |  \´ ̄`/ ´ .ヽ
                                         /        .|::... ヾ  ゙ヾ;;::;" ..::\
                                         /       ヽ...}゙l:::::::::::...   : :;"  :::: 、
                                        {  . ノ      ヽノ :、:::::::::・;: ;;;;''、,::::・ ;:ノ.. ヽ
                                        ヽ::/:  ヽ.........::ソ "゙''ー--'''''" ゛::; "゛'...}、:::: |
                                         ヽ:::...:::::::::::::_/::゛'ー_  ,,;;;!、  ,,;;;  ,、:::ノ
                                           ̄ー─'i::::::: .゙゙,,、  ;::''"`;:::;'''゛゛` /'

球威が上がっているのも当然だった。

817 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:33:22 ID:gMxVmojQ [56/104]

できる夫が気付いたのは、それだけではない。
やる夫の体格。それに目を留めた。

                                         .        ____
                                        ..          /        \
                                               / _ノ   ヽ_   \
                                             / (●)三(●)    \
                                             |     (__人__)       |
                                             \   `ー ´     /
                                              / ゝ         ィ'ヽ
                                            /                 \
                                           /   ィ          r   \
                                           |   `||           |ヽ  ヽ
                                           /⌒ヾ|          | |,  |
                                           ヾ___,ソl          │(、__,ノ
                                               |          |
                                               l    Y´     /
                                               ヽ,   (     ,/
                                                ヾ  |   |
                                                 ≒;|   |
                                                 (.("_`゙_)

818 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:33:45 ID:gMxVmojQ [57/104]

やる夫が言葉の悪い奴らに、ちょくちょくメタボと陰口叩かれていたのを知っていた。
鼻で笑っていたものだ。

--------------------------------------------------------
           ____
          /_ノ   ヽ \
        /( ●)三(●)\       rっ
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / ^゙''_つ
      |     |r┬-|     |   /゚。 / ̄
      .\      `ー'´     /''"´、   /
     /u゚ `ー ----一-一''´u 。 ゚  /
   / 。 ゚。 r u゚  ゚。 u  ゚  イ_,,r-''"
   ( ゚。 `ヽ、_,r-っ 、   ・ /´
   ヽ、 __,、_,ニつ `゙ ''''" i
       ノ  。 ゚ u  ゚ 。 u゚ ヽ
     _ト-───────-イ_
  /´  `ー-、__   __,r- '"u ゚ `ヽ
  (  ノ ゚ u 、_  | ̄´|   _,,  ヽ )
  ヽ、_____  ̄`t-r'´ ̄__゚_u__,ノ
          )_/ \_(
--------------------------------------------------------


あれだけ走りこんでいる奴が、メタボな訳ないではないかと。


だけどやる夫の体躯は、パッと見ではそう見えなくも無い。
余程の大食漢かと思っていたのだが、それは全くの勘違いだったと気付く。


       ____
..     /      \
    /   \   /\
  /    (●)  (●) \
  |        '      |       (・・・)
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

819 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:34:16 ID:gMxVmojQ [58/104]

身長は大きい方ではない。
けれど、身体が日本人離れしてガッチリとしている。

肩幅が広く、肋骨のラインが太く、肉が分厚い。
                                          .           ____
                                       ..        /        \
                                                   / _ノ   ヽ_   \
                                            / (●)三(●)    \
                                              |     (__人__)       |
                                            \   `ー ´     /
                                                 / ゝ         ィ'ヽ
                                           /                 \
                                              /   ィ          r   \
                                          |   `||           |ヽ  ヽ

沖縄地方や、南国の人間に時折見られる体格だった。
一見鈍重に見える、強靭な骨格。

やる夫の肉体が恵まれているものである事に、できる夫はようやく気付いた。


     ____
   /     \
  /::::::::::..   \ \
/:::::::::::::::::::..  (ー) \
|:::::::::::::::::::::::::::..    、__|       (・・・)
\:::::::::::::::::::::::::::..   /

820 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:35:02 ID:gMxVmojQ [59/104]

だけど依然、上半身は仕上がりきってはいなかった。

                                                  / ̄ ̄ ̄\
                                                 / ─    ─ \
                                               /  (●)  (●)  \
                                               |  \ (__人__) /  |
                                               \_ | ` ⌒´ | _/
                                                /        |
                                               (_)| ・    ・ ||


できる夫は、それを悟ったとき、背筋に嫌な汗が流れたのを感じた。


       ____
     /⌒  ⌒\
   /(○) (○ ) \
  /    __´__      \
 |      -      |     (これは・・・)
 \            /


地肩の強さを鑑みて、自分程の才能を持っているとは思えない。

優れた投手は、大抵の場合図抜けた才能が一目で解る。
そういう素質は持っていない。


.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :  ,.r-===='   ヾ=⌒    l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___        ゝ       /__
/:: r' | r' ̄二ユ   --、__      / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|


恵まれていたとしても、自分と比較する程では無い。
そう思えたが、それでも。

821 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:35:27 ID:gMxVmojQ [60/104]

そしてできる夫は、口を開く。

          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |       「随分・・・できるようになりましたね」
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


彼は、一度だけ振り向き、

                                                   ____
                                                  /     \
                                                /_ノ  ヽ、_   \
                                               /(●)三(●))   .\
                                               |   (__人__)      |
                                               \ ヽ|r┬-| /   /
                                               /   `ー'´      \



                                                  / ̄ ̄ ̄ \
                                                /::::::::::::::::    \
                                               /::::::::::::::        \
                         「すぐに、追い越してみせるお」      |:::::::::::::::::::::          |
                                               \:::::::::::::::        /
                                               /           \

ポツリとそう呟いた。

823 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:35:43 ID:gMxVmojQ [61/104]

ひたり。












          |::::::::::::::::::::::::::::::|                                  |::::::::::::::::::::::::::::|
         ノ:::::::::┌─┐::::i                             i:::::┌─┐::::::::ヽ
        /::::::::::::|   .|::::::|                             |::::::|.   |::::::::::::|
        l /二i ̄ ̄iミヽi                                 .ir'ミi ̄ ̄i二\ l
        iシ ̄ .i   iヽヽi                              i,r',ri   i.  ̄シi
.        /    !   | ヽi                               i,r' |   !    ゙i        ( ⌒ヽ
         /      |   |  i                               i.   |   |      ゙i      (    )
      丿     |   |   i                                 i   |   |       \    )   )
     r´        !   !   }                                {   !   !        `ヽ  ノ  ノノ
     ト-‐ '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`' ‐イ ∠ノ ゞ゙´、
     `────────';.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.'────────´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


足音が、聞こえた気がした。

825 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:36:11 ID:gMxVmojQ [62/104]



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



2年になって、やる夫とできる夫は、同じクラスになる。


┏─────┓  . . ..::::::::::|  ||  ./
│≡≡≡≡≡│  . . ...:::::::|  ||/     ||
┗─────┛    . . . .:::|  ||       ||  |  .
    (◎)         . ..:::|  ||/     ||  .! :   :
    ヽ|ノ          . .::|  ||       ||   | :   :
__(__)_________|  ||       ||  | :   :
                \|  ||    / ||  ,i :    :
 ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||.  \. // ,|i〕  | :    :
==||====||=〔 ̄ ̄ ̄〕||====||    \.    ||  ,| ::   ::
\||__\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\,||.      \  ||  i ::   :::
  \  ||\______\        \,||  | :::   .:::
 ̄||.   ||\||   :=:   || ̄        \ | :::   ::::
 ̄||:   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| \         ノ .::::   :::::
  ||      ||          ||..  \         ゙^ヽ,  .:::::::
           〔 ̄ ̄ ̄〕.    \         `~、
 ̄ ̄\    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.. \
     \.    ||\______\ . \
 ̄ ̄ ̄||~     ||\||   :=:   || ̄.   \
 ̄ ̄ ̄||    ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||        \
      ||.       ||          ||


ただ、できる夫は少し前のように、やる夫に話しかける事は無くなった。

827 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:36:34 ID:gMxVmojQ [63/104]

意識してしまったからだ。ライバルとして、やる夫を。


          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |
       \  ´           /
           \ ⌒    .__/
          /        \




1年も経てば、同じチーム同士でも格付けは済む。



          ∧_∧        「できる夫には敵う気がしないな兄者」
    ∧_∧  (´<_`  )
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |        「元から素質が違うのだよ弟者」
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃



中学の頃から名を轟かせたできる夫は、瞬く間に居並ぶ同級生を置き去りにした。

828 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:36:56 ID:gMxVmojQ [64/104]

『別格』。
その評価に多少の満足を覚えるが、そんな所はそもそも見ていない。


                _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
               ,r'        \
              / ⌒         ヽ
                ( ●)   `―    ..i
              i.      ( ●)    |
                \ _´___       /
                 \`ー'´   __/
               ,-'"X ヽ  ̄,イ !:: ヽ __.
             __イ:::::::|l, \/  | !:::::ゝ::::::::::::::~゙l
             ,-‐'":r┤::::/|,イソ\ ! ヽ: ̄!::::::::::::::::ヽ
         |::::::::|:::::::::,! .' / l     〈:::::::|:::::::::::::::!::::``ー-、
          |:::::::::::|:::::::j    !-|     ', :::: !:::::::::::: !:::::::::::::::::::`ー 、_
          !::::::|:::|:::::::j    |-┤     !:::::l,:::::::::::::,!:::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-、
         ,!:::::::,|:::|::::::|    ├┤      l,::::|:::::::::::::|_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         !:::::::::l:::l:::::,!    |─|      ', : !::::::::::!  ``‐--、__::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,!:::::::::::l:: !:::|     ├┤      .!::,|:::::::::|        .~`ー-┐:::::::::::`、
         !::::::::::::|::,|:::,!    |-┤      .!:::l::::::::,!           ~ !:::::::::::::ヽ
        |::::::::::::::j:::l::,|    ├┤       .:|:::::::::|               ヽ::::::::::::::ヽ
        ,|::::::::::::::::|:: !,!     |‐┤      .|l::l::::::::|.           ィ=r=ーi'~=二l7
        !:::::::::::::::::|:::|j      | │      .八:l:::::::|.         /≡≡= !  r'´
        !:::::::::::::::::|:::,||    ヽ./      / ̄ !j:::::::ゝ        `ーーf´---'"


できる夫の目標はプロのエースになることにある。
端から同じチームメイトなど、眼中に無い。

830 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:37:59 ID:gMxVmojQ [65/104]

才能に加え、努力家で、理論家だ。
慢心も、欠片も無い。素質が素直に伸びていく。

今年は3年生を差し置いてエースナンバーを手にすると、誠しやかに噂されているが、
できる夫からすれば――


        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |      ___`___     |     「あたりまえでしょう?」
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /


――という事になる。


同じチームの投手に、全ての成績でできる夫が勝っていた。
考慮される時点で腹立たしい。


          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |      (それが事実ですから)
       \  ´           /
           \ ⌒    .__/
          /        \


そんな感情すら持っている。

832 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:38:25 ID:gMxVmojQ [66/104]

誰もが、できる夫を特別扱いした。


       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/   中 \
    |リ||リ/  ─   ─ \
    (川/    (●) (●) \
    ||ト|     /_人_\   |         (できる夫は・・・別アル)
    iリ\   §` ⌒´§ ,/
      /     ┌─┐
      i   丶 ヽ{beer}ヽ
      r     ヽ、__)一(_丿


        ____
      /  ノ  \\
    /  (●)  (●)\ヽ
   / /∪  (__人__)   \\
 /  ./             | \
(___ノ\  /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    「いや、できる夫と比べられても・・・」
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


それはできる夫にとって当然の事だったが、1人、異なる感想を持つ男がいた。


      ___
     /     \
   /::::::::::::::::    \
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::         |
  \::::::::::::::::        /
   | :::::::::::::::    | iヘ
   |  :::::::::::::    ゝ__/
   |  ::::::::::     /

834 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:38:50 ID:gMxVmojQ [67/104]

できる夫を抜き去り、自分がエースになろうという男。

----------------------------------------------------------------------------------------


                                                  / ̄ ̄ ̄ \
                                                /::::::::::::::::    \
                                               /::::::::::::::        \
                         「すぐに、追い越してみせるお」      |:::::::::::::::::::::          |
                                               \:::::::::::::::        /
                                               /           \

----------------------------------------------------------------------------------------


野球部から半ば外れたところにいるあいつは、チームの外にいようとも、実力が足りずとも、
ただ1人、できる夫が意識する存在だった。


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : :            \
  /: : : _       _   \
/: : : : ´  , `      ´   `    \
: : : : :/´ `ヽ      r´ `ヽ.     \
: : : ::(  f;;;;j l,     l f;;;;j )      l
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;:::    |
: : : : : : ´"''"   '   "''"´        l      (・・・・・・)
: : : : : : . .    `           /
\: : : : : : :. ー -- - -     /
/ヽ: : : : : : : : : : :       イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´      \
: : : : . : : . : : .                 \

836 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:39:34 ID:gMxVmojQ [68/104]

2年の夏。
大方の予想通りできる夫はエースナンバーを手に入れる。


            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ
    |    //  、__',_, // | =3    「えー?わたしですかー?まさかー!!?」
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´



快投を続け県大会決勝まで進んだが、打線の援護無く敗れた。


       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \
  /   (●)  (●)   \
 |     、 ´       |  (( ∩))     「私は打たれてませんよ?
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒)    打たれたのは2番手です」
  /          \



この頃から、できる夫は県下ナンバー1投手と囁かれ始め、
プロのスカウトからも注目を集め始めた。

837 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:40:09 ID:gMxVmojQ [69/104]

2年の秋。
秋季地区大会でもできる夫は、段違いのパフォーマンスを見せ付けた。


                / ̄ ̄ ̄\
.                 /ヘ、  _ノ  \
             /(●)  (●) 八. \_
             |   __`__    ⌒  :|ヽ、
              \  ´  `       イ:!::. :. . ....::===‐- 、
             _/ .:ヽ :i::::::::    /.: /:::':.. .:..,. ''.   . :.:.:`ヽ
      , --―'´;.:.、... .: .:i :i::    /:  .:::..:,.‐''". .      .:、  :.:::}     「フンッ!!」
     /   . :.:.ノ:. ..\.ヽヽ:  , -‐''´ .    .   :     .::l . :.:.::|
   /   . .:.:.:./:.     `ヽ、::/         .:::、:.. ..  :.  .::i ...:.::!
    |  . . .:.:.:;イ::      .:i::.          . .::`''‐-、ヽ、.:.. . .:: .:ノ: :!
  /{::. : : .: '´.:.i::.       . :|:      . .:: :.::::::::::::/゙"ヽ、:..:.::´::..: :|
  ,' `: :...:.:.:.::.::;!::.. .    .:.:|:     . . . :: :.:.:::::::::{::. .::;'`:‐ .::.: ;!:|.
 {   :. `''''゙´|:::.:.:. : . . . .:::l::.   . .. .. .:.::..:.:::::::::::|::. . ::i   ..:::iく ::|
  {:.:.. .:.. . .:.:::ト、:.:.. . .  . .:.:;!、::.. . . . ... .:.::..:::::::_;;.ゝ、..:|    ..:ノ
 /`'''  、,,,___:ノ \::. :.....:.:ノ::..`'ー::.....;;;_;;:.-‐''....:...:::,>'=、  .::i :.::}     ┓ ┃┃   ━┓.   .      /| . 
. {:.:. .   ___\   ` ‐-=、:::.:.. ..::r ー-=、.....:...::..::::/      . .:::! :; ::|     ┃ ┗╋  ━┫|   レγヽ   / |⌒i
 !ー: . /:::___;>┐    \:.. :! ,.-―:‐、:: ,,.:‐''´    . . :__;ノ.イ.:.::|       ┻   ┃  ━┛|< | | |.  / |  |
 ';.:../:::::/´、   ̄)ヽ. _,r―‐亠- 、!::::::::::::::|「:     . . - '''´. : :丿.:/


2番手投手が育っていないためチームは勝ち進まなかったが、
最速140キロを超えるその投球内容に、毘都附でただ1人全国レベルを囁かれ始めた。

838 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:40:32 ID:gMxVmojQ [70/104]

あいつは、依然誰の注目も集めていない。










----------------------------------------------------------------------------------------


                                                  / ̄ ̄ ̄ \
                                                /::::::::::::::::    \
                                               /::::::::::::::        \
                                                 |:::::::::::::::::::::          |
                                               \:::::::::::::::        /
                                               /           \

----------------------------------------------------------------------------------------

840 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:40:52 ID:gMxVmojQ [71/104]

2年の冬。
再び、できる夫はあいつの後塵を拝む。

             ___
           / ヽ  / \
      r⌒ヽ / ;;( >) (<)
      / /\ .| l|lii!:::::: __´,_ ::i
     〈__/  }| ::::::u; /  / ;::::|
         / \     `⌒´_/
        /           \                                        i^ヽ
       /      / ̄ ̄ヽ )                                       ノ .|
   _  r  /⌒ヾ/   //                               _____   / ./
  "ヽ |  i,     i    (_ノ                               / ー  ー\. /. /
    | ヽ/ ヽ、_/  /::::::::::::::::::::::::::                             / ( ●) ( ●) /
    ヽ、_/ / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         /     (__人__) \
        (/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::                           |       ` ⌒´   |
                                  <\_______\            /
                                   ヽ_______,_\______/
                                              /      /
                                              /     /
                                             /     /
                                       rー、   {    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                       | ヽ \ / ヽー―─―/  /
                                       匕iヽ, /  ./    /. /
                                          ヽ、_./      / /
                                                  / ヽ,
                                                  ヽ、__つ


一年ぶりに立ち塞がったあいつ。
今年の冬、誰にも前を許さなかった。


        ___
    /      \
   / ::\::::::/::: u\
 /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
..|       、__',_,   u.   |      「ハハ、誰でも一芸はあるものですよね」
...\    `‐'´     /
.  /⌒ヽ   ー‐   ィヽ

841 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:41:21 ID:gMxVmojQ [72/104]

そして必ず、できる夫を睨みつける。

                                             ____
                                            /⌒三 ⌒\
                                          /( ○)三(○)\
                                         /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                         |     |r┬-|     |
                                         \      `ー'´     /

       ,. -―- 、
      /        \
    /  -‐    ‐-  \
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ
   {       `      }
    ゝ   `‐‐--   ノ
     >ー       ゝ、
   /´             ヽ
   l    i          l  i
  .l    l        .l  .i
  l    l         l  .i


言葉は無くとも、言いたい事は解る。



あいつはまだ、少しも諦めてはいないのだ。


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \


               ――――そういう、事だ。

844 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:41:53 ID:gMxVmojQ [73/104]



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



そいつがようやく皆に姿を見せたのは、3年の春休みだった。
やる夫が2年ぶりに、皆の前でマウンドに立つ。


          ____
        / _ノ   ヽ\ ギロッ
       / (●)三(●)\
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
     |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, /
       /        \
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l
       l   、__.    l
       l    ∧    l
.      l    / l.   l
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \
  /                 i


練習後延々と投球練習を続けるやる夫を、監督は無視し続けていた。
自分の命令に背く行動だと思っていた。

                                           ,,、、、ィ イr.ィ;;;ィ.、、、
                                         ,ィイ、;;.:.:;:.:;!;:.:!;:;::;:;:;:::;:;ミ、
                                        ,彡;:;;ヽ;:;j;;;|;:;j;;ノ;;,r'´;;;;:;:ミ
                                        ゞミ,r''ヾ゙,Njィイ'゙´ ``ゞミミ{
                                        `ト;;j_,,、-- 、  ,rー-、 ミ;;N
                                 (( ィヘ     ゙i;;| ,,ィエコ`j  'エユュ, ミ;jリ
                                   !..レ'⌒\...,N , , ,  ノ  , , , j!ハ
                                   .ヽー⌒ヽ .ヽl    ヽ     j/,ノ
           「悔い改めるまで起用しない。            .! ..lヾ、  ェェェェァ  ,斤リ
            指導者として当然だよね?」             ! ..!、..ヽ_ノ _/ .. ,イ |'′
                                        .. \..`</.ー─ './  |‐、_
                                         ,r‐ー''´ヽ .:.:.:.::::/ ,、 ' ノ7`ーr 、
                                        ,イ   ト、 \  ,r'´   /:/  i  `''ー- 、_
                                      _//    | \,ヘV/ヘ 、_/:/   |       \
                                    _/ /     |    !⌒7   /   _」

847 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:42:43 ID:gMxVmojQ [74/104]

やる夫は野手の居残り練習を一切しない。

野球部の規則が、練習時間は17時まで。


.      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
      /    . . :; : : :\       ┃|
    /      . . : : : : : :\        ┃|
.   |         . : : : : : : : :| .       ┃|      「・・・お疲れ様ですお」
    \_    . : :〃: : : :,/         ┃|
     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|
    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
.   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |

その後は自主練習という“名目”になっているのをいい事に、
サッと切り上げ、勝手に旧ブルペンに入っていく。



      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)
   |      (__人__) 〃/ ノ
   |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))
   \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
   / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
  (___)    /      ))


そんな奴を認めるわけにはいかなかった。
それを認めては、チームの和が崩れる可能性もあった。

850 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:43:18 ID:gMxVmojQ [75/104]

けれど、それが2年も続くとなるとどうだろうか。

やる夫は練習をサボっていたわけではなかった。
寧ろ練習後を本番と捉えているようなやる夫の練習量は、誰よりも多いものだ。


  _______ /⌒ii⌒l_________
  _______≫≪≫≪        ヽ
               /   | .i  i  ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄.| ̄ ̄ ̄
            /   | .l  .l   r:'ニ二ニ |.;:、
            /    ⌒  `、  |`ーー‐‐彡|
          |        |  |     ..|
            |         |  !      ,!
         /         ゝ  ゙ー‐‐‐‐''’
        /            \
      /  /    、_ ,    \\       <フン!フン!
   ⊂⊃  /| u  ( ̄Y ̄)    |  ⊂⊃
   ゝ__ノ/  \  (●)  (●) /\ゝ__ノ
.           \ /   \ /
     ⊂二⊃   \___/    ⊂二⊃
     /====\            /====\
    (= ==== ==)  ::::::::::::::::::::::   (= ==== ==)
     \__/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \__/
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


従順さは欠片も無いが、真面目に野球に取り組んではいた。


故に梅岡は、やる夫に一つご褒美を与えた。

皆が昼の休憩を取る中、やる夫に投げてみろと声をかけた。
投球を見てやる気になったのだ。


                                              ,,、、、ィ イr.ィ;;;ィ.、、、
                                            ,ィイ、;;.:.:;:.:;!;:.:!;:;::;:;:;:::;:;ミ、
                                           ,彡;:;;ヽ;:;j;;;|;:;j;;ノ;;,r'´;;;;:;:ミ
                                           ゞミ,r''ヾ゙,Njィイ'゙´ ``ゞミミ{
                                           `ト;;j_,,、-- 、  ,rー-、 ミ;;N
                                            ゙i;;| ,,ィェテ`j  'テェュ, ミ;jリ
                                            ,N , , ,  ノ  , , , j!ハ
                                            lハ!    ヽ     j/,ノ
                   「やる夫、ちょっと投げてみろ」       ヾ、  ー==‐'  ,斤リ
                                              `ト、       ,イ |'′
                                              ,〕` ー─ './  |‐、_
                                           ,r‐、ノ ヽ .:.:.:.::::/ ,、 ' ノ7`ーr 、
                                          ,イ   ト、 \  ,r'´   /:/  i  `''ー- 、_
                                        _//    | \,ヘV/ヘ 、_/:/   |       \
                                      _/ /     |    !⌒7   /   _」        〉、
                                    _/  ,/      !    〉^{   /  <        , イ /i

851 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:43:58 ID:gMxVmojQ [76/104]

やる夫はギラリと目を輝かせると、のそのそとマウンドに向かう。

  .        ____
 ..          /        \
        / _ノ   ヽ_   \
      / (●)三(●)    \
      |     (__人__)       |
      \   `ー ´     /
       / ゝ         ィ'ヽ
     /                 \
    /   ィ          r   \
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
    ヾ___,ソl          │(、__,ノ
        |          |
        l    Y´     /
        ヽ,   (     ,/
         ヾ  |   |
          ≒;|   |
          (.("_`゙_)


梅岡の、気まぐれのように与えたチャンスを、遅い、と罵るかのように、
ふてぶてしくマウンドでそっくり返る。


肩を暖め始めたやる夫を、できる夫は苦々しく見つめる。


              ( ヽ、
     /.:. ̄ ̄__\ \
    /: : :    <__ \ \
  /: : : _  <__ \ \ ヘ /⌒/
/: : : : ´  , `└--ミ ヽ、\ - \ |
: : : : :/´ `ヽ    丶  -     〉
: : : :.( ー‐ l    ( \        !
: : : : ヽ_ ` _ノ      \_ヽ     {
: : : : : : ´"''"   '   "''ヘ      > 、
: : : : : : . .    `     \   ∠/ヽヘ
\: : : : : : :. ⊂ニニつ    \(⌒)   ノ \
/ヽ: : : : : : : : : : :         ヾ、 /    \
   /: : : :``ー- -‐'"´     \/ \(
,'⌒ ゝ ハァ
ヽ_ノ


これで奴が出てきてしまう。
そう思った。

853 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:44:22 ID:gMxVmojQ [77/104]

やる夫の投げるボールは、梅岡を驚愕させるものだった。
放物線を描く綺麗なカーブ。


               .,..-''''"´. ̄  ̄ ̄"゙''''― ..,_
              /            _,..,,,,..,,,__`゙''''ー ,,_
            ./          ,/´      . ´゛'''ー-..,,゙'''ー..,,
            l゙         /               `゙''ー ミヘ..、
            !            !                   `''' `'‐、、
            !            .|                       ゛
            .!         ..l,
             |,          ヽ
             . l          ヽ
              ヽ          ヽ
              .ヽ           ヽ,
               ヽ           \
                ヽ.           .\
                 ヽ,            \
                     ヽ                \
                      ヽ                   \
                     ヽ                 `'-、
                         ヽ               `'-、
                          \                ゙'-、
                        \                `'-、
                          \                   、\
                              \                   \、
                               \             :  \\
                                 \  .、          \\\
                                  \ .\ \ \  .、 \ \\
                                 `  \ \. \\\ \\、
                                        ゛  .\ .\  .\ \

我流のはずのそのカーブは、大きく割れて、沈む。

誰にも教えられていないはずなのに、リリースも、肘の使い方も変化球とバレない使い方。
―――作りこまれたフォームだった。

855 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:44:52 ID:gMxVmojQ [78/104]

次に投げたストレート。130キロは優に出ていただろう。
当然だとできる夫は思う。

`'-、   \    \. .\    .ヽ  ヽ .ヽ   !  ││ |  ! .!  l   /    /  ./  /   . /  .,/
   `'-、.  `'-、  `'-、 \   .ヽ ヽ .l   !  .l |  !  .! l  l   ./   /   /   /   .../  ,/゛  .,..‐″
`'‐、、  `''-、  \   \ \   .\ .ヽ .ヽ  .l  .! .| .!  l ,!  /  ./   ./  ./  /   . / ,/゛ .,..r'"
...,,  `''-..、 `''-、 ゙'-、  `'、. \   ヽ, .ヽ ヽ .ゝ  ! .! ′.| .l゙  ′ /   /  / /  ./ . /  _..‐'゛ ._..-'″
  `''ー、,、 ゙''-、、 .`'-、. `'-、 .\ \  ヽ. " ゙ヽ    l     .!    /  ./ ./ ,./  ,/. / . ,..r'" .,..-'″  _
- ..,_   `'''-、、`'‐、、 `'-,,. \ .`'‐.\  `-                 : '"/ .‐゛ ,/ / ._..‐″_..-'″ . _.. -'"゛
   .`'''ー ,,_  `''-..,,`''-、. `''     ゛                      '"  . / .'"._..‐"._..-'" ._..-‐″
~ ,,,_   .`''ー ,,. `''ー、,゙'-.                             . ‐゙_..-'".._.. ‐'"     _,, ー
    .`゙'''ー ..,,、 `'''ー ..,,                                 .゛ .‐'"゛  . _,, -''''"   ._,,,..
‘''''―- ..,,,,_,   `゙"'ー-..                                  : .-‐'''"゛_,,,.. -ー''"´    
        `゙゙"''―- .                                      .‐'''"´.__,,,.... -―''''''゙゙ ̄
"'''''¬――-.... ........,,,,,,_.                   ._..、- ー、             .__二,゙,゙,,............---―ー''''''
__________                /     /               _________
_____,,,,,,,,,,,.............. ----                 /     . /
         _,,,,.... --‐             ゝ.... -'"゛                    ゙゙̄"''''''―ー-..........,,,,
..... --ー¬''^゙゙´_.. -ー                                    . `゙゙'''― ..,,,_
  _,,,.. -‐'''"´ _,,, ー''二-                                  `゙'''ー ,,_   .`゙゙''''―
`   ._,,, ー'''"_,, ‐''"゛                                      ー、,,. .`゙''ー ,,,、
-‐''"゛._.. -''''"   _.. ‐'"_..-'"                                    ,,.   `''ー .._   `゙'''ー
. -'''"    ._..-'"´._..-'",..-'´ /                                   ゙''-、、    `''ー .._
   . _..-'"´ ,..-'" ,..-'´ .,/     .,,‐                        `-、 .\、  .`''-、.     `゙
.. -'"  ._..-'" ,/´ . /   ./ / 、 ,,   /  .,i      i  .、           '、、 \   \    .`''-、,
  _..-'" ._/´ . /    ,/  /  ./  ,/  ./  /  !  . │  !   '、 \  .\  \.  `'-、    `'-、、
'"゛ . ,..-'´  . /    /  ,./   /   /   ./   !  .! │  l  .l   .ヽ  ヽ   .\  `'-、  ゙'-、     `
._/´   /     ,/  ./  ./   ./    ./   l゙  .|  .,!   .!  .l    .ヽ  \   \  . \    \
   . /     /  /  . /   /    /   /  ,!  !   !   l    ヽ  ヽ    \.  .\.   `'-

あれだけ強靭な下半身。

そして作りこみ、上乗せされた頑丈な上半身。

856 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:45:12 ID:gMxVmojQ [79/104]

その程度、あいつならやってくるだろう。



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : :            \
  /: : : _       _   \
/: : : : ´  , `      ´   `    \
: : : : :/´ `ヽ      r´ `ヽ.     \
: : : ::(  f;;;;j l,     l f;;;;j )      l
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;:::    |
: : : : : : ´"''"   '   "''"´        l
: : : : : : . .    `           /
\: : : : : : :. ー -- - -     /
/ヽ: : : : : : : : : : :       イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´      \
: : : : . : : . : : .                 \


できる夫からすれば、当たり前の事だった。

860 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:45:43 ID:gMxVmojQ [80/104]

梅岡が思わず立ち上がる。

                                     ,、、-‐.:.:.:;;;:;:. 、、、
                                    ィ彳.:.:.:.:.::;:;;;jリ;:;;;:;:;:.ヾ
                                   ィイ.:::;;、;:;:;:;:;;',;1j;:;:;:ノ;:;;:;:;;ト、
                                   ィ:;:;;;,r'"`ヾ;:j;llk''''`ヾミミ、;::;ミ
                                   ヾ;j!   U     `、.;:;:;ミ
                                    リ , --    ─-  ト;:;シ
                                    ハ ,rェェ、  rェュ  Y
                                    ヽ!    l     り
                                     ゙、    `  U ノソ
                  「今のが最高か?」         `、 ー ‐  ,.イリ
                                       ,ト、 _ /  l|
                                     , イノ      ,介、
                                   , ィ´i   \   _/ /| \
                               , ィ"´  i l    ,ヘ ∠  / 1   `ヽ、
                           ,,、-‐''´ iii|   | ト、  |1:;;;;;ハ /  !     `ヽ、
                          / i  1   |     | ヽl 〉;;l V  !  i      \
                         ,/  .:l  |   |        l:;;;;|    !  |:       \
                        /  .:.::|  |lllii !  i  !.    |;;;;:|   l   |:.        ハ


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |     「肩が暖まりきれば、もう少しは早くなりますお」
 \      ` ⌒´   /



やる夫は無表情にそういうと、固まっているチームメイトを流し見して、

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

フン、と鼻で笑ってみせる。

862 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:46:15 ID:gMxVmojQ [81/104]

この時梅岡は、練習試合で1度やる夫を試す事を考え始め、


                                           ,,、、、,,,, ,,,,、、、、,,
                                        ,,、‐'.:.:::;:;:;:::;:;::::::::.:.:::ゞ、
                                       ,イ.:;:;:;、:;:;:;:;;:;:;;:;;:;:;:::::::;:;::::`ト、
                                     ィイ.::::;:;;;:;`i、;:;;;:ji!;:;:;リ;:;:;;:;:;:;:::.:::.:゙、
                                     ゙ゞ.:.`ミゞ.::ゞ;:;;;ノk;;;jii!彡.:.:.:ヾミ.:;/
                                      i.:;:;;j′   ``""´ ̄ `ヾ;:;::j
                                      l.:;;リ              リ;;!
                                      ヾj! ´ ̄``   "´ ̄`  j!リ
                                       ハ  ==ミ、 ヽ  ==、 jj;!
                                       〈カ                l !
               (悩みの種の2番手投手が・・・       `1. ////   '゙  //// /′
               解決か!?)                  ト、    、__,   ,イ′
                                         ヾ::.、       /リ
                                          | .::.\ _ ,/  1
                                         ,.イ:::.:.:       ト、
                                      , _ ..ノ⊥:::.:.:.      ,、‐'´ ハ、_
                                _,,、、-‐'"´   i   `ヽ、  ,、‐'´  /  i  ``''ー-、、
                              ''"´          .:|\    ハ ハ   /i  l       ``ヽ
                                      i::.:.:|  \.  l;:;;;;;;;;l  /.::l  |
                                      |.:.:::|   \ト、;:;;;ハ/ .:.:::|   |
                                      |.:::::|      l;;;;;〉  .:.::::|   |


できる夫は、ついにアイツが同じ土俵に乗ってきたのを悟った。


          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |        (・・・・・・)
       \  ´           /
           \ ⌒    .__/
          /        \

866 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:46:41 ID:gMxVmojQ [82/104]

ひたり。












          |::::::::::::::::::::::::::::::|                                  |::::::::::::::::::::::::::::|
         ノ:::::::::┌─┐::::i                             i:::::┌─┐::::::::ヽ
        /::::::::::::|   .|::::::|                             |::::::|.   |::::::::::::|
        l /二i ̄ ̄iミヽi                                 .ir'ミi ̄ ̄i二\ l
        iシ ̄ .i   iヽヽi                              i,r',ri   i.  ̄シi
.        /    !   | ヽi                               i,r' |   !    ゙i        ( ⌒ヽ
         /      |   |  i                               i.   |   |      ゙i      (    )
      丿     |   |   i                                 i   |   |       \    )   )
     r´        !   !   }                                {   !   !        `ヽ  ノ  ノノ
     ト-‐ '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`' ‐イ ∠ノ ゞ゙´、
     `────────';.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.'────────´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


足音が、大きくなる。

867 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:47:13 ID:gMxVmojQ [83/104]


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



3年、夏の大会前。


できる夫は、当たり前のようにエースナンバーを手にした。
そんなことはどうでもよかった。

           ____
         /     \
       /        \
      /  \    /  \
     |    (●)   (●)   |
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \


もっと気になる事があった。


       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \
  |        '      |       「・・・」
  \      ⌒   /




奴が、15番の背番号を手に入れた。

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .::::::::::::1:::::::::::5:::::::::::....ヽ


それができる夫に気にかかった。

869 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:48:19 ID:gMxVmojQ [84/104]

3年になってから、やる夫は、ようやく投手としてのメニューを許された。
練習試合で時折、できる夫を差し置いて先発した。

                   ___
.                 /;;;;;;;;;; Y ;;;\
                 /;;;<二二二二二>
                /  ( ●)三(●) 
.               | ::::::⌒(_人__)⌒ヽ 
            ,ヘ  」     |r┬-|   |
           ()_()`ヽヘ     `ー'´  _∠,_
             'ー-‐'"/7´ ̄  | .|二二 _>、   ┼┼``     \、.  j、_人_,.ィ,__,人.
                | |. | .| ___.n/_,, ‐'⌒ヽ   ノ  ツ      _) ̄          `て
                .|g.e.r/   へ||(_____/           J  グハハハハハ   {
                |   '、_r 彡/.|.|                  )             〔
               .|    .| `ー、_.l.|                  ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"`v'``
               .|   | .| .|    .|
               ./〉 、 | .| .|    |
              // .ヽニロニlTlニl ̄|
             //         ヽ`ヽ
           //  / ∧ \    "''‐'、
           ./////           '、
         /  .//  .,,-''"⌒''-,,    \ .i
      / ̄   / ,, -''"      `'-,    ', |
    ///  _,, -'"           `i    ',
   //  ,, -''"                | | .|  .|

そして結果を残した。

870 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:48:44 ID:gMxVmojQ [85/104]

毘都附の2番手投手の座を実力でもぎ取ったやる夫は、薄く笑ったが、


       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /



それを歓迎するチームメイトは一人もいなかった。

                                           NVVVVVVV\
       ,.f"ミミヾ、                   / ̄ ̄\        \        \
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、              /      \      <         `ヽ、
    ノ彡リノ/   中 \             |    -‐'  へ l      </ /"" \ .ノヽ. \
    |リ||リ /  ─   ─\         | u(● )(● )|       //, '田     )  \  n:
    (川/ u (●)  (●) \        |      | u |      〃 {_{    ノ    ─    ||
    ||ト|     /_人_\   |         | .U  __´___   }      レ!小§  (●)三(●) | 「| |^|`|
    iリ\   §` ⌒´§ ,/         ヽ        !       レ §   (__人__)  |ノ| !  : ::}
     /           \          ヽ       ノ       /   ゜。  `ー'´ 。゜  ヽ  ,イ
   /          ヽ  ヽ         /      く        (愛\  ∞   ∞  /_ノ
   (   丶- 、      __ノ  )        /        ヽ       .\ “  _∞∞_ノ∞ /
    `ー、_ノ     (_,,-─´                         \。_\\\\\/

872 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:49:21 ID:gMxVmojQ [86/104]

できる夫は、ここで妙な責任感を持つ。


         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::-::::::::::::-:::\
    / ( ○ ):::::( ○ ) \
   |    :::::::__´___:::::::   |   (チームのためにも……
   \    ::::::::::::::::::::   /    奴を登板させるわけにはいかない)
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |


勝手にやってきた奴に背番号を明け渡し、泣いた奴がいるはずだった。
そいつに報いるためにも、やる夫を登板させまいとした。


       ,. -―- 、
      /        \
    /  -‐    ‐-  \
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ
   {       `      }
    ゝ   `‐‐--   ノ       (やるべき事は・・・唯一つですね)
     >ー       ゝ、
   /´             ヽ
   l    i          l  i
  .l    l        .l  .i
  l    l         l  .i


簡単な話だ。
自分が全て勝ち続ければいい。



その考えは、できる夫のライバル心に理屈を与え――


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l      「・・・」
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \


――できる夫は、密かにやる夫を敵視するようになる。

875 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:50:47 ID:gMxVmojQ [87/104]

歪んだ責任感で、使命感だった。

ただしやる夫を敵視する者は、できる夫に限った事でなく、

                           ._ _ _
                         (ヽl_l_ll_l,l
                          ヽ  r
  NVVVVVVV\                │ |
  \        \               |/ ̄ ̄\
  <         `ヽ、           /    \ ノ
  </ /"" \ .ノヽ. \          |    ( ●)(●)
   //, '田     )  \ ヽ      .   | ノ(     | |
  〃 {_{    ノ    ヽ_│i|         | ⌒    ___´__|
  レ!小§ ( ○) 三(()) | イ      .    |    /__ }
   レ §    (__人_)  |ノ      .    ヽ       }
  /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩          ヽ     ノ
  (愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ          l/   く
  .\ “  _∞∞  / /           |     \
    \。_\\\\/             |    |ヽ、二⌒).、 


できる夫のその感情は、皆が支持するものではあった。

877 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:51:51 ID:gMxVmojQ [88/104]

それでも、奴は1人どこ吹く風で――


          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \


勝ち続け、居場所を確保するやる夫を見て――



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.__
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::..\
   \:::::::::::::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::::::.\
  ,. -‐'´..::::::::::::::/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  ノ .:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
         ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

できる夫は背中に、奴の息がかかるのを感じた。

879 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:52:36 ID:gMxVmojQ [89/104]

そして甲子園。
やる夫に登板を許さず、完全無欠の勝利を演じきる。



                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                        /             \
                       /       " ̄ ̄`    \
                       l  '´ ̄`   (  ●);;:::    ヽ
                      l ;::( ●)    "''"´       l
                      |  ´"',                |
                      l    ヽ              i   (6連投… 我ながら無茶を……)
                       \   、__,__,         丿
                        \             /
        r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,i-'"i`i、  ‐  /_,,| ヘ、    _ . -‐ 、
        ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
     {ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
     .|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
     .ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
       `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //



できる夫は使命の達成を密かに満足する。


          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |     (やってやりましたよ)
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/

882 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:53:05 ID:gMxVmojQ [90/104]

ドラフト。
競合が起こったが、1位で希望球団に入団する。


       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i    「ツキまで周ってきたじゃないですか!」
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \




全ては順風。そう思った、が――

――カイザースのスカウト、円堂から嫌な事を聞き、


          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒::::\
     /   (●)}ili{(●)::::::\
    |       __´___   :::::::|      「・・・それ、本当ですか?」
    \      `ー'´  ...:::::/

883 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:53:35 ID:gMxVmojQ [91/104]

更に、それが本当だと偶然耳にする。


                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |                   ^
|     ||   // ||       /             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\//
|     ||.  //./      /       ,. -―- 、    |  やる夫君がプロ入りするんだってさぁ!  ./
|     || . /      /       /        \   \_________________/
|     ||/     /     /  -‐    ‐-  \
|    ./ '       /      i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ
|   /        /        {       `      }
|,/        /          ゝ   `‐‐--   ノ
        /            >ー       ゝ、
      /            /´             ヽ
    /             l    i          l  i
.  /               .l    l        .l  .i
./                l    l         l  .i

886 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:54:01 ID:gMxVmojQ [92/104]

殴られたような衝撃を受けた。
完全に振り切ったと思った奴は、まだ後ろを追おうというのだろうか。


                                   ____
                                 /      \
                                     /:::::::::::::::::::::::::::::\
                              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                              |      (__人__)     |
                              \     `⌒´    ,/
                              /     ー‐    \



       ____
     :/::::::::::::::::\:
   :/ ⌒三 ⌒::::::\
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:

889 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:54:35 ID:gMxVmojQ [93/104]

やる夫がプロを志望しているなどとは、誰からも聞いた事が無い。
そういうそぶりも見たことが無い。


           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪::::  __',__::::∪|  )
      \ ヽ ::∪:: `ー'´∪:://


ならばその理由を、自分に勝るためと考えるのは、自意識過剰なのだろうか。



そんな事は、ありえないはずだ。
お互い意識しているといっても、投手同士である。


         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ

明確な勝ち負けなどつけようが無いではないか。

890 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:55:02 ID:gMxVmojQ [94/104]

プロに入るというならば、もっと他に理由がいくつもあるはずだ。

自信の栄達を望むでも、野球を生涯の仕事とするためでも、野球を楽しんでいくためでも、
理由などいくらでも思い浮かぶ。


        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |        (色んな理由があるはずです)
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /




          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |      (普通に、考えれば)
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


でも、奴の事を考えると、可能性が否定できない。

893 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:55:32 ID:gMxVmojQ [95/104]

暗い目――

    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l




めったに言葉を発さない、その口――

   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\




静謐だけど、熱狂的な、矛盾したその雰囲気――

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


奴なら、自分を追うためだけにプロ野球に入る。
そんな事も、ありうると思えた。

894 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:55:55 ID:gMxVmojQ [96/104]

できる夫は頭痛を覚える。
もし仮定が当たっていたなら、何から何まで間違っていると、やる夫の事をそう判断した。


        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |  u   ___`___     |       (いやいや、あるわけありませんよそんな事)
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /


授業を抜け出し、フラフラと部室に向かう。


.     / ̄ ̄ ̄\
     / ⌒   ⌒ \
   / (ー)三(ー)   ヽ
   |    __'__  U  |           (まさか、まさか・・・)
,ィTl'ヽ\  `ー´   /`ヽー;、
kヒヒど,           {⌒Yィ 、 ソ
  `´ ̄ヽ      ハヽ `^ー′
       ヽ      /  '}
        >   /ごノ
    __,∠     /    
   〈、    /
    \、__ノ

895 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:56:15 ID:gMxVmojQ [97/104]

部室で1人、少し考え直すつもりだった。

                 .|     ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|    ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
                 .|   ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|  @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
   ┌────┐     |      |             ┌─────────┐
   |  ∧w∧....│     |      |    ┌──┐ │  野球部  〈部室〉  |
   | (,, ゚Д゚) .|     |      |    │  目│ └─────────┘
   |  /   |   |     |      |    │甲指│  :========:.:========:  
   | 野球部 │     |      |    │子せ│  |i.     l||i.     l| 
   | 部員募集 |    |     |   │園  │  |i.     l||i.     l|
   └────┘     |      |    └──┘  |i_____l||i_____l| .
.                 |    /|              |┬┬┬┬||┬┬┬┬| 
.                 |  /  |              |┼┼┼┼||┼┼┼┼| 
__________|/    |_________________|┼┼┼┼||┼┼┼┼|_______
.                                  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄

やる夫という男の事を。





その歪んだ勝利条件が、どこから出て来ているのかを。


              ( ヽ、
     /.:. ̄ ̄__\ \
    /: : :    <__ \ \
  /: : : _  <__ \ \ ヘ /⌒/
/: : : : ´  , `└--ミ ヽ、\ - \ |
: : : : :/´ `ヽ    丶  -     〉
: : : :.( ー‐ l    ( \        !
: : : : ヽ_ ` _ノ      \_ヽ     {    (何故、何が、奴を?)
: : : : : : ´"''"   '   "''ヘ      > 、
: : : : : : . .    `     \   ∠/ヽヘ
\: : : : : : :. ⊂ニニつ    \(⌒)   ノ \
/ヽ: : : : : : : : : : :         ヾ、 /    \
   /: : : :``ー- -‐'"´     \/ \(
,'⌒ ゝ ハァ
ヽ_ノ

900 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:57:10 ID:gMxVmojQ [98/104]



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



できる夫は、やる夫から逃げたはずの部室でやる夫と顔をあわせる事になった。

そして逃げ出した。




        ___
    /      \
   / ::\::::::/::: u\
 /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
..|       、__',_,   u.   |
...\    `‐'´     /
.  /⌒ヽ   ー‐   ィヽ


胃にムカムカしたものを覚えながら、授業に向かう。



また、アイツは言ったのだ。

-------------------------------------------------------------------------------------

             __
            -´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ
         /:::\::::::::<● >   `ヽ   「そんなちんたらしたペースでやる気はないお
    ((   / <●>::::::::::⌒      )   野球しかない生活で、すぐさまお前を抜いて見せるお!」
        |  ⌒(_人__)       ノ | |
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
           ヽ          \

-------------------------------------------------------------------------------------


“お前を抜いて見せる”、と。
まだ、アイツは言ったのだ。


       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \
  |        '      |
  \      ⌒   /


できる夫は、奴の考えが、自分の予想通りであったのだと思う。

903 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:57:55 ID:gMxVmojQ [99/104]

そして、憤怒の感情が芽生える。

アイツに勝りたい、その感情はわかる。向上心にも変えられる、原始的な感情だ。
それは解る。


         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::-::::::::::::-:::\
    / ( ○ ):::::( ○ ) \
   |    :::::::__´___:::::::   |
   \    ::::::::::::::::::::   /
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |


だけど、それを最終目標に置く事は、全く理解できない。



そしてそれは、野球を馬鹿にしてやしないかと思うのだ。



          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |   (私に勝てればそれでいいんですか?
       \  ´           /    馬鹿ですか奴は!!)
           \ ⌒    .__/
          /        \


砂を蹴り上げ、荒々しく歩く。

905 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:58:39 ID:gMxVmojQ [100/104]

そして、決める。


         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::-::::::::::::-:::\
    / ( ○ ):::::( ○ ) \
   |    :::::::__´___:::::::   |     「―――!」
   \    ::::::::::::::::::::   /
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |





     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |       ――奴には、絶対に負けない――
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \



           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       \
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::__,         i
         }:::::::::::::::::::::::::::::::::__ ,,             }
           }:::::::::::::::::::::::::::::'``'(;;;;;)ヾ\     \ |
           |:::::::::::::::::::::::::     ' ̄´    ..,,_=ミ、 i
         }:::::::::::::::::::::::::::::            ̄`V l.
            }:::::::::::::::::::::ヽ      '´ ’/'_,.     !
         !:::::::::::::::::::::::::..          ..   _   |   ――奴には、一度たりとも前に行かせない―――
            }:::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l
           人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、 `'''´   /
           /::::... ...::::::::::::::::::::::::::::/ ̄´     /
         / :::::::::::\::::::::::::::::::::::{        /
           ::::::::::::::\::::::::::::::::::}     ,./
               :::::::::\__:::::::::`'-‐::"/
                「`''''''''"´:::::::;;:" 人
                        .:.::::::::;;″ /' \
                  .:.:::::::::::::i' .:/'"´

906 名前: ◆oLG9iWoh0E[] 投稿日:2010/02/14(日) 22:59:00 ID:gMxVmojQ [101/104]

--------------------------------------------------------------------------------------


できる夫に、再び使命感が、宿る―


--------------------------------------------------------------------------------------


                                                  第1.5話 できる夫とやる夫 終

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。